復元ポイントを作成してパソコンの問題不調を予防の説明を印刷する


OSのクリーンインストールや新しくパソコンを購入し最初に起動したときは問題も無く、サクサク動いて、気持ちよくパソコンを利用していても、プログラムのインストールや周辺機器のドライバーのインストールなど、またはシステムのクラッシュや環境設定の間違い等など、自分ではわからない原因不明のトラブルで突然パソコンが不調になったりする事があります。
パソコンを使っている内に問題が発生してあたりまえと考ても良いでしょう。 トラブルが起きたときは、「システムの復元」を機能を使って正常な状態で稼動していた状態に戻して、問題が解消される可能性があります。 また、トラブルの予防策として「システムの復元」の操作を覚える、システムに大きな変更を加える、怪しげなプログラムやドライバーをインストールする時などの前に「復元ポイント」を作成する事がよいでしょう。

1. タスクバーの「検索フォーム」に「復元ポイント」と入力すると、検索結果メニューが表示されます。
「復元ポイントの作成」をクリックして作業を進めます。

Web と Windows を検索に復元ポイントと入力する

2. 「システムのプロパティ」ウィンドウが開き「システムの保護」の内容が現れますので、保護したいドライブを選択し「構成」をクリックします。
「構成」の設定が行われていない場合、青枠にあるよう保護が「無効」となっています。
OSがインストールされているドライブは必ず選択してください。通常であれば「C」システムです。
システムの保護の構成

3. 「システムの保護を有効にする」を選択して「OK」をクリックします。「システムの保護」のウインドに戻ります。
最大使用量はそのままでもかまいません。要領を制限したい場合はスライドして設定します。
システムの保護設定

3. 「作成」をクリックして、「復元ポイントの作成」作業に進みます。
「構成」の設定が済みましたので、青枠にあるよう保護が「有効」となっているか確認します。
復元ポイントの作成

4. 「復元ポイント」の識別のための名前を入力し、「作成」をクリックします。
「復元ポイントの作成しています」のウインド開きますので暫くそのままで待機します。システムの容量にもよりますが時間が掛かる場合もあります。
「復元ポイントは正常に作成されました。」のウインドが開けば完成です。「閉じる」をクリックして終了します。
復元ポイントの識別名入力、復元ポイントの完成

Notes:windows 10復元ポイントを作成してパソコンの問題不調を予防

システムの復元は、通常の設定であれば「保存したファイルや作成したフォルダーなど」復元作業による削除は行いませんが、ショートカットアイコンなどをデスクトップに作成したものは削除される可能性もあります。
不安であれば、復元ポイント以降に作成されたショートカットアイコンやファイルなど、別ドライブなどに保存したりして、復元作業を行う方がよいでしょう。