PCサポート  

パソブル

Windows10 のその他の設定はコチラからご覧になれます


Windows 10 にも 以前のウインドウズ同様「ディスクのチェック(スキャンディスク)」が実行できます。

ディスクのチェックでは「ファイルシステム」「ファイル名とデータの関連」「セキュリティ記述子」の検査をし、問題があれば自動修復を行ないます。
パソコン起動が遅い、パソコンの動作が重い、アプリの調子が悪いなど、全ての問題解決するわけではありません。

Windows 10 の基本的な部分、起動や実行環境などの修復と考えればよいと思います。
ここではディスクドライブ チェックの方法を紹介します。
さらにチェック、修復するには「コマンドプロンプトでシステムファイル、イメージを修復」を参考にして下さい。


スポンサーリンク

1.エクスプローラー「PC」を開きます。
「PC」の開き方は「Windows」マークをクリックし「メニュー」をスクロールさせ「W」にある「Windows システム ツール」をクリックして展開し「PC」をクリックします。
エクスプローラー「PC」を開く

2.「ローカルディスク」を右クリックし現れたメニューの「プロパティ」をクリックします。
ローカルディスク メニュー

3.「プロパティ」ウインドの「ツール」タブをクリックし「チェック」をクリックします。
ディスクドライブのチェック

4.「エラーチェック」ウインドが開きますので「ドライブのスキャン」をクリックします。
ディスクドライブ ドライブのスキャン

5.ディスクのエラーチェックが始まりますので、作業が完了するまでそのまま待ちます。
容量が大きければ、それだけ作業時間がかかります。
ディスクのエラーチェック開始

6.エラーチェックの完了

  • 「再起動」を要求される場合は再起動します。再起動後にシステムの修復が自動で行われます。
    再起動後に「自動修復」画面が表示されたら「再起動」をクリックしてください。
  • 「再起動」の要求が無い場合は「閉じる」をクリックして完了です。
    チェックの状態が見たければ「詳細の表示」をクリックして「イベントビューアー」を開きます。

ディスクのエラーチェック完了

ディスクチェックの詳細画面
ディスクチェックのイベントビューアー


スポンサーリンク
 




その他 Windows 10 の問題や設定はこちらのページをご覧ください。

Windows 10 のサポートコンテンツ