PCサポート  

パソブル

Windows10 のその他の設定はコチラからご覧になれます


Windows10 のユーザーアカウントは「ローカルアカウント」と「Microsoft アカウント」の2つの種類があります。
どちらの種類のユーザーアカウントも、Windows の設定のアカウントから追加作成することができます。

このページでは、ローカル及び Microsoft アカウントのユーザーを追加する2種類の方法を、紹介しています。


スポンサーリンク



アカウントの種類の説明


Microsoftアカウント
Microsoft社が提供するオンラインサービスが利用できるマイクロソフトアカウントで、Windows10 にサインインします。
サインインに使用するユーザー名とパスワードも、マイクロソフトアカウントのものを使います。
また Microsoftアカウントで Windows10 を利用すると、ライセンス認証も紐付けできます。
Microsoftオンラインサービスとは、メールサービスの outlook.jp(旧 Hotmail)やOneDrive、Office Online などです。

ローカルアカウント
そのコンピューターのみ利用できる、任意のユーザー名とパスワードを設定したアカウントです。


ユーザーアカウントの追加画面を開く


ユーザーアカウントの追加は、ローカルユーザーと Microsoft ユーザーとも同じ設定画面から操作します。

スタートメニューをクリックし、メニューの「設定」をクリックします。
スタートメニューから設定を開く

設定画面が開きますので「アカウント」をクリックします。
設定 アカウント設定開く

アカウントの設定画面が表示されるので「家族とその他ユーザー」をクリックします。
アカウント 家族とその他ユーザー

「その他のユーザーをこのPCに追加」をクリックし、ユーザー作製画面を開きます。
その他のユーザーをこのPCに追加
ここから、追加の操作が異なりますので目的の方へ進んでください。


ローカルアカウントユーザーの追加


「このユーザーのサイン情報がありません」をクリックします。 ユーザー追加 このユーザーのサイン情報がありません

「Microsoft アカウントを持たないユーザーを追加する」をクリックします。
ユーザー追加 Microsoft アカウントを持たないユーザーを追加する

このPC用のアカウントの作成
パスワードを入力するまでは、下図のにある「パスワードを忘れた場合」は表示されません。

  • 「このPCを使うのは誰ですか」
    ここに入力した名前が、Windows10 のユーザー名になります。サインイン画面やフォルダー、ユーザー情報画面に表示される名前です。
  • 「パスワードの安全性を高めてください」
    このパスワードは Windows10 にサインインするためのパスワードです。
    1つは確認用なので、二つのボックスに同じパスワードを入力してください。
  • 「パスワードを忘れた場合」
    全て3つとも、質問の選択と答えを入力する必要があります。
ローカル アカウント ユーザーを作成
全ての入力が完了して「次へ」をクリックすると、問題がなければ画面が閉じられます。

アカウント画面に新規に作成されたユーザーが表示されれば完了です。
ユーザー追加が追加されたアカウントウインド

  • ユーザーを追加しても、サインインするまでは Windows10 では仮のユーザーのような扱いになっています。
  • サインイン後に、ユーザーの設定や情報および専用のユーザーフォルダーが作成されされます。
  • 追加したユーザーで初めてサインインするときは、システムがユーザーの設定をしますので時間がかかります。
    システムの設定が完了すればプライバシーの画面が表示され、使用するかしないか個々に選択をした後に、ようやくデスクトプが表示されます。
    Microsoftアカウント新規作成プライバシーの設定

追加したローカル アカウント ユーザーでサインイン
直ぐに追加したマイクロソフトアカウンでサインインする場所は、「スタートメニュー」の「ユーザーアイコン」をクリックします。
追加したユーザー名をクリックすると、サインイン画面が表示されるので「パスワード」を入力してサインインします。
ローカル アカウント ユーザーの切り替え

パソコンを再起動したサインイン画面の、左下にユーザーを選択できるようになりますので、目的のユーザーをクリックしサインインすれば、追加したユーザーでパソコンが利用できます。
ローカル アカウント ユーザー新規作成 サインイン画面

追加したローカルアカウントのユーザーの権限は「標準」になっています。「管理者」に変更する場合は下記のページをご覧ください。
Windows10 のユーザーの権限を変更する方法


Microsoft ユーザーアカウントの追加


ここでの説明は、マイクロソフト サービス アカウントが既にある場合の、マイクロソフトアカウントのユーザーを追加する方法です。

マイクロソフト アカウントを、Windows 10 で新規に作成して、ユーザーを追加する方法は下記のページで紹介しています。
Windows 10 Microsoft アカウントを新規に作成してユーザーを追加

「その他のユーザーをこのPCに追加」クリックして表示された画面に、
「メールアドレスまたは電話番号」のボックスに、マイクロソフトアカウントで使用しているメールアドレスか電話番号を入力します。
入力が完了したら「次へ」をクリックします。
マイクロソフトアカウント びメールアドレスまたは電話番号を入力

問題がなければ「準備が整いました」と表示されるので「完了」をクリックすると、画面が閉じます。
Microsoftアカウントユーザーの追加完了

アカウント画面に新規に作成されたユーザーが表示されていれば完了です。
Microsoftアカウントが追加されたアカウントウインド

  • ユーザーを追加しても、サインインするまでは Windows10 では仮のユーザーのような扱いになっています。
  • サインイン後に、ユーザーの設定や情報および専用のユーザーフォルダーが作成されされます。
  • 追加したユーザーで初めてサインインするときは、システムがユーザーの設定をしますので時間がかかります。
    システムの設定が完了すればプライバシーの画面が表示され、使用するかしないか個々に選択をした後に、ようやくデスクトプが表示されます。
    Microsoftアカウント新規作成プライバシーの設定

追加したユーザーでサインイン
追加したマイクロソフト アカウント ユーザーでサインインするときは、マイクロソフトアカウントを利用するときのパスワードです。

サインイン画面に表示されている名前は、マイクロソフトアカウントで設定している名前です。この名前は変更することもできます。
Microsoft アカウントのユーザー名を変更する方法

直ぐに追加したマイクロソフトアカウンでサインインする場所は、「スタートメニュー」の「ユーザーアイコン」をクリックします。
追加したユーザー名をクリックすると、サインイン画面が表示されるので「パスワード」を入力してサインインします。
Microsoft アカウント ユーザーの切り替え

パソコンを再起動したサインイン画面の、左下にユーザーを選択できるようになりますので、目的のユーザーをクリックしサインインすれば、追加したユーザーでパソコンが利用できます。
Microsoft アカウント ユーザー新規作成 サインイン画面

追加したマイクロソフトアカウントのユーザーの権限は「標準」になっています。「管理者」に変更する場合は下記のページをご覧ください。
Windows10 のユーザーの権限を変更する方法

ユーザーを追加したけど表示されない場合は、下記のページをご覧ください。
ユーザーアカウントが表示されない


スポンサーリンク


このページのURLをコピーする


その他 Windows 10 の問題や設定はこちらのページをご覧ください。
Windows 10 のサポートコンテンツ