パソブル PCサポート

パソブル PCサポート

Windows10 のその他の設定はコチラからご覧になれます


Windows10 チェックディスクの実行方法「ドライブのスキャンで修復」

Last update

Windows10 でのチェックディスクの実行方法は、チェックツールを使って簡単にできる方法と、コマンドプロンプトを利用する方法があります。

  • ツールを利用するチェックディスクでは「ファイルシステム」「ファイル名とデータの関連」「セキュリティ記述子」の検査をし、問題があれば自動で修復することができます。
  • コマンドプロンプトを利用したチェックディスクでは、ツールでは発見できない問題でもチェックして修復できることがあります。
チェックツールを利用して問題が改善されない場合は、コマンドプロンプトのチェックディスクで更に深い部分のチェックを行い修復します。
このページでは、チェックツールの利用とコマンドプロンプトでチェックディスクを実行する方法を紹介しています。

スポンサーリンク

-広告リンク-

チェックディスクをツールで実行する方法

エクスプローラー「PC」を開きます。
「PC」の開き方は「Windows」マークをクリックし「メニュー」をスクロールさせ「W」にある「Windows システム ツール」をクリックして展開し「PC」をクリックします。
エクスプローラー「PC」を開く  「ローカルディスク」を右クリックし現れたメニューの「プロパティ」をクリックします。
ローカルディスク メニュー  「プロパティ」ウインドの「ツール」タブをクリックし「チェック」をクリックします。
ディスクドライブのチェック  「エラーチェック」ウインドが開きますので「ドライブのスキャン」をクリックします。
ディスクドライブ ドライブのスキャン  ディスクのエラーチェックが始まりますので、作業が完了するまでそのまま待ちます。
※チェックするサイズにより時間がかかる場合があります。
ディスクのエラーチェック開始  チェックディスクの完了
  • 「再起動」を要求される場合は再起動します。再起動後にシステムの修復が自動で行われます。
    再起動後に「自動修復」画面が表示されたら「再起動」をクリックしてください。
  • 「再起動」の要求が無い場合は「閉じる」をクリックして完了です。
    チェックの状態が見たければ「詳細の表示」をクリックして「イベントビューアー」を開きます。

ディスクのエラーチェック完了  チェックディスクの詳細画面
チェックディスクのイベントビューアー

チェックディスクをコマンドプロンプトで実行する方法


コマンドプロンプトを管理者で開く
コマンドプロンプトを開く
  • 「Windows」マークをクリックし、表示された「メニュー」をスクロールさせ「W」にある「Windows システム ツール」をクリックして展開し「コマンドプロンプト」を右クリックします。
  • メニューにある「その他」にマウスポインターを合わせ、サブメニューの「管理者として実行」をクリックします。

※ユーザーアカウント制御の画面が表示されたら「はい」をクリックしてください。
コマンドプロンプトを「管理者」で開く

※コマンドプロンプト上で右クリックすれば、コピーした文字の貼付けができます。
※コマンドプロンプトの入力は小文字大文字の区別はありません。  チェックディスクの実行 チェックディスクを完全に実行するには再起動が必要になります。 chkdsk c: /r」と入力し、キーボードの『Enter』を押します。
  • 「chkdsk」チェックディスクの実行コマンド。
  • 「c:」Cドライブ(Windows がインストールされているドライブ)をチェックする。
  • 「/r」完全にチェックする。
チェック及び修復が始まります。PCの環境により時間がかかる場合もありますが、終了するまでそのまま待ちます。
コマンドプロンプトでチェックディスク  「…このボリュームのチェックをスケジュールしますか(Y/N)?」と表示されたら「Y」を入力して『Enter』を押します。
コマンドプロンプトCHKDSK実行同意  「次回のシステム再起動時に、このボリュームはチェックされます。」と表示されたら、コマンドプロンプトを閉じて再起動します。
コマンドプロンプトCHKDSK実行の為の再起動 
  • 再起動すると「チェックディスクをスキップするには、〇秒以内に何かキーを押して下さい。」と表示されます。
  • チェックディスクを中止する場合はキー押します。(キーボードのどのキーでもOKです。)
  • そのまま何も操作しないと、チェックディスクが始まり進行状況を「Total:%」の表示で確認できます。かなり時間が掛かりますがそのまま待ち、ロック画面が表示されれば完了です。
    チェックディスクの内容を確認するには、起動後にコンピューターの管理から確認することができます。
コマンドプロンプトCHKDSK実行
コマンドプロンプトでのチェック機能は、他にも「sfc/Dism」コマンドがあります。詳しくは下記のページをご覧ください。
windows10 コマンドプロンプトでシステムファイルを修復  チェックディスクの内容を確認する チェックディスクの確認は、コンピューターの管理のイベントビューアからみることができます。  「Windows」マークを右クリックしたメニューにある「コンピューターの管理」をクリックします。
コンピューターの管理を開く コンピューターの管理が表示されたら「〉」アイコンをクリックして、ツリーを展開します。
  • 「〉」イベントビューア
  • 「〉」Windows ログ
と展開して「Application」をクリックします。
イベントビューアのアプリケーションを選択  「Application」をクリックして、暫くするとボックス内に情報が表示されるので、
「Wininit」を右クリックしたメニューの「イベントのプロパティ」をクリックします。
チェックディスクの内容を確認  「Wininit」を右クリックしたメニューの「イベントのプロパティ」をクリックします。
チェックディスクのイベントのプロパティを開く
チェックディスクの結果内容を確認
イベントプロパティで、チェックディスクの結果の内容を確認することができます。
スポンサーリンク
問題や設定など Windows10 の記事一覧は、下記のページでご覧になれます。
Windows10 サポートコンテンツのリスト

このページのURLをコピーする