PCサポート  

パソブル

Windows10 のその他の設定はコチラからご覧になれます


Windows 10 MS-IMEには予測変換機能が付いています。予測機能は入力するスピードが遅い場合など、便利な機能ですが、早く入力ができる人が利用すると、邪魔に感じる場合もあります。
また、間違った入力が入力履歴に保存され、使いずらいなど予測候補の履歴を消すことで、解消される場合もあります。
このページでは、入力履歴を消す方法と予測変換を無効(非表示)にする方法を紹介します。
予測変換機能の設定は、予測変換の最長文字数やクラウド候補(ネットを介して取得)、入力履歴などの設定ができます。



スポンサーリンク

予測候補の履歴を消す


1.Microsoft IMEの設定を開く
タスクバーの右側にある「文字のアイコン(A)又は(あ)」を右クリックします。
メニューが表示されますので「プロパティ」をクリックすると「Microsoft IMEの設定」ウインドが開きます。
Microsoft IMEの設定 プロパティを開く

2.Microsoft IMEの設定
「入力履歴の消去」をクリックします。
Microsoft IMEの設定

「入力履歴が全て消去される」との内容の警告がでますので「はい」をクリックすれば、予測候補の入力履歴が消せます。
Microsoft IMEの設定 入力履歴の消去

※左側にある「入力履歴を使用する」のチェックを外して「OK」ボタンをクリックすると、入力履歴による予測候補を無効にできます。
Microsoft IMEの設定 入力履歴を使用しない

予測機能を無効にする


1.Microsoft IMEの設定を開く
タスクバーの右側にある「文字のアイコン(A)又は(あ)」を右クリックします。
メニューが表示されますので「プロパティ」をクリックすると「Microsoft IMEの設定」ウインドが開きます。。
Microsoft IMEの設定 プロパティを開く

2.Microsoft IMEの詳細設定を開く
「詳細設定」をクリックします。
Microsoft IMEの詳細設定を開く

3.予測入力を無効にする
上部にある「予測入力」タブをクリックします。
Microsoft IMEの詳細設定

「予測入力を使用する」をクリックして、チェックマークを外します。
Microsoft IME 予測入力を無効にする設定

「予測入力を使用する」のチェックマークを外すと、他の設定項目が操作できない状態になります。「OK」または「適用」をクリックして、予測入力の無効は完了です。 Microsoft IME 予測入力を無効化

スポンサーリンク

その他 Windows 10 の問題や設定はこちらのページをご覧ください。

Windows 10 のサポートコンテンツ

広告と関連