PCサポート  

パソブル

Windows10 のその他の設定はコチラからご覧になれます


パソコンの現在の環境を、まるごとバックアップして復元する

Windows 10 には、標準でシステムイメージをバックアップする機能が搭載されています。この機能を利用すれば、ほぼ完全な状態で、現在の環境をまるごとバックアップすることができ、復元も可能です。

システムイメージ

システムイメージとは、システムドライブ (通常 ローカルディスク(C:))の状態と、ユーザーが作成したデーターや追加したアプリなどを、ひとつの大きなファイルにまとめられているものです。
システムイメージのバックアップを作成することで、その時点までのデーターやアプリのインストール、設定内容などがバックアップできます。

バックアップの作成時に問題があれば、その問題もバックアップされてしまいますので、正常に動作しているときに、システムイメージを作成するようにしてください。
システムイメージを利用して復元するには、自動修復をやインストールメディアを起動させる方法もありますが、回復ドライブを利用することにより、より安全に復元することができます。
Windows 10 搭載機能の、システムイメージのバックアップについて、著作権保護されたメディアなど、バックアップできないファイルもあります。
より安全にバックアップを完成するには、重要なファイルなどはコピーして、個別にバックアップするようにしてください。

回復ドライブ

回復ドライブとは、Windows10 のインストールデーターに、作成した時点の環境で、デバイスのドライバーや更新プログラムを加えた、言わばそのPC専用のリカバリディスクのようなものです。
※更新プログラムなどを加えるには、作成中に「システムファイルを回復ドライブにバックアップ」を適用する必要があります。
再インストールでは、デバイスのドライバーや更新プログラムは再度インストールする必要がありますが、回復ドライブではそれらを加えたものになっています。
作成時に問題があれば、その問題もバックアップされてしまいますので、正常に動作しているときに、回復ドライブを作成するようにしてください。

イメージ バックアップのまとめ

回復ドライブは Windows10 のシステム(基本的なデーター)だけなので、ユーザーが作成したファイルや追加されたアプリなどは、含まれていません。
回復ドライブのみの復元は、あらかじめドライバや更新プログラムを適用して、Windows10 を再インストールをするものです。
このようなことから、システムイメージを作成して、回復ドライブと汎用することで、より安全にバックアップが作成された時点に、ほぼ完全に戻すことが可能になります。
また、回復ドライブを単独で利用して、ドライバーなどを含めた再インストールを実行することも可能です。
システムイメージに関しても、Windows 10 が使える状態なら、回復ドライブを利用しなくても、設定ウインドの回復よりバックアップの復元が可能です。

スポンサーリンク

回復ドライブの作成


パソコンの環境にもより16GBでも作成できる場合がありますが、32GB以上(推薦)のUSBメモリを準備します。
また、回復ドライブの作成で、USBメモリ内のデータはすべて削除されます。
※回復ドライブを作成しなくても、システムイメージの復元はできます。ただし、Windows10 が起動しないときなど、回復ドライブがあれば、安全に復元作業ができます。

1. USBメモリをパソコンに接続します。
パソコンが、USBメモリを認識していることを確認します。
作業中にも自動でフォーマットは実行されますが、USBメモリに問題がないか確認するためにも、一度フォーマットすることをお勧めします。
USBメモリの図

2. コントロールパネルを開きます
「Windows」マークをクリックし「メニュー」をスクロールさせ「W」にある「Windows システム ツール」をクリックして展開し「コントロールパネル」をクリックします。
コントロールパネルを開く

3.「システムとセキュリティ」をクリックします。
コントロールパネル システムとセキュリティ

4.「セキュリティとメンテナンス」をクリックします。
コントロールパネル セキュリティとメンテナンス

5.「回復」をクリックします。
コントロールパネル 回復

6.「回復ドライブの作成」をクリックします。
途中「ユーザーアカウント制御」が表示されますので「はい」をクリックします。
コントロールパネル 回復ドライブの作成

7. 回復ドライブの作成画面が表示されますので、「次へ」をクリックします。
「システムファイルを回復ドライブにバックアップします」のチェックマークは、付けたままにしておいてください。
これにより、ドライバーや更新プログラムを加えた状態で、回復ドライブが作製されます。
回復ドライブの作成実行

8.「お待ちください」と表示されますので、環境により時間がかかる場合もありますが、そのまま待ちます。
USBメモリが接続されていなければ「USBフラッシュドライブの接続」と表示されますので、USBメモリを接続します。
回復ドライブの作製準備

9. ドライブを確認し「次へ」ボタンをクリックします。
回復ドライブ ドライブの確認

10.「作成」ボタンをクリックします。
作製が失敗するようであれば、USBメモリを一旦外し、再度接続してフォーマットします。
フォーマットが完了したら再度、回復ドライブの作製を実行してみます。
それでも問題がでるようなら、新しいUSBメモリで試すのもよいと思います。
回復ドライブ作製開始

11.「回復ドライブを作成中」の画面が表示され、ドライブのフォーマット → ユーティリティのコピー中と表示され、システムのコピーが開始されます。
※作製にはしばらく時間がかかります。
回復ドライブ作製中

12.「回復ドライブの準備ができました」と表示されたら「完了」ボタンをクリックます。
回復ドライブ作製完了 これで、回復ドライブの作成は完了です。


システムイメージ(バックアップ)の作成


システムドライブ(Cドライブ)の容量が2TBを超えている場合、DVDやBlu-rayディスクを利用してのバックアップはできません。
外付けハードディスクにバックアップを保存する場合にも、システムドライブ(Cドライブ)容量を確認して、それ以上の容量があることを確認してください。
ハードディスクを利用する場合は、NTFS でフォーマットされていなければ、システムイメージを保存することはできません。
↓NTFSの確認、ドライブの容量の確認、フォーマットする方法?
  • 空き容量の確認は、プロパティの「空き領域」の内容をみる。
  • NTFSの確認は、プロパティの「ファイルシステム」の内容をみる。
  • フォーマットは、「ファイルシステム」を「NTFS」に設定し「クイックフォーマット」にチェックマークを入れ「開始」を実行します。
    フォーマットの実行は、全てのデーターが削除されます。
NTFSの確認、ドライブの容量の確認、フォーマットの図解


1. 内蔵ハードディスクではなく、外付けハードディスクに保存する場合は、先にパソコンに接続して認識されているか確認しておきます。
外付けハードディスクの図

2. コントロールパネルを開きます
「Windows」マークをクリックし「メニュー」をスクロールさせ「W」にある「Windows システム ツール」をクリックして展開し「コントロールパネル」をクリックします。
スタートメニュー コントロールパネル

3.「バックアップと復元」をクリックします。
コントロールパネル バックアップと復元をクリック

4.「システムイメージの作成」をクリックします。
システムイメージの作成をクリック

5. システムイメージの保存先を指定します。
接続した外付けハードディスクや内臓ハードディスク、またはDVDディスクなど、保存先を確認して選択し「次へ」をクリックします。
システムイメージの作成をクリック

6. バックアップの設定を確認します
バックアップするドライブと、バックアップを保存するドライブがある場合は「どのドライブをバックアップに含めますか?」と表示されます。
表示されている他のドライブもバックアップしたい場合は、それらをクリックし、チェックマークを付け「次へ」をクリックします。
他にバックアップするドライブがない場合は、この内容は表示されず、次項「7」の「バックアップの開始」のページが直接表示されます。
バックアップの設定

7. 設定を確認して「バックアップの開始」をクリックします。
バックアップの開始
データーの容量により、かなり時間がかかる場合もありますが、そのまま待ちます。
バックアップの作成中
システムイメージのバックアップが完了すると「システム修復ディスクを作成しますか?」と確認ウインドが現れますが、「回復ドライブ」があれば良いので「いいえ」をクリックします。
※システム修復ディスクとは、システムファイルなどバックアップ機能はありません。修復作業用の起動ディスクと考えてよい。
バックアップの完了 システム修復ディスクの作成をするか
バックアップの完了
これでバックアップは完了です。
今後、今の状態でバックアップを作成したい場合は「システムイメージ(バックアップ)の作成」を再度実行してください。
システムイメージをバックアップしているドライブに、再度バックアップを実行すると自動的に上書きされ、新しいバックアップの作成ができます。


システムイメージの復元(回復)


システムイメージの復元(回復)に以下のような方法があります。

回復ドライブでバックアップを復元

起動デバイスの順位を、USBメモリーが一番最初に起動するように設定します。
起動デバイスの設定方法は、パソコンの電源を入れて直ぐに「F12」や「F2」「F9」を押して、起動設定またはBIOS設定画面を表示するなど、メーカーや機種により違いますので、説明書を読んで設定してください。
回復ドライブは入っているUSBメモリーの起動順位を、ハードディスクより先にすることで、回復ドライブを起動することができます。

1.作成した回復ドライブのUSBメモリを接続します。 外付けドライブを使ってシステムイメージのバックアップを保存してある場合は、それらも接続しておきます。
準備ができましたら、USBメモリーからパソコンを起動させます。

回復ドライブUSBメモリ システムイメージドライブ

2.「キーボードレイアウトの選択」画面が現れますので「Microsoft IME」をクリックします。
回復ドライブ 起動 キーボードレイアウトの選択

3.「オプション選択」が表示されますので「トラブルシューティング」をクリックします。
回復ドライブ オプション選択 トラブルシューティングをクリック

4.「詳細オプション」をクリックします。
回復ドライブ トラブルシューティングの詳細オプションをクリック

5.「イメージでシステムを回復」をクリックします。
回復ドライブ イメージでシステムを回復をクリック

6.「Windows 10」をクリックします。
回復ドライブ Windows 10 を選択

11. 復元したいシステムイメージをクリックして選択し「次へ」をクリックします。
回復ドライブ システムイメージのバックアップを選択
「復元するシステムイメージの日時を選択してください」と表示されたら、復元するシステムイメージを選択し「次へ」をクリックします。 回復ドライブ システムイメージのバックアップの日時を選択
「他の復元方法を選択してください」と表示されたら「次へ」をクリックします。 回復ドライブ バックアップの復元、他の復元方法を選択

12. 内容を確認して「完了」をクリックします。
回復ドライブ バックアップの復元の設定完了

13. ドライブ内の復元対象のデータはすべて、システムイメージ内のデータによって置き換えられます
※バックアップ作成後に保存した、ファイルやアプリのインストールなどは、削除されるという意味です。
問題がなければ「はい」をクリックします。 回復ドライブ バックアップの復元を実行

保存したファイルなどが削除されると困る場合は「いいえ」をクリックして「キャンセル」をクリックします。
「5. オプションの選択」まで戻り「続行」「終了してWindows10に進みます」をクリックして、Windows を起動させたのち、ファイルなどを個別に別のドライブに保存(バックアップ)します。
バックアップの作業が終了しましたら、再度この項目の「1」から作業を行います。

14. システムイメージからの復元が開始されます。
時間はかかりますが、完了するまでそのまま待ちます。
回復ドライブ システムイメージでバックアップの復元中

15. 復元が完了すれば「今すぐコンピュータを再起動しますか?」とメッセージウインドが開きます。
「今すぐ再起動する」をクリックし、再起動してデスクトップが画面が表示されれば、復元は成功です。
回復ドライブ システムイメージでバックアップの復元完了、再起動
これで、回復ドライブでバックアップの復元は完了です。


Windows10 からバックアップを復元

1.起動しているアプリを終了し、バックアップを保存しているドライブ以外の、USBメモリなどを取り外します。
バックアップを保存してあるドライブを接続し、認識されているか確認します。
バックアップされた、外付けハードディスク

2.「設定」を開きます。
スタートメニューから設定を開く

3.「更新とセキュリティ」をクリックします。
設定 更新とセキュリティ

4.「回復」をクリックすると右側の表示が変わりますので「今すぐ再起動する」ボタンをクリックします。
回復設定 今すぐ再起動する

5. 再起動後にすぐに「オプション選択」が表示されますので「トラブルシューティング」をクリックします。
回復 オプション選択 トラブルシューティングをクリック

6.「詳細オプション」をクリックします。
回復 トラブルシューティングの詳細オプションをクリック

7.「イメージでシステムを回復」をクリックします。
再起動しますので、しばらく待ちます。
回復 イメージでシステムを回復をクリック

8. 表示されている、ユーザーアカウントをクリックします。
アカウントが複数存在する場合は、管理権限があるアカウントであることが必要です
バックアップの復元 ユーザーアカウントを選択

9. ユーザーアカウントのパスワードを入力し「続行」ボタンをクリックします。
バックアップの復元 パスワードの入力

10.「システムイメージを選択する」をクリックして選択し「次へ」をクリックします。
バックアップのドライブの選択

11. 復元したいシステムイメージをクリックして選択し「次へ」をクリックします。
システムイメージのバックアップを選択
「復元するシステムイメージの日時を選択してください」と表示されたら、復元するシステムイメージを選択し「次へ」をクリックします。 システムイメージのバックアップの日時を選択
「他の復元方法を選択してください」と表示されたら「次へ」をクリックします。
バックアップの復元、他の復元方法を選択

12. 内容を確認して「完了」をクリックします。
バックアップの復元の設定完了

13. ドライブ内の復元対象のデータはすべて、システムイメージ内のデータによって置き換えられます
※バックアップ作成後に保存したファイルやアプリのインストールなどは削除されるという意味です。
問題がなければ「はい」をクリックします。
バックアップの復元を実行
保存したファイルなどが削除されると困る場合は「いいえ」をクリックして「キャンセル」をクリックします。
「5. オプションの選択」まで戻り「続行」をクリックして、Windows を起動させたのち、ファイルなどを個別に別のドライブに保存(バックアップ)します。
バックアップの作業が終了しましたら、再度この項目の「1」から作業を行います。

14. システムイメージからの復元が開始されます。
完了するまで、そのまま待ちます。時間は結構かかります。
システムイメージでバックアップの復元中

15. 復元が完了すれば「今すぐコンピュータを再起動しますか?」とメッセージウインドが開きます。
「今すぐ再起動する」をクリックし、再起動してデスクトップが画面が表示されれば、復元は成功です。
システムイメージでバックアップの復元完了、再起動
これで、Windows 10 からバックアップの復元は完了です。

スポンサーリンク

その他 Windows 10 の問題や設定はこちらのページをご覧ください。

Windows 10 のサポートコンテンツ

広告と関連