PCサポート  

パソブル

Windows10 のその他の設定はコチラからご覧になれます


Windows 10 の OneDrive は、初期値でスタートアップに登録され、自動でOnedriveアプリが起動するようになっています。
「更新プログラムが必要です Onedriveの使用を続けるには、更新する必要があります」と通知が、何度も出てくる報告があります。
OneDriveを利用していないなら、自動起動を止めて、OneDriveの更新の通知を消すことができ、OneDrive自体を起動させないことができます。
また、Onedrive のアプリ自体をアンインストールして削除することもできます。
アンインストールして削除するか、スタートアップを無効にするかは、自分に合った方法を選んでください。
このページでは、「更新プログラムが必要です」の警告を、OneDrive のスタートアップを無効にして消す方法と、OneDrive のアプリを削除して消す方法を紹介します。
※この操作を行うには、管理者権限が必要です。


更新プログラムがインストールできない

OneDriveの更新プログラムがインストールできない問題で、更新の通知が消えない場合は、一度 OneDrive を削除(削除方法は末尾)するか、そのまま再インストール(上書きインストール)をします。
下記の Microsoft 公式ページを開き「再インストールする必要がある場合、ここをクリックしてダウンロードしてください。」をクリックしてダウンロードます。
https://onedrive.live.com/about/ja-JP/download/

ダウンロードした OneDrive の実行ファイルを開き、インストールします。
OneDrive のインストールを実行すると、以下のように表示されますので、そのままちます。この表示は消えれば、完了です。
インストール完了通知は、表示されません。
OneDrive インストール開始

スポンサーリンク

OneDrive のスタートアップを止めて、更新の通知を消す


1. タスクバー内で、アイコンなど何も無い場所で右クリックしますと、メニューが現れますので「タスクマネージャー」をクリックします。
タスクマネージャー 表示

2.「タスク マネジャー」ウインドが開きますので、タブメニューの「スタートアップ」をクリックします。
「スタートアップ」が表示されていないければ、左下にある「詳細(D)」をクリックしてください。
タスクマネージャー 簡易表示

「OneDrive」をクリックして選択し「無効にする」をクリックします。
スタートアップ OneDrive
設定が完了するれば、表示が「無効」にかわっていることを確認します。
次回コンピューターを再起動した時に「無効」にされたものは、自動で起動しなくなり、更新の通知もされなくなります。
タスクマネージャー OneDrive 無効
※無効から「有効」に戻す場合は、無効になっている目的のソフトをクリックして「有効にする」をクリックします。


OneDrive アプリを削除して、更新の通知を消す


OneDrive にサインして利用している場合は、先に接続を解除しておきます。解除の方法は、通知領域の OneDrive を右クリックして「設定」をクリックし「アカウント」タブにある「リンクの解除」をクリックします。
スタートメニューの、「OneDrive」を右クリックして、メニューの「アンインストール」をクリックします。
OneDrive アンインストール

プログラムと機能のウインドが開きますので「Microsoft OneDrive」をクリックして選択し「アンインストール」をクリックします。
OneDrive アンインストール

スタートアップおよびアプリの削除の参考ページ
プログラムの削除(アンインストール)
自動起動するソフトを止める

スポンサーリンク

その他 Windows 10 の問題や設定はこちらのページをご覧ください。

Windows 10 のサポートコンテンツ

広告と関連