パソブル PCサポート  

パソブル

ページトップへ移動

Windows10 で動画の一部をスローモーションにする方法「フォト ビデオエディター」

Last update

Windows10 の標準搭載アプリのフォトの動画編集機能にて、簡単な操作で動画の一部をスローモーションにして、別のファイルで保存するこができます。また、同時に動画のトリミング(切り取り)の編集することもできます。  標準搭載アプリで、動画の一部をスローモーションにする方法を紹介しています。
その他の動画の編集ができる種類や操作方法は、下記のページでまとめています。
Windows10 標準アプリ「フォト」で動画編集をする

スポンサーリンク

-広告リンク-

動画の一部をスローモーションにする編集方法

スローモーションの編集編集は、動画ファイルから動画編集機能がある「フォト」を開いた場合にのみ編集ができます。現時点では、フォト/ビデオエディターのビデオプロジェクトの作成からは、スローモーションの編集ができません。 

動画ファイルから「フォト」を開く


動画ファイルを右クリックしたメニューの「プログラムから開く」にマウスポインターを合わせると、サブメニューが表示されるの「フォト」をクリックします。
動画ファイルからフォトを開く  ※「フォト」から動画ファイルを開くには、ビデオエディターによる「ビデオプロジェクトの作成」が必要で、ビデオエディターではスローモーションの編集ができません。

動画の一部分をスローモーションにする編集


フォトの「編集と作成」をクリックしたメニューの「スローモーション」をクリックします。
フォトで動画編集スローモーションを実行  先にスローモーションの速度設定をします。速度の選択により操作方法が異なります。
  • 元の速度」では、トリミング操作のみが可能です。
    元の速度でスローモーションの編集 
  • さらにスロー」では、クリックしたまま左右2つのノブ「〇」を移動して、スローモーションにする部分を選択します。同時にトリミングの編集も可能です。
    さらにスローでスローモーションの編集 
  • スーパースロー」では、かなり速度が遅いので、一部分しか選択できません。同時にトリミングの編集も可能です。
    スーパースローでスローモーションの編集
再生「▷」アイコンをクリックすれば、スローモーションの編集をした動画を確認することができます。

編集した動画の保存


スローモーションの編集による元動画ファイルの影響はありません。新たに別ファイルで保存されます。  上部メニューの「名前を付けて保存」をクリックします。環境により「コピーの保存」と表示されている場合があります。
編集した動画ファイルを保存 
  • 名前を付けて保存」が表示されていてクリックした場合は、エクスプローラーが開くので保存先を開き、名前を確認して「保存」をクリックします。
    トリミングした動画ファイルを保存 
  • コピーの保存」の表示なら、強制的に「ビデオフォルダ」に元の名前の後ろに「_Slomo」が付け加えられて、保存され場合もあります。
    後で場所や名前は変更できますが、アプリの「フォト」を終了しないとできません。 
  • パソコンまたはグラフィックボードが古くて、動画編集機能に対応できない場合、アクセス権のなどの問題が表示されたりして、保存ができない場合があります。
これで、動画ファイルから「フォト」を開き、スローモーションの編集をした動画の保存は完了です。
スポンサーリンク
問題や設定など Windows10 の記事一覧は、下記のページでご覧になれます。
Windows10 サポートコンテンツのリスト


このページのURLをコピーする
Twitteでシェア facebookでシェア はてな ブックマーク LINEでシェア