PCサポート  

パソブル

Windows10 のその他の設定はコチラからご覧になれます


IPアドレスを自動取得、または任意のIPアドレスに設定する方法を紹介します。
Windows 10 のIPアドレスの初期設定は自動取得になっています、接続先のルーターがIPDHCP(IPの自動振分)に対応していない場合は、IPの自動取得に設定されているとネットワークに接続できません。
この場合は任意のIPアドレスを設定する必要があります。
またルーターなどで、DHCP(IPアドレスの自動取得)を使用して、パソコンが起動するたびにIPアドレスを取得するより、IPアドレスを設定することによって起動の「高速化」につながる場合もあります。


スポンサーリンク

1.画面右下の「通知領域」にあるネットワークアイコンを右クリックして、「ネットワークと共有センターを開く」をクリックします。
ネットワークアイコンを右クリックして

2.「ネットワークと共有センター」ウインドが開きますので「アダプターの設定の変更」をクリックします。
アダプター設定

3.ネットワーク接続ウインドが開きますので、目的のアダプターのアイコン「イーサーネット(有線)」又は「Wifi(無線)」を右クリックし、メニューの「プロパティ」をクリックします。
イーサーネットメニュー

4.「イーサーネットプロパティ」ウィンドが開きますので「イーサーネットプロトコルバージョン4(TCP/IPv4)」をクリックし選択し、「プロパティ」をクリックします。
イーサーネットプロパティ

5.IPアドレスを任意の設定にしたい場合は「次のIPアドレスを使う」を選択し、IPアドレスを入力します。
自動取得にしたい場合は「IPアドレスを自動的に取得する」を選択します。

設定が完了しましたら「OK」ボタンをクリックして完了です。
windows10_netWork_NIC_IP4_SET.gifプロパティ

ここではポピュラーな「IPv4」の設定方法を紹介しましたが「IPv6」を設定する場合は、上記説明(4)の作業で「イーサーネットプロトコルバージョン6(TCP/IPv6)」をクリックし選択すれば出来ます。

IPv6のアドレス:
IPv6アドレスは16進数で表示し,コロンで4桁ごとに区切られています。
IPv6のIPアドレスの例:FFDC:0011:0002:0000:0000:0A11:0000:0001 先頭の「0」は省略して記述することもできます。連続してコロン内が「0」であれば一度だけ省略できます。「0000:0000 = 無記述」
省略結果:FFDC:0011:2::A11:0:1


スポンサーリンク
 




その他 Windows 10 の問題や設定はこちらのページをご覧ください。

Windows 10 のサポートコンテンツ