パソブル PCサポート  

パソブル

ページトップへ移動

Windows10 壁紙の場所「ユーザー用/Windows 標準/元画像」

Last update

Windows10 の壁紙の場所は、ユーザー毎の壁紙と Windows のデフォルトの壁紙は別の場所で保存されています。ユーザーの壁紙は「ユーザー名」のフォルダ内に、デフォルトの壁紙は Windows フォルダ内にあります。また、壁紙の元ファイルの場所はレジストリに記録されています。  このページでは、Windows10 の壁紙の場所を紹介しています。
壁紙の画像の変更や単色にする方法、設定などは下記のページをご覧ください。
Windows10 の壁紙の変更と設定

スポンサーリンク

-広告リンク-

デスクトップの壁紙の場所


Windows10 標準のデスクトップの壁紙の場所はWindowsフォルダ内にあります。ユーザーが利用している壁紙の場所は、ユーザー名のフォルダ内にあり、ユーザーの壁紙を変更すると上書きされて保存されます。

ユーザーの壁紙の場所


ユーザー固有の壁紙の場所は「C:¥Users¥ユーザー名¥AppData¥Roaming¥Microsoft¥Windows¥Themes」に保存されています。
また、ユーザーの壁紙の場所は隠しフォルダになっているので、表示させる設定が必要です。  先に隠しファイルを表示する設定をします。
エクスプローラーの「表示」をクリックすると、表示に関する内容が表示されるので、「隠しファイル」をクリックしチェックマークを入れます。
※エクスプローラーを一旦閉じて、再度開けば隠しファイルを表示できます。
隠しファイルの表示設定  名前横の「〉」アイコンをクリックしてツリーを展開していきます。
  • 〉ローカルディスク(C:)
  • 〉ユーザー(Users)
  • 〉ユーザー名
  • 〉AppData
  • 〉Roaming
  • 〉Microsoft
  • 〉Windows
と展開し「Themes」をクリックすれば、ユーザーの壁紙の保存場所が開きます。
Windows10 ユーザーの壁紙の場所
Themes フォルダ
  • TranscodedWallpaper」この拡張子のないファイルが現在使用している壁紙です。このファイルを開く方法は、ファイルを別の場所にコピーして、元の壁紙のファイル形式の拡張子を付け加えます。
    例:拡張子が「jpeg」なら、TranscodedWallpaper.jpegを付け加えれば、ファイルを開くことができます。
  • CachedFiles」フォルダ内のファイルでは、現在の壁紙を拡張子を付けずに確認することができます。このファイルは壁紙のキャッシュファイルで、バックアップみたいなものです。
Windows10 ユーザーの壁紙の場所
※ユーザーの壁紙は、変更されるたびに上書きされるので、以前の壁紙は見ることができません。

Windows10 標準の壁紙の場所


Windows10 標準の壁紙の場所は「C:¥Windows¥Web¥Wallpaper」に保存されています。  「Wallpaper フォルダ」には、「Windows」「Windows 10」「花」のフォルダーがあり、それらにデフォルトの壁紙が保存されています。  名前横の「〉」アイコンをクリックしてツリーを展開していきます。
  • 〉ローカルディスク(C:)
  • 〉Windows
  • 〉Web
と展開し「Wallpaper」をクリックすれば、Windows10 標準の壁紙の場所が開きます。
Windows10 標準の壁紙の場所
Wallpape フォルダ内の「Windows」フォルダに Windows10 の初期値の Windows マークがある壁紙が保存されていいます。

現在の壁紙の元画像の場所


現在の壁紙で使用している元のファイルの場所は、レジストリに記録されています。ただし、既に元ファイルの場所に壁紙に使用したファイルがなくても、壁紙に設定した時点の場所が記録されています。   レジストリーエディターを開く
  • 「Windows」マークを右クリックするとメニュが表示されるので「ファイル名を指定して実行」をクリックすると、「ファイル名を指定して実行」が開きます。
  • テキストボックスに「regedit」と入力し「OK」をクリックします。
  • ユーザーアカウント制御の警告が表示されたら「はい」をクリックしてください。
  • ユーザーアカウント制御の設定を「通知しない」に設定されている場合は、表示されません。(参考:UAC無効にする)
Windows10 レジストリエディタを開く

レジストリーエディターが開いたら、キー名の「〉」アイコンをクリックしてツリーを展開していきます。
  • 〉HKEY_CURRENT_USER
  • 〉Control Pane
と展開し Desktop をクリックします。
壁紙の設定レジストリー WallPaper」を右クリックしたメニューの「修正」をクリックします。
壁紙のレジストリーを開く  「文字列の編集」画面が表示され、元画像の場所は「値のデーター」ボックスに表示されています。
壁紙の元のファイル場所
スポンサーリンク
問題や設定など Windows10 の記事一覧は、下記のページでご覧になれます。
Windows10 サポートコンテンツのリスト


このページのURLをコピーする
Twitteでシェア facebookでシェア はてな ブックマーク LINEでシェア
このページは、解説部分のみの印刷ができます。