PCサポート  

パソブル

Windows10 のその他の設定はコチラからご覧になれます


Windows 10 スタートアップに追加して自動起動させる方法

Last update

Windows10 の起動時に自動起動させたいアプリなどを、スタートアップに追加しておけばサインイン後に自動で起動させることができます。
スタートアップに追加する方法は、エクスプローラーでスタートアップ フォルダを開き、自動起動させたいショートカットアイコンなどを入れます。


スポンサーリンク


スタートアップに追加「概要」


スタートアップフォルダに、ショートカットアイコンや実行ファイルを置きます。
下図では、Windows 10 が起動しサインイン後に「ドキュメント」と「メール」が自動起動するようになります。
自動起動を解除するには、スタートアップフォルダから目的のものを削除します。
スタートアップに追加
スタートアップフォルダは、全てのユーザー用または特定のユーザーの、二通りの種類があります。
全てのユーザー共通の、スタートアップフォルダに追加すれば、全てのユーザー共通で自動起動が実行されます。
特定のユーザー専用の、スタートアップフォルダに追加すれば、そのユーザーのみ自動起動が実行されます。
このように、使っていいる Windows 10 のユーザーが一人ではなく、複数いる場合は、これらを使い分けることもできます。
スタートアップフォルダは隠しファイルの設定になっているので、先に隠しファイルを表示する設定をします。
隠しファイルを表示する設定
エクスプローラーの「表示」をクリックすると、表示に関する内容が表示されるので、「隠しファイル」をクリックしチェックマークを入れます。
隠しファイルの表示設定

全てのユーザーで自動起動させる

全てのユーザー共通のスタートアップフォルダを操作するには、「管理権限」のアカウントが必要です。
「〉」アイコンをクリックして、ツリーを展開していきます。
  • 〉ローカルディスク(C)
  • 〉programData
  • 〉Microsoft
  • 〉Windows
  • 〉スタートメニュー
  • 〉プログラム
と展開し「スタートアップ」クリックして、フォルダ内に自動起動させたいアプリのショートカットアイコンなどを入れます。
次回起動のサインイン後に、このスタートアップに追加されたアプリなどが、すべてのユーザーに対して自動起動されます。
全てのユーザー プログラム スタートアップ
アドレスボックスから開く方法 パスをコピーしてアドレスボックスに張り付けてキーボードの『Enter』を押すと、簡単にスタートアップフォルダを開くこともできます。
パス:%ProgramData%Microsoft¥Windows¥Start Menu¥Programs¥StartUp アドレスボックスからピンユーザー共通のスタートアップフォルダを開く


固有のユーザーだけで自動起動させる

パソコンの使用者が複数いて、自分(特定のユーザー)だけ自動起動させたいアプリがある場合はこちらに追加します。
「〉」アイコンをクリックして、ツリーを展開していきます。
  • 〉ローカルディスク(C)
  • 〉ユーザー
  • 〉(ユーザーアカウント名のフォルダ)
  • 〉AppData
  • 〉Roaming
  • 〉Microsoft
  • 〉Windows
  • 〉スタートメニュー
  • 〉プログラム

と展開し「スタートアップ」クリックして、フォルダ内に自動起動させたいアプリのショートカットアイコンなどを入れます。
次回起動のサインイン後に、このスタートアップに追加されたアプリなどが、このユーザーに対してのみ自動起動されます。
ユーザー毎 プログラム スタートアップ
アドレスボックスから開く方法 現在サインインしているユーザーのスタートアップフォルダを開く場合、パスをコピーしてアドレスボックスに張り付けてキーボードの『Enter』を押すと開くこともできます。
パス:%AppData%¥Microsoft¥Windows¥Start Menu¥Programs¥Startup アドレスボックスからピンユーザーユーザーのスタートアップフォルダを開く

関連ページ


スポンサーリンク

このページのURLをコピーする

その他 Windows 10 の問題や設定はこちらのページをご覧ください。
Windows 10 のサポートコンテンツ