PCサポート  

パソブル

Windows10 のその他の設定はコチラからご覧になれます


Windows 10 が正常に動作しない、起動に問題があるなど、修復作業に一般的に知られているのは、ディスクエラーのチェックで「ドライブのスキャン」を実行するくらいだと思います。
問題があるときにドライブのスキャンで修復
「ドライブのスキャン」では修復できないことも、コマンドプロンプトを使ええば、より修復をおこなう事ができ、Windows 10 が起動しないときの復旧修復、動作が正常でないなどの問題が解決する可能性もあります。
この復旧修復作業方法がある事を覚えておくと、パソコンが起動しないときに行なう、強制終了の繰り返しで呼び出す「自動修復」や、インストールメディアで起動して呼び出す「修復作業」などにも効果的です。

このページで紹介している修復作業は基本的な方法です。
もし復旧修復作業中に、エラーがおこり作業が完了しないなど、ハードディスクが物理的に故障していることもも考えられます。この場合はこの方法では修復はできません。

スポンサーリンク

コマンドプロンプトを「管理者」として開きます。
「Windows」マークをクリックし「メニュー」をスクロールさせ「W」にある「Windows システム ツール」をクリックして展開し「コマンドプロンプト」を右クリックします。
メニューにある「その他」にマウスポインターを合わせ、サブメニューの「管理者として実行」をクリックします。
・または「検索ボックス」に「cmd」と入力した結果から「コマンドプロンプト」を右クリックし「管理者として実行」をクリックします。
ユーザーアカウント制御のウインドが開きますので「はい」をクリックします。
コマンドプロンプトを「管理者」で開く

基本的なシステムファイルの修復(チェック)

※コマンドプロンプト上で右クリックすれば、コピーした文字の貼付けができます。
sfc /scannow」と入力し、キーボードの「Enter」を押します。
チェック及び修復が始まりますので、PCによりかなり時間がかかる場合もありますが、終了するまでそのまま待ちます。
コマンドプロンプト sfc /scannow

「sfc /scannow」修復作業、開始後の画面
コマンドプロンプト sfc /scannow スタート

正常に終了すると(…正常に修復されました…)修復が正常に完了しなかった場合は、エラーメッセージで(…修復できませんでした…)と表示されます。
「エラーメッセージ」が表示された場合は、次項の「Dism コマンドでさらに修復」を実行します。
下の図は問題が検出されなかった場合のメッセージです
コマンドプロンプト sfc /scannow

Dism コマンドでさらに修復


上記で「エラーメッセージ」が表示されない場合、この作業は必要ありません。

イメージをスキャンしてチェックします。
Dism /Online /Cleanup-Image /ScanHealth」と入力し、キーボードの「Enter」を押します。
この作業も時間がかかる場合もありますが、終了するまでそのまま待ちます。
コマンドプロンプト Dism /Online /Cleanup-Image /ScanHealth

「イメージチェック」開始後の画面
コマンドプロンプト Dism ScanHealth スタート

チェック完了すると「…壊れていることは検出されませんでした」または「…修復できますと」とメッセージが表示されたら次に進みます。
下の図は問題が無いメッセージです
コマンドプロンプト Dism ScanHealth スタート

修復する正常なイメージを取り出し修復します。
Dism /Online /Cleanup-Image /Restorehealth」と入力し、キーボードの「Enter」を押します。
コマンドプロンプト Dism /Online /Cleanup-Image /Restorehealth

「イメージ修復」開始後の画面
終了するまでそのまま待ちます。
コマンドプロンプト Dism estorehealth 終了

「復元操作は正常に完了されました」とメッセージがでれば完了です。
復元と言っても「システムの復元」とは別物です。
コマンドプロンプト Dism estorehealth 終了
もう一度、はじめに作業した、コマンドプロンプトに「sfc /scannow」を入力し、実行します。 パソコンを再起動して修復できたか確認する。

スポンサーリンク

その他 Windows 10 の問題や設定はこちらのページをご覧ください。

Windows 10 のサポートコンテンツ

広告と関連