PCサポート  

パソブル

Windows10 のその他の設定はコチラからご覧になれます


シャットダウンを実行しても再起動する場合は「高速スタートアップ」を無効にすることで、解決する場合もあります。
Windows 10 の起動を速くするために、シャットダウン時にパソコンの状態を保存しておく為の機能「高速スタートアップ」により、シャットダウンをクリックしたにも関わらず、再起動が実行されるトラブルが起こることもあります。
また、再起動の問題だけではく、BIOSの変更や接続されている機器が認識されなかったりなど、正常に起動できないトラブルも発生する場合があります。
このページは「高速スタートアップ」の無効にする方法を紹介します。


スポンサーリンク

1.電源オプションを開きます。
1.Windows マークをクリックし 「設定」をクリックします。
設定ウインド開く

2.設定ウインドが開きますので「システム」をクリックします。
設定ウインド「システムクリック」

3.「電源とスリーブ」をクリックし開きます。
電源とスリーブ開く

4.「電源の追加設定」をクリックし「電源オプション」のウインドを開きます。
ウィンドのサイズやバージョンによっては、掲示の位置が異なります。
設定ウインド「電源の追加設定」

2.「電源ボタンの動作を選択する」をクリックします。
電源ボタンの動作を選択するをクリック

3.「現在利用可能ではない設定を変更します」をクリックします。
この操作で「シャットダウン設定」を有効にできます。 現在利用可能ではない設定を変更しますをクリック

4.「高速スタートアップ」のチェックマークを外し「変更の保存」をクリックして完了です。
高速スタートアップを無効にする


スポンサーリンク
 




その他 Windows 10 の問題や設定はこちらのページをご覧ください。

Windows 10 のサポートコンテンツ