PCサポート  

パソブル

Windows10 のその他の設定はコチラからご覧になれます


Windows 10 の起動時に、自動で起動させたいアプリなどを、スタートアップに登録しておけば、自動起動が可能です。
登録する場所は、システムに登録するようなタスクマネージャーのスタートアップではありません。

ショートカットアイコンや実行ファイルを、エクスプローラーで開くことができる、「スタートアップ」という名前のフォルダーに置くだけでなので、簡単に登録ができます。
アプリのショートカットアイコンなどを、スタートアップ フォルダーに置けば、Windows が起動してデスクトプが表示された後に、それらが自動起動されます。
自動起動が不要になれば、スタートアップフォルダーからそれらを削除するだけです。
タスクマネージャーのスタートアップの場所と設定はこちらをご覧ください。


スポンサーリンク

スタートアップに登録


スタートアップフォルダーは、全てのユーザー用または特定のユーザーの、二通りの種類があります。
①全てのユーザー共通の、スタートアップフォルダーに登録すれば、全てのユーザー共通で自動起動が実行されます。
②ユーザー専用の、スタートアップフォルダーに登録すれば、そのユーザーのみ自動起動が実行されます。
このように、使っていいる Windows 10 のユーザーが一人ではなく、複数いる場合は、これらを使い分けることもできます。

スタートアップフォルダーは、隠しフォルダーになっていて通常では開けません。隠しフォルダーを表示する設定が必要です。
隠しファイル フォルダーを表示する方法

全てのユーザー共通の、スタートアップフォルダーを開く

パソコンの使用者が、自分だけであればこちらに登録すればよいでしょう。
全てのユーザー共通の、スタートアップフォルダーを操作するには「管理権限」の、アカウントが必要になります。

エクスプローラーで展開
  • ▽ローカルディスク(C)
  • ▽programData
  • ▽Microsoft
  • ▽Windws
  • ▽スタートメニュー
  • ▽プログラム
  • ▽スタートアップ

全てのユーザー プログラム スタートアップ

ユーザー専用の、スタートアップフォルダーを開く

パソコンの使用者が複数いて、自分だけ自動起動させたいアプリがある場合は、こちらに登録します。

    エクスプローラーで展開
    • ▽ローカルディスク(C)
    • ▽ユーザー
    • ▽ユーザー名
    • ▽AppData
    • ▽Roaming
    • ▽Microsoft
    • ▽Windows
    • ▽スタートメニュー
    • ▽プログラム
    • スタートアップ

    ユーザー毎 プログラム スタートアップ

    スタートアップに登録

    スタートアップフォルダーに、ショートカットアイコンや実行ファイルを置きます。
    下図では、Windows 10 が起動して、デスクトプ画面が表示されてから「ドキュメント」と「メール」が自動起動するようになります。
    自動起動を解除するには、スタートアップフォルダーから目的のものを削除します。
    スタートアップに登録


    スポンサーリンク

     

その他 Windows 10 の問題や設定はこちらのページをご覧ください。

Windows 10 のサポートコンテンツ

広告と関連