PCサポート  

パソブル



windows 10 のタスクバーの色の設定は、タスクバーの設定でなく、色の設定で操作します。
タスクバーの色の設定を変更すると、スタートメニューや開いたウインドの枠、タイルの背景の色なども同時に変更されます。
通常タスクバーだけ、色の変更をするような設定はできません。


スポンサーリンク

タスクバーの色を設定する


個人用設定の「色」を開きます

1.Windows マークをクリックし 「設定」をクリックします。
設定ウインド開く

2.設定ウインドが開きますので「個人用設定」をクリックします。
設定ウインド「個人用設定」をクリック

3.左メニューの「色」をクリックします。
個人用設定設定で色を開く


タスクバーの色を変更する操作方法

1.「Windows の色」で設定したい色をクリックします。
すきな色がないときは「カスタム色」をクリックして、色を作成できます。
Windows の色を選択する

ここでは「赤」をクリックして解説していきます。
色の変更を操作すると、開いている画面の枠など、幾つかの色の変更が見られます。
この時点では、タスクバーの色はまだ変更されていません、タスクバーの幾つかのアイコンのアンダーラインの色が、変更されているだけです。
Windows の色を変更した状態のウインドの画面

この時点の、スタートメニューを見てみましょう。
タイルの背景や、アイコンの背景が設定された色に変更されていることがわかります。
このように「タスクバーの色」を変更するには「Windows の幾つかの基本的な色」を変更することになります。
Windows の色を変更したときの、スタートメニューの状態

2.「以下の場所にアクセントカラーを表示します」の「スタート、タスクバー、アクションセンター」をクリックして、チェックマークを付けます。
この操作により、タスクバーの色が変更されます。それでは見ていきましょう。
Windows の色を変更したときの、スタートメニューの状態

先ず、スタートメニューの背景色も、選択された色に変更されています。 タスクバーの色を変更したときの、スタートメニューの状態

タスクバーの色は変更されているけど、濁ったような色になっています。
これは「透明効果」の関係でこのような色になります。背景色が暗ければ、透明効果でタスクバーの色は濁ったように濃くなり、明るければかすれたように薄くなります。
タスクバーの色を変更したときの状態

透明効果を無効にするには、「透明効果」のスイッチボタンをクリックして「オフ」にします。
透明効果をオフ
透明効果を「オフ」にすれば、下図のようにタスクバーの色ははっきりとします。
設定した色と違うのは、他の色と「タスクバー」の境界をはっきりさせるための、Windows の仕様です。
透明効果を「オン」にするか「オフ」にするかは好みで設定します。これで、タスクバーの色の変更は完了です。
透明効果をオフにして、タスクバーの色を変更したときの状態

Windows 10 のタスクバー関連の設定は、他にもたくさんカスタマイズができます。
Windows 10 のタスクバーに関する設定やカスタマイズは、こちらをご覧ください。


スポンサーリンク
 




その他 Windows 10 の問題や設定はこちらのページをご覧ください。

Windows 10 のサポートコンテンツ