PCサポート  

パソブル

Windows10 のその他の設定はコチラからご覧になれます


Windows10 ディスプレイやUSB接続などの周辺機器が正しく動作しなくなった、ドライバー原因でWindows10が起動できなくなったなど、「デバイスマネージャー」からドライバー(デバイス)を削除できます。
デバイスドライバーの破損などから、ディスプレイが正常な解像度にできない、音が出ないなどの症状が起こることもあります。
そのような場合は、一旦ドライバーを削除し、再インストールすると、正常に動作するようになる可能性もあります。
またドライバーの不具合や破損などが起きると、パソコンが起動しなくなる場合もあります。この場合は「自動修復」にてセーフモードの起動で、ドライバーなどの削除をすると正常に起動する場合もあります。
修復作業はWindows10 起動しないをご覧ください。


スポンサーリンク

1.デバイスマネージャーを開く
「Windows」マークを右クリックし、メニューにある「デバイスマネージャー」をクリックします。 この画像は「Windows10 Creators Update」以前のものです。
Windows10 隠れメニュー

「デバイスマネージャー」のウインドが開きます。
デバイスマネージャー 開く

2.ドライバーの削除
目的のデバイスの横にある「>」をクリックし、デバイスのドライバ群を展開します。
目的のドライバーを右クリックして、現れるメニューの「削除」をクリックします。
デバイスマネージャー  デバイスの選択

警告ウインドが現れますので、確認して「OK」をクリックします。
ドライバー削除確認

削除した「デバイス」または「ドライバー」が消えていれば完了です。
デバイスに複数ドライバーが存在しているときは「図B」のように消えます。
ドライバー削除完了

ドライバーの削除が完了して、そのデバイスを引き続き使用する場合は「再起動」をするか「ドライバー」を再インストールします。
※ドライバーの再インストールは、デバイスによっては再起動時に自動的に再インストールされるものもありますが、手動でインストールしなくてはならない場合もあります。


スポンサーリンク
 




その他 Windows 10 の問題や設定はこちらのページをご覧ください。

Windows 10 のサポートコンテンツ