PCサポート  

パソブル



Windows 10 ユーザーのアカウントを Microsoft またはローカルに変更

Last update

Windows 10 で既存のユーザーのアカウントの種類を「ローカルアカウント」または「マイクロソフトアカウント」に変更するには「Windows の設定」から簡単に操作することができます。
また、アカウントの種類を変更したけど元に戻したい場合でも問題なく変更できます。
このページでは、ユーザーのアカウントの種類を変更する方法を紹介しています。
ユーザーアカウントの権限(管理者など)の種類の変更はこちらをご覧ください。
Windows10 ユーザーアカウントの権限の種類を変更する方法
ユーザーアカウントを追加する方法は下記のページで紹介しています。
Windows10 ユーザーアカウントを追加する方法


スポンサーリンク


ローカルを『マイクロソフトアカウント』


ローカルアカウントをマイクロソフトアカウントに変更する場合、マイクロソフトが発行したメールアドレスがなくても、変更操作中に新規にマイクロソフトが発行するメールアドレスを取得して、マイクロソフトアカウントに変更することができます。

スタートメニューをクリックし、メニューの「設定」をクリックします。
スタートメニューからWindowsの設定を開く

Windows の設定画面の「アカウント」をクリックします。
Windowsの設定のアカウントを開く

ユーザーの情報の「Microsoftアカウントでのサインインに切り替える」をクリックすると、サインイン画面が開きます。
Microsoftアカウントでのサインインに切り替える操作
  • 既存の Microsoft アカウントで変更するなら、メールアドレスを入力して「次へ」をクリックすると、 Microsoft アカウント使用しているパスワードの入力画面が表示されるのでサインインします。
    後は現在使用しているローカルアカウントのパスワードを入力する画面が表示されるので、入力して認証するとローカルアカウントから Microsoft アカウントへの変更は完了です。
    ※「PIN(パスワードの代替)を作成します」と表示される場合があります、PINを設定するなら説明どおりに操作します。必要なければ右上の「×」で画面を閉じてください。
  • 新規で Microsoft アカウントを取得して、ローカルアカウントから Microsoft アカウント に変更する場合は「作成」をクリックします。次へ進んでください。
ローカルアカウントから Microsoft アカウント に変更
ここからは、新規にメールアドレスを取得してマイクロソフトアカウントに変更する方法です。
「新しいメールアドレスを取得」をクリックします。 Microsoftアカウント 新しいメールアドレスを取得
メールアドレスのアドレス名を入力
  • 「新しいメール」のフォームに名前を英数字(最初の文字は英語)で入力してウインドの別の場所をクリックしますと、アドレス名の利用不可のチェックが始まります。
  • 「次のメールアドレスは既に使われています…」と表示されれば、別のアドレス名を入力して試します。
  • 何も表示されないようになるまでアドレス名を入力して試します。
Microsoftアカウントメールアドレスの作成
パスワードの設定
  • パスワードは8文字以上で数字だけでは完了しません。数字だけなら文字か記号が2文字以上入るようにします。
  • 文字だけなら数字か記号が2文字以上入るようにします。
「パスワード」の入力したら「次へ」をクリックします。
Microsoftアカウントパスワードの設定
アカウントの情報の入力
名前の入力
「性」「名」両方とも入力する必要があります。
入力が完了すれば「次へ」をクリックします。
Microsoftアカウントの情報の入力
生年月日の入力
居住国と生年月日を選択して「次へ」をクリックし、問題がなければ画面が閉じられます。
Microsoftアカウントの生年月日の入力
変更が終われば「ユーザーの情報」の表示が、下図の赤枠のようにマイクロソフトアカウント用になります。
「マイクロソフト…」が「ローカルアカウントでのサインインに切り替える」に変更。
Microsoftアカウントにが変更された表示
これで、ローカルアカウントからマイクロソフトアカウントに変更する操作は完了です。


マイクロソフトを『ローカルアカウント』に変更する


マイクロソフトアカウントをローカルアカウントに変更する場合、Windowsの同期や OneDrive など、マイクロソフトアカウントに紐づけて利用していたサービスは停止されます。
スタートメニューをクリックし、メニューの「設定」をクリックします。
スタートメニューからWindowsの設定を開く

Windows の設定画面の「アカウント」をクリックします。
Windowsの設定のアカウントを開く

ユーザーの情報の「ローカルアカウントでのサインインに切り替える」をクリックします。
ローカルアカウントに変更する
「ローカルアカウントへの切り替え」が表示されるので「現在のパスワード」を入力して「次へ」をクリックします。
ローカルアカウントに変更現在のパスワードを入力
ローカルアカウントの設定
  • ユーザー名
    ユーザー名はマイクロソフトアカウントのユーザー名と異なっても構いませんが、ユーザーのフォルダー名は変更されません。
  • パスワード
    セキュリティー強化のためマイクロソフトアカウントと、同じパスワードの利用はしないほうがよい。
    パスワードは8文字以上で数字だけでは完了しません。数字だけなら文字か記号が2文字以上入るようにします。
  • パスワードのヒント
    ここで入力したヒントを見て、パスワードを思い出せるようなことを入力します。
ローカルアカウントの設定入力
「サインアウトと完了」をクリックします。
ローカルアカウントに変更するための準備が完了した後に、サインアウトします。
ローカルアカウントに変更完了
サインしたら「Windows の設定」の「アカウント」を開き、ユーザー情報を確認します。
ローカルアカウントに変更の確認
「ユーザーの情報」の表示が、下図の赤枠のようにローカルアカウント表示されていれば完了です。
「マイクロソフトアカウント」に戻す場合は「Microsoftアカウントでのサインインに切り替える」で操作します。


スポンサーリンク

このページのURLをコピーする

その他 Windows 10 の問題や設定はこちらのページをご覧ください。
Windows 10 のサポートコンテンツ