PCサポート  

パソブル

Windows10 のその他の設定はコチラからご覧になれます


Windows 10 ドライバーの削除「デバイスのアンインストール」

Last update

Windows10 のディスプレイやUSB接続などの周辺機器が正しく動作しない、ドライバをインストールした後に起動できなくなったなど、
パソコンが正常に動作しない場合、一旦デバイス ドライバを削除して、必要であれば再インストールします。

このページでは、デバイスマネージャー及びコマンドプロンプトでドライバを削除する方法を紹介しています。
ドライバの更新機能で再インストールする方法は、下記のページをご覧ください。
デバイスドライバを再インストールする方法


スポンサーリンク


デバイスマネージャーでドライバを削除


デバイスマネージャーを開く
「Windows」マークを右クリックし、メニューにある「デバイスマネージャー」をクリックします。 この画像は「Windows10 Creators Update」以前のものです。
Windows10 隠れメニュー

「デバイスマネージャー」のウインドが開きます。
デバイスマネージャー 開く

ドライバの削除
目的のデバイスの横にある「>」をクリックし、デバイスのドライバ群を展開します。
目的のドライバを右クリックして、現れるメニューの「削除」をクリックします。
デバイスマネージャー  デバイスの選択

警告ウインドが現れますので、確認して「OK」をクリックします。
ドライバ削除確認

削除した「デバイス」または「ドライバ」が消えていれば完了です。
デバイスに複数ドライバが存在しているときは「図B」のように消えます。
ドライバ削除完了

ドライバの削除が完了して、そのデバイスを引き続き使用する場合は「再起動」して「ドライバ」を再インストールします。
※ドライバの再インストールは、デバイスによっては再起動時に自動的に再インストールされるものもありますが、手動でインストールしなくてはならない場合もあります。


コマンドプロンプトでドライバを削除


ここでは、自動修復のコマンドプロンプトでドライバを削除する方法を紹介しています。

自動修復ではコマンドプロンプトの実行する場所(PATH)が通常とは違いますので、通常のコマンドの後に Windows のフォルダーの場所を指定する必要があります。

通常の場所であれば「/image:D:¥」になりますが、念のため確認します。

場所の確認
コマンドプロンプトに「notepad」と入力して、キーボードの「Enter」を押します。
>notepad


メモ帳が開いたらメニューの「ファイル」をクリックし、サブメニューの「開く」をクリックします。
コマンドプロンプトでメモ帳開く

「PC」をクリックします。
コマンドプロンプトでPCを開く
  • 「システムで予約済み(C:)」「ローカルディスク(D:)」と表示されていれば、
    「/image:D:¥」
  • 「システムで予約済み」が表示されていなければ、
    「/image:C:¥」
確認が済んだら「×」をクリックし、メモ帳とも画面を閉じます。
ここでは「システムで予約済み(C:)」「ローカルディスク(D:)」で説明しています。

ドライバの削除
ドライバの一覧を表示します。
dism /image:ローカルディスク:¥ /Get-Drivers」と入力し、キーボードの「Enter」を押すとドライバの情報が表示されます。
コマンドプロンプトでドライバの一覧
図表のコマンド:
>dism /image:D:¥ /Get-Drivers


削除対象のドライバの「公開名」を確認します。
ここでは公開名「oem5.inf」を例として説明しています。
コマンドプロンプトでドライバの公開名を確認

ドライバの削除を実行します。
dism /image:D:¥ /remove-driver /driver:公開名」と入力し、キーボードの「Enter」を押します。
コマンドプロンプトでドライバの削除
図表のコマンド:
>dism /image:D:¥ /remove-driver /driver:oem5.inf


「ドライバ パッケージが正常に削除されました」と表示されれば、ドライバの削除は完了です。
コマンドプロンプトでドライバの削除完了


スポンサーリンク

このページのURLをコピーする

その他 Windows 10 の問題や設定はこちらのページをご覧ください。
Windows 10 のサポートコンテンツ