パソブル PCサポート  

パソブル

Windows10 のその他の設定はコチラからご覧になれます
ページトップへ移動

Windows10 復旧「コマンドプロンプトでシステムファイル、イメージを修復」

Last update

Windows10 が正常に動作しない、起動に問題があるなど、修復作業に一般的に知られているのは、ディスクエラーのチェックで「チェックディスク」です。
参考:チェックディスクの実行方法「ドライブのスキャンで修復」
「チェックディスク」で修復できないことも、コマンドプロンプトを使ええば、より深く修復ができ、Windows10 が起動しないときの復旧修復、動作が正常でないなどの問題が解決する可能性があります。コマンドプロンプトではシステム以外にも、下記のような修復も行えます。
コマンドプロンプトでレジストリを修復する方法
コマンドプロンプトでブートセクターを修復する方法
コマンドプロンプトで修復する方法を覚えておくと、Windwos10 に問題がある、起動できないときなどにも効果があります。
Windows10が正常に起動できない問題なら、先に下記のページをご覧ください。
Windows10 が起動しない・起動途中で止まるときの復旧方法

スポンサーリンク

-広告リンク-
目次

Windows10 が起動できないなどの修復で、回復オプションからコマンドプロンプトを実行して修復する場合は、下記項目に移動してください。 セーフモードの起動で、コマンドプロンプトでの修復はそのまま進んでください。  補足

コマンドプロンプトを開く


コマンドプロンプトを開く
  • 「Windows」マークをクリックし、表示された「メニュー」をスクロールさせ「W」にある「Windows システム ツール」をクリックして展開し「コマンドプロンプト」を右クリックします。
  • メニューにある「その他」にマウスポインターを合わせ、サブメニューの「管理者として実行」をクリックします。

※ユーザーアカウント制御の画面が表示されたら「はい」をクリックしてください。
コマンドプロンプトを「管理者」で開く


基本的なシステムファイルの修復(チェック)


※コマンドプロンプト上で右クリックすれば、コピーした文字の貼付けができます。 sfc /scannow」と入力し、キーボードの「Enter」を押します。
チェック及び修復が始まります。PCの環境によりかなり時間がかかる場合もありますが、終了するまでそのまま待ちます。
コマンドプロンプト sfc /scannow   「sfc /scannow」修復作業、開始後の画面
コマンドプロンプト sfc /scannow スタート  正常に終了すると(…正常に修復されました…)修復が正常に完了しなかった場合は、エラーメッセージで(…修復できませんでした…)と表示されます。
下の図は問題が検出されなかった場合のメッセージです
コマンドプロンプト sfc /scannow
(…修復できませんでした…)と「エラーメッセージ」が表示された場合は、次項の「Dism コマンドでさらに修復」を実行します。
スポンサーリンク

Dism コマンドでさらに修復


※ sfc /scannow で「エラーメッセージ」が表示されない場合、この作業は必要ない場合もあります。  1. イメージをスキャンしてチェックします。Dism /Online /Cleanup-Image /ScanHealth」と入力し、キーボードの「Enter」を押します。
この作業は、かなり時間がかかる場合もありますが、終了するまでそのまま待ちます。
コマンドプロンプト Dism /Online /Cleanup-Image /ScanHealth スペースを忘れずに。
Dism(スペース)Online(スペース)/Cleanup-Image(スペース)/ スペースがないとエラーが出て実行できません。
「イメージチェック」開始後の画面
コマンドプロンプト Dism ScanHealth スタート  チェックが完了して「…修復できますと」とメッセージが表示されたら次に進みます。
「…壊れていることは検出されませんでした」表示されたら、稔のためもう一度チェックしてみます。  下の図は問題が無いメッセージです
コマンドプロンプト Dism ScanHealth スタート  2. 修復する正常なイメージを取り出し修復します。Dism /Online /Cleanup-Image /Restorehealth」と入力し、キーボードの「Enter」を押します。
コマンドプロンプト Dism /Online /Cleanup-Image /Restorehealth  「イメージ修復」開始後の画面
終了するまでそのまま待ちます。
コマンドプロンプト Dism estorehealth 終了  「復元操作は正常に完了されました」とメッセージがでれば完了です。
復元と言っても「システムの復元」とは別物です。
コマンドプロンプト Dism estorehealth 終了  3. Dism コマンドでクリーンアップ この操作は必須でははないですが、修復が完了したらついでに、更新プログラムなどにより、不要になったデータやファイル、ドライバなど削除しておきましょう。 Dism /online /cleanup-image /startcomponentcleanup」と入力し、キーボードの「Enter」を押します。  この操作は時間がかかりますが、終了するまでそのまま待ちます。
startcomponentcleanup コマンドでクリーンアップ  「復元操作は正常に完了されました」とメッセージがでれば完了です。
startcomponentcleanup コマンドでクリーンアップの完了  4. 再度「sfc」コマンドを実行 もう一度、はじめに操作したコマンド「sfc /scannow」と入力し、キーボードの「Enter」を押し実行します。
コマンドプロンプト sfc /scannow
コマンド実行後に、パソコンを再起動して修復できたか確認します。

回復オプションのコマンドプロンプトで修復


コマンドプロンプトを利用するための、回復(修復)オプションの起動方法は、3種類あります。詳細は、下記のページで紹介しています。
Windows10 が起動できない状態からコマンドプロンプトを利用する方法
回復オプションからコマンドプロンプトを実行すると、場所(パス)が通常とは異なる場合があるので、先に Windows10 がインストールされている場所の確認が必要です。  場所(PATH)の確認
コマンドプロンプトに「notepad」と入力して、キーボードの「Enter」を押します。
>notepad
  メモ帳が開いたらメニューの「ファイル」をクリックし、サブメニューの「開く」をクリックします。
コマンドプロンプトでメモ帳開く  エクスプローラーが開いたら、「PC」をクリックします。
コマンドプロンプトでPCを開く
  • 「システムで予約済み(C:)」「ローカルディスク(D:)」と表示されていれば、Windows10 がインストールされている、パスは「D:」です。
  • 「システムで予約済み」が表示されていなければ、パスは「「C:」です。 
念のため、ディスクの中身を確認します。
確認するディスクをダブルクリックして、中に「Windows」や「ユーザー」があるなら間違いありません。
コマンドプロンプトでドライブの確認  確認が終了したら、「×」閉じるボタンをクリックして、エクスプローラーとメモ帳を閉じます。  ここでは「ローカルディスク(D:)」で説明していますが、場所が異なる場合は置き換えてください。 コマンドプロンプトで修復sfc /scannow /offbootdir=C:¥ /offwindir=D:¥windows」と入力し、キーボードの「Enter」を押します。 スペースに注意して入力してください
sfc(スペース)/scannow(スペース)/offbootdir=C:¥(スペース)/offwindir=D:¥windows
スキャン及び修復が始まります。かなり時間がかかりますがそのまま待ちます。
コマンドプロンプト sfc /scannow
※途中で止める場合は、右上の「×」をクリックしてコマンドプロンプトを閉じます。
  • 「検出できませんでした」と表示されたら、問題を見つけられなかったということです。
  • 「修復できませんでした」と表示されたら、問題は見つかったが修復できなかったということです。
  • 「修復されました」と表示されたら、問題がみつかり修復したということですので、再起動して起動の確認をします。 

「修復されました」以外の表示で、まだ修復できていない場合は「Dism(オフライン)」コマンドで、さらにスキャンし修復します。  1. 最初に問題を Dism コマンドスでスキャンします。Dism /image:D:¥ /cleanup-image /scanhealth」と入力し、キーボードの「Enter」を押します。  この作業はかなり時間がかかる場合がありますが、終了するまでそのまま待ちます。
WinRe コマンドプロンプト Dism ScanHealth
コマンドはスペースを忘れずに。
「Dism(スペース)/image:D:¥(スペース)/Cleanup-Image(スペース)/scanhealth」スペースがないとエラーが出て実行できません。  スキャンが完了して、
  • 「……修復できますと」とメッセージが表示されたら、次の「Dism コマンドで修復」に進みます。

  • 「…壊れていることは検出されませんでした」表示されたら、稔のためもう一度スキャンを実行します。 
2. Dism コマンドで修復 「scanhealth」で修復できますと、表示されたら修復の実行します。「…壊れていることは検出されませんでした」と表示されていても、修復を試すことはできます。 Dism /image:D:¥ /cleanup-image /restorehealth」と入力し、キーボードの「Enter」を押します。  この作業はかなり時間がかかる場合がありますが、終了するまでそのまま待ちます。
WinRe コマンドプロンプト Dism restorehealth  「復元操作は正常に完了されました」とメッセージが表示されれば完了です。
コマンドプロンプト Dism estorehealth 終了  3. 再度「sfc」コマンドを実行 もう一度、はじめに操作した
sfc /scannow /offbootdir=C:¥ /offwindir=D:¥windows」と入力し、キーボードの「Enter」を押します。
コマンドプロンプト sfc /scannow
コマンド実行後に、パソコンを再起動して修復できたか確認します。

システム修復コマンドでも修復できない場合

コマンドプロンプトで修復作業中に、未知のエラーが発生し操作が完了しないなど、ディスクドライブが物理的に故障していることも考えられます。この場合コマンドプロンプトでは修復できません。  Windows が起動しない問題なら、システムファイルの問題以外にも、ブートセクター(起動に必要なプログラム)が破損している可能性があります。修復方法などの詳細は、下記のページをご覧ください。。
Windows10 コマンドプロンプトでブートセクターを修復する方法  どうしても修復できそうにないなら、Windows10 の初期化にはいろいろな方法があるので、初期化するのもよいと思います。
Window10 を初期化する5つの方法
スポンサーリンク
問題や設定など Windows10 の記事一覧は、下記のページでご覧になれます。
Windows10 サポートコンテンツのリスト


このページのURLをコピーする
Twitteでシェア facebookでシェア はてな ブックマーク LINEでシェア