PCサポート  

パソブル



Windows 10 ユーザーアカウントを追加できない

Last update

Windows10 でユーザーアカウントを通常の方法で追加作成できないときは、「netplwiz のユーザーアカウント設定」または「コマンドプロンプト」からユーザーの作成ができる場合があります。


スポンサーリンク

ユーザーの追加は通常 Windows の設定から行いますが、他にも以下のようにユーザーを作成する方法があります。
  • コントロールパネル
    コントロールパネルでもユーザーの作成はできますが「Windows の設定」で出来ないのなら同じです。
  • コンピューターの管理
    コンピューターの管理からもユーザーの作成はできますが、Windows10 の「Pro」版だけ利用可能で、ローカルアカウントしか作成することしかできません。それならコマンドプロンプトと使った方がよいですね。
  • netplwiz のユーザーアカウント設定
    netplwiz コマンドのユーザーアカウント設定からなら「ローカルアカウント」も「Microsoft アカウント」のユーザーを作成することができます。
  • コマンドプロンプト
    上記の方法でユーザーが作成できなくても、コマンドプロンプトでユーザーの作成ができる場合があります。
    ただし、コマンドプロンプトではローカルアカウントの作成のみ可能です。Microsoft アカウントが必要なら、ローカルアカウントを作成した後に、Windows の設定のアカウントからMicrosoft アカウントに変更します。

このページでは、「netplwiz」と「コマンドプロンプト」でユーザーを作成する、2つの方法を紹介しています。
※ユーザーの作成は管理者権限のアカウントでなければ実行できません。

通常の方法でユーザーを追加する方法は、下記のページをご覧ください。
ユーザーアカウントを追加する方法
Microsoft アカウントを新規に作成してユーザーを追加




「netplwiz」でユーザーを追加作成する


netplwiz からのユーザーアカウントの追加作成では、「ローカルアカウント」「Microsoft アカウント」二種のアカウントに対応しています。

ローカル及びMicrosoft アカウントとも「netplwiz」から操作しますので、最初に「netplwiz」で設定を開き「追加」をクリックします。
次に、ロカールかMicrosoft かの項目へ進んでください。

「ファイル名を指定して実行」を開く
「Windows」マークを右クリックし、メニューにある「ファイル名を指定して実行」をクリックします。
ファイル名を指定して実行、出し方
※「ファイル名を指定して実行」開き方は、他にもキーボードで「Windows」マークを押したまま「R」を押すこで開くこともできます。

名前の欄に「netplwiz」と入力し[OK]をクリックすると、ユーザーアカウントの設定画面が開きます。
Netplwiz でユーザーアカウントの設定を開く

[追加]をクリックすると、ユーザーのサインイン方法の画面が開きます。
Netplwiz でユーザーアカウントの追加
ローカル及びMicrosoft アカウントとも、ユーザーの追加作成が完了したら作成したユーザーでサインインして、アカウントを正式に登録してください。
この内容は末尾の「ユーザーアカウントを正式に登録するとは」をみてください。

ローカルアカウントユーザーの追加作成


「Microsoft アカウントを使わずにサインインする」をクリックします。
Netplwiz ユーザー作成の選択画面

ユーザーの追加画面が表示されたら「ローカルアカウント」をクリックします。
Netplwiz ユーザー作成ローカルアカウント選択

全ての項目を入力して「次へ」をクリックします。
Netplwiz ローカルアカウント情報入力

「完了」をクリックすると画面が閉じられます。
Netplwiz ローカルアカウント作成完了

「このコンピューターユーザー」に作成したユーザー名が表示されいれば、ユーザーの追加作成は成功です。
Netplwiz ローカルアカウント作成確認


Microsoft アカウントユーザーの追加作成


Microsoft アカウントの作成には、既に Microsoft アカウントのメールアドレスがあり、それを使用してユーザーを追加する方法と、
Microsoft アカウントを新規に作成してユーザーを追加する方法があります。
ここでは、ユーザーを追加する二通りの方法を紹介しています。

Microsoft アカウントを新規に作成する
「メールアドレスの新規登録」をクリックします。
Netplwiz Microsoft アカウント新規の選択画面

マイクロソフト アカウントの情報の入力をしていきます。
名前の入力
「性」「名」両方とも入力する必要があります。

メールアドレスの名前の入力
  • 「メールアドレス」のボックスに、メールアドレスの名前を英数字(最初の文字は英語)で入力して画面の別の場所をクリックしますと、名前の利用不可のチェックが始まります。
  • 「次のメールアドレスは既に…」と表示されたら、
    「このユーザーをこのPCに追加できませんでした」表示されるので「閉じる」をクリックして最初からやり直す必要があります。
  • 何も表示されなければ「OK」です。パスワードの入力に進みます。
※「普段使っているメールを使う」は、マイクロソフトが発行しているメールアドレスでないと使えません。

全ての入力が済んたら「次へ」をクリックします。
Netplwiz  Microsoft アカウントの情報を入力

セキュリティ情報の追加
「生年月日」と「性別」を選択します。
「電話番号」と「メールアドレス」はどちらかひとつの入力でOKです。
入力が完了したら「次へ」をクリックします。
Netplwiz  Microsoft アカウントのセキュリティ情報の入力

span class="fbn">コミュニケーション設定
確認コードを入力します。わかりにくいときは「新規」をクリックして変更できます。
後でも設定できますので、下のチェックボックスは外しておきます。
「確認コード」の入力を確認して「次へ」をクリックします。
Netplwiz  Microsoft アカウントのセキュリティ情報の入力

これで、Microsoft アカウントを新規に作成してユーザーの追加は完了です。
「完了」をクリックすると画面が閉じます。
Netplwiz  Microsoft アカウントでユーザーの追加作成完了

「このコンピュータのユーザー」に作成したユーザーが追加作成されている。
Netplwiz  Microsoft アカウントでユーザーの追加作成確認

既にある Microsoft アカウントでユーザーを追加作成する ここではマイクロソフトが発行したメールアドレス以外は使用するこができません。

ボックスに Microsoft アカウントのメールアドレスを入力します。
入力が完了したら「次へ」をクリックします。メールアドレスに間違いがなければ直ぐにユーザーが作成されます。
Netplwiz  Microsoft アカウントのメールアドレスを入力

これで、既にある Microsoft アカウントを使用したてユーザーの追加は完了です。
「完了」をクリックすると画面が閉じます。
Netplwiz  Microsoft アカウントでユーザーの追加作成完了

「このコンピュータのユーザー」に作成したユーザーが追加作成されている。
Netplwiz  Microsoft アカウントでユーザーの追加作成確認


「コマンドプロンプト」でユーザーを追加作成する


コマンドプロンプトではローカルアカウントの作成のみ可能です。
Microsoft アカウントが必要なら、ローカルアカウントを追加作成した後に、「Windows の設定」の「アカウント」から Microsoft アカウントに変更できます。

コマンドプロンプトを開く
  • 「Windows」マークをクリックし「メニュー」をスクロールさせ「W」にある「Windows システム ツール」をクリックして展開し「コマンドプロンプト」を右クリックします。
  • メニューにある「その他」にマウスポインターを合わせ、サブメニューの「管理者として実行」をクリックします。

※ユーザーアカウント制御の画面が表示されたら「はい」をクリックしてください。
コマンドプロンプトを「管理者」で開く

ユーザーの追加作成
net user 作成するユーザー名 パスワード /add
と入力し、キーボードの「Enter」を押すと直ちに実行されます。
コマンドプロンプトでユーザーの作成
図上の入力コマンド:
>net user はなこ dh987652j /add


「コマンドは正常に終了しました。」と表示されれば、ユーザーの作成は成功です。
エラーが出るようであれば入力にミスがないか確認して、再度実行してみてください。
コマンドプロンプトでユーザーの作成成功

ユーザーが作成されていることを確認します。
net user」と入力し、キーボードの「Enter」を押します。
コマンドプロンプトでユーザーの作成確認
作成したユーザー名が表示されていればOKです。

追加作成したユーザーを Microsoft アカウントに変更 変更の操作は、作成したユーザーでサインインして行う必要があります。

「Windows の設定」の「アカウント」を開きます。
「Microsoftアカウントでのサインインに切り替える」をクリックすると、サインイン画面が開きます。
Microsoftアカウントでのサインインに切り替える操作

  • 既にある Microsoft アカウントで変更するなら、メールアドレスなどを入力して「次へ」をクリックすると、直ちにローカルアカウントから Microsoft アカウントに変更されます。
  • 新規で Microsoft アカウントを取得して、ローカルアカウントから Microsoft アカウント に変更する場合は「作成」をクリックします。
ローカルアカウントから Microsoft アカウント に変更

「新しいメールアドレスを取得」をクリックします。 Microsoftアカウント 新しいメールアドレスを取得

変更の続きは別ページで紹介している
Microsoft アカウントを新規に作成してユーザーを追加
と同じですので、ページ内の「新しいメールアドレスを取得」からご覧ください。

ユーザーアカウントを正式に登録するとは
  • ユーザーを追加しても、サインインするまでは Windows10 では仮のユーザーのような扱いになっています。
  • サインイン後に、ユーザーの設定や情報および専用のユーザーフォルダーが作成されされます。
  • 追加したユーザーで初めてサインインするときは、システムがユーザーの設定をしますので時間がかかります。
    システムの設定が完了すればプライバシーの画面が表示され、使用するかしないか個々に選択をした後にユーザー専用のデスクトプが表示されます。
    Microsoftアカウント新規作成プライバシーの設定

NOTE:
追加作成したユーザーの権限は「標準」です。「管理者」に変更する方法は下記のページで紹介しています。
ユーザーアカウントの権限の種類を変更


スポンサーリンク

このページのURLをコピーする

その他 Windows 10 の問題や設定はこちらのページをご覧ください。
Windows 10 のサポートコンテンツ