PCサポート  

パソブル

Windows10 のその他の設定はコチラからご覧になれます


Windows 10 復旧「コマンドプロンプトでシステムファイル、イメージを修復」

Last update

Windows 10 が正常に動作しない、起動に問題があるなど、修復作業に一般的に知られているのは、ディスクエラーのチェックで「ドライブのスキャン」です。
参考:問題があるときにドライブのスキャンで修復

「ドライブのスキャン」では修復できないことも、コマンドプロンプトを使ええば、より修復をおこなう事ができ、Windows 10 が起動しないときの復旧修復、動作が正常でないなどの問題が解決する可能性もあります。
システム以外にも、下記のような修復も行えます。
コマンドプロンプトでレジストリを修復する方法
コマンドプロンプトでブートセクターを修復する方法

コマンドプロンプトで修復する方法を覚えておくと、Windwos 10 の動作に問題がある、正常に起動しないときなどにも効果があります。
Windows 10 が正常に起動しない場合は、こちらを覧ください。


スポンサーリンク

このページで紹介している修復作業は基本的な方法です。
もし復旧修復作業中に、エラーがおこり作業が完了しないなど、ハードディスクが物理的に故障していることもも考えられます。この場合はこの方法では修復はできません。




自動修復でコマンドプロンプトを実行して修復する場合は、
このページの「自動修復のコマンドプロンプトで修復」に移動してください。

セーフモード「5」ネットワーク有効から、コマンドプロンプトを実行している場合はそのまま進んでください。

コマンドプロンプトを開く


コマンドプロンプトを開く
  • 「Windows」マークをクリックし「メニュー」をスクロールさせ「W」にある「Windows システム ツール」をクリックして展開し「コマンドプロンプト」を右クリックします。
  • メニューにある「その他」にマウスポインターを合わせ、サブメニューの「管理者として実行」をクリックします。

※ユーザーアカウント制御の画面が表示されたら「はい」をクリックしてください。
コマンドプロンプトを「管理者」で開く


基本的なシステムファイルの修復(チェック)


※コマンドプロンプト上で右クリックすれば、コピーした文字の貼付けができます。

sfc /scannow」と入力し、キーボードの「Enter」を押します。
チェック及び修復が始まります。PCの環境によりかなり時間がかかる場合もありますが、終了するまでそのまま待ちます。
コマンドプロンプト sfc /scannow

「sfc /scannow」修復作業、開始後の画面
コマンドプロンプト sfc /scannow スタート

正常に終了すると(…正常に修復されました…)修復が正常に完了しなかった場合は、エラーメッセージで(…修復できませんでした…)と表示されます。

(…修復できませんでした…)と「エラーメッセージ」が表示された場合は、次項の「Dism コマンドでさらに修復」を実行します。

下の図は問題が検出されなかった場合のメッセージです
コマンドプロンプト sfc /scannow


自動修復のコマンドプロンプトで修復 自動修復ではコマンドプロンプトの実行する場所(PATH)が通常とは違いますので、通常のコマンドの後に Windows のフォルダーの場所を指定する必要があります。

通常の場所であれば「/offbootdir=C:¥ /offwindir=D:¥windows」になりますが、念のため確認します。

場所の確認
コマンドプロンプトに「notepad」と入力して、キーボードの「Enter」を押します。

>notepad


メモ帳が開いたらメニューの「ファイル」をクリックし、サブメニューの「開く」をクリックします。
コマンドプロンプトでメモ帳開く

「PC」をクリックします。
コマンドプロンプトでPCを開く
  • 「システムで予約済み(C:)」「ローカルディスク(D:)」と表示されていれば、
    「/offbootdir=C:¥ /offwindir=D:¥windows」
  • 「システムで予約済み」が表示されていなければ、
    「/offbootdir=C:¥ /offwindir=C:¥windows」
確認が済んだら「×」をクリックし、メモ帳とも画面を閉じて確認は完了です。

ここでは「システムで予約済み(C:)」「ローカルディスク(D:)」で説明しています。
sfc /scannow /offbootdir=C:¥ /offwindir=D:¥windows」と入力し、キーボードの「Enter」を押します。
スペースに注意してください「sfc[スペース]/scannow[スペース]/offbootdir=C:¥[スペース]/offwindir=D:¥windows

チェック及び修復が始まります。かなり時間がかかりますそのまま待ちます。
コマンドプロンプト sfc /scannow
※途中で止める場合は、右上の「×」をクリックしてコマンドプロンプトを閉じます。
  • 「検出できませんでした」と表示されたら、問題を見つけられなかったということです。
  • 「修復できませんでした」と表示されたら、問題は見つかったが修復できなかったということです。
  • 「修復でされました」と表示されたら、問題がみつかり修復したということですので、再起動して起動の確認をします。

修復できない場合は、もう一度「sfc」コマンドを試してみるのもOKです。
どうしても修復できそうにないなら、Windows10 の初期化も考えてみる。
Window10 を初期化する4つの方法

※自動修復のコマンドプロンプトは、通常では「Dism /online」コマンドは利用できません。 利用するには、同じバージョンの Windows10 の ISO が必要になったりかなり難易度が高いです。
セーフモードのネットワークを有効にし起動すれば「Dism /online」は実行できます。

スポンサーリンク

Dism コマンドでさらに修復


※ sfc /scannow で「エラーメッセージ」が表示されない場合、この作業は必要ない場合もあります。

イメージをスキャンしてチェックします。
Dism /Online /Cleanup-Image /ScanHealth」と入力し、キーボードの「Enter」を押します。
スペースを忘れずに。
Online(スペース)/Cleanup-Image(スペース)/ スペースがないとエラーが出て実行できません。
この作業も時間がかかる場合もありますが、終了するまでそのまま待ちます。
コマンドプロンプト Dism /Online /Cleanup-Image /ScanHealth

「イメージチェック」開始後の画面
コマンドプロンプト Dism ScanHealth スタート

チェック完了すると「…壊れていることは検出されませんでした」または「…修復できますと」とメッセージが表示されたら次に進みます。

エラーメッセージが表示される。
「Error creating registry ・・・」と表示された場合、レジストリの破損が考えられますので、レジストリの修復が必要です。
詳しくは、レジストリをコマンドプロンプトで修復をご覧ください。

下の図は問題が無いメッセージです
コマンドプロンプト Dism ScanHealth スタート

修復する正常なイメージを取り出し修復します。
Dism /Online /Cleanup-Image /Restorehealth」と入力し、キーボードの「Enter」を押します。
コマンドプロンプト Dism /Online /Cleanup-Image /Restorehealth

「イメージ修復」開始後の画面
終了するまでそのまま待ちます。
コマンドプロンプト Dism estorehealth 終了

「復元操作は正常に完了されました」とメッセージがでれば完了です。
復元と言っても「システムの復元」とは別物です。
コマンドプロンプト Dism estorehealth 終了
もう一度、はじめに作業した、コマンドプロンプトに「sfc /scannow」を入力し、実行します。 パソコンを再起動して修復できたか確認する。

Windwos 10 が起動しない場合は、原因の一つとして、ブートセクター(起動に必要なプログラム)が、破損していることがあります。
コマンドプロンプトでブートセクターを修復する方法

システムの復元が有効なら、正常に動作しない Windwos10 を、復元で修復できる場合もあります。
Windows 10 システムの復元の使い方



スポンサーリンク

このページのURLをコピーする

その他 Windows 10 の問題や設定はこちらのページをご覧ください。
Windows 10 のサポートコンテンツ