PCサポート  

パソブル

Windows10 のその他の設定はコチラからご覧になれます


Windows 10 のユーザーアカウントは「ローカルアカウント」と「Microsoftアカウント」の2つの種類があります。
このページでは「Microsoft サービス」のアカウントが無い場合の、Microsoft アカウントユーザーの作成方法を紹介します。
Microsoft アカウントのユーザー追加はこちらでご覧になれます
ローカルアカウントのユーザー追加はこちらでご覧になれます


スポンサーリンク

ローカルアカウントとは、任意のユーザー名とパスワードを設定したアカウントです。
Microsoftアカウントとは、Microsoft社が提供するオンラインサービスのユーザー名とパスワードを利用したアカウントです。
Microsoftオンラインサービスとは、メールサービスのOutlook.com(旧 Hotmail)やOneDrive、Office Onlineなどです。

1. アカウントの設定画面を開きます
スタートメニューをクリックし、メニューの「設定」をクリックします。
スタートメニューから設定を開く
設定画面が開きますので「アカウント」をクリックします。
設定 アカウント設定開く

アカウントの設定画面が開きますので「家族とその他ユーザー」をクリックします。
アカウント 家族とその他ユーザー

「その他のユーザーをこのPCに追加」をクリックし、ユーザー作製ウインドを開きます。 その他のユーザーをこのPCに追加

2.新規に「Microsoftアカウント」を作製します
このユーザーのサイン情報がありません」をクリックします。 ユーザー追加 このユーザーのサイン情報がありません

新しいメールアドレスを取得」をクリックします。 Microsoftアカウント 新しいメールアドレスを取得

「新しいメール」のフォームに名前を英数字(最初の文字は英語)で入力してウインドの別の場所をクリックしますと、名前の利用不可のチェックが始まりますので「次のメールアドレスは既に使われています…」と表示されれば、別の名前を入力して試します。
フォームの上部に「・・・・は使用できます。」と表示されるまで名前を入力して試します。
Microsoftアカウント 新しいメールアドレスを取得

「パスワード」を入力し「次へ」をクリックします。
パスワードは8文字以上で数字だけでは完了しません。数字だけなら文字か記号が2文字以上入るようにします。
文字だけなら数字か記号が2文字以上入るようにします。
Microsoftアカウント 新しいメールアドレスを取得

「電話番号」を入力するフォームが現れますが。「連絡用メールアドレス」の入力でもOKです。
「連絡用メールアドレス」の入力は「代わりに連絡用メールアドレスを追加」をクリックし「連絡用メールアドレス」にメールアドレスを入力します。
入力が完了したら「次へ」をクリックします。
新規 Microsoftアカウント 電話番号入力

「最も高いものを表示」が現れますので、後でも設定できますので「チェックマーク」を全て外します。
この項目は個人の好き嫌いが関係しますので「選択」はご自由に決めて下さい。
「次へ」をクリックし問題が無ければウインドが閉じます。 新規 Microsoftアカウント 最も高いものを表示

アカウント画面に新規に作成されたユーザーがあれば完了です。
Microsoftアカウントが追加されたアカウントウインド

次回パソコンを起動したサインイン画面の、左下にユーザーを選択できるようになりますので、目的のユーザーをクリックしサインインすれば、追加したユーザーでパソコンが利用できます。
Microsoft アカウント ユーザー新規作成 サインイン画面

直ちにユーザーを切り替えるには「スタートメニュー」の「ユーザーアイコン」をクリックし「サブメニュー」で追加したユーザー名をクリックすればサインイン画面が現れますので「パスワード」を入力してサインインしてください。
Microsoft アカウント ユーザーの切り替え


スポンサーリンク
 




その他 Windows 10 の問題や設定はこちらのページをご覧ください。

Windows 10 のサポートコンテンツ