パソブル PCサポート  
ページトップへ移動

Windows10 タスクバーのデスクトップ プレビューの表示/非表示

Last update

Windows10 の初期値では、アプリなど開いているウインドのボタン(アイコン)に、マウスカーソルを合わせると、そのウインドの縮小版(デスクトップ プレビュー)が表示されます。  デスクトップ プレビューが必要なければ、非表示にすることができます。設定で非表示にできない場合は、レジストリの編集で対処するこもできます。  このページでは、タスクバーに表示されるデスクトップ プレビューの非表示/表示の設定方法を紹介しています。
その他タスクバーに関するカスタマイズや設定方法は、下記のページをご覧ください。
Windows10 タスクバーの設定とカスタマイズ


スポンサーリンク

タスクバーのデスクトップ プレビューの表示設定


タスクバーのデスクトップ プレビューの表示状態
タスクバーのアイコンで縮小版を表示
デスクトップ プレビューの表示設定は、タスクバーの設定の「…デスクトップをプレビューする」にあるスイッチボタンで操作します。  1. タスクバーの何もないところを右クリックして、メニューの「タスクバーの設定」をクリックすると、タスク バーの設定画面が開きます。
タスクバーを右クリックして、タスクバーの設定を開く  タスクバーを右クリックして、タスクバーの設定画面  2. タスクバーの端にある「デスクトップの表示」ボタンにマウス カーソルを置いたときに、プレビューを使用してデスクトップをプレビューするの、スイッチボタンで表示の設定をします。
  • 「オフ」プレビューを非表示
  • 「オン」プレビューを表示
タスクバーのプレビューを「オフ」にして、非表示にする 
スポンサーリンク

タスクバーのデスクトップ プレビューが、設定しても非表示にできない


パソコンの環境によっては、タスクバーの設定で非表示にしても、デスクトップ プレビューが非表示にできないことがあります。この場合レジストリの編集で、デスクトップ プレビューを非表示にすることができます。 

レジストリの編集でプレビューを非表示にする

レジストリの編集を誤ると Windows が正常に動作しないことががあります。
操作に自信がなければ編集前にバックアップを作成してから、レジストリの操作を行ってださい。
windows10 レジストリ キーのバックアップと復元

  • 「Windows」マークを右クリックするとメニュが表示されるので「ファイル名を指定して実行」をクリックすると、「ファイル名を指定して実行」が開きます。
  • テキストボックスに「regedit」と入力し「OK」をクリックします。
  • ユーザーアカウント制御の警告が表示されたら「はい」をクリックしてください。
  • ユーザーアカウント制御の設定を「通知しない」に設定されている場合は、表示されません。(参考:UAC無効にする)
Windows10 レジストリエディタを開く 
1. レジストリキーを開く
レジストリエディタの、キー名の「」アイコンをクリックして、展開していきます。
  • HKEY_CURRENT_USER
  • SOFTWARE
  • Policies
  • Microsoft
  • Windows
  • CurrentVersion
Explorer と順に展開していきます。
レジストリ エディタ,HKEY_CURRENT_USER Explorer Advanced  2. レジストリキーに、値を追加する。
Explorerにある「Advanced」のレジストリキーに、値を追加します。
「Advanced」のレジストリキーを右クリックして、表示されたメニューの「新規」にマウスカーソルを合わせます。
「DWORD(32ビット)値(D)」をクリックします。
Advanced キーに、DWORD32を新規に作成  一番下に、新規に作成された値が「新しい値 #1」という名前で作成されます。
新しい値 #1が作成される  値の名前を「ExtendedUIHoverTime」に変更します。
※ 名前の変更は「新しい値 #1」を右クリックしたメニューから操作できます。
新規に作成した値の名前を ExtendedUIHoverTime に変更
作成した値の名前が、間違っていないか確認してください。  3.値のデーターの修正
「ExtendedUIHoverTime」を右クリックして表示されたメニューの「修正」をクリックします。
ExtendedUIHoverTime の値の修正 ExtendedUIHoverTime」の値の編集画面が表示されますので「値のデーター」を「9000」に変更し「OK」をクリックします。
ExtendedUIHoverTime の値を変更 
値のデーターの説明
この値はプレビューを表示させない時間を「16進数」で入力しています。「10進数」を選択して、直接マイクロ秒の入力でも可能です。  16進数で「9000」と入力したので、タスクバーのボタンにマウス合わせてから、約37秒非表示になるということです。なので、マウスをずっと合わせたままなら、37秒後にプレビューが表示されます。
  4.レジストリの編集の完了
これで、デスクトップ プレビューを非表示にする、レジストリの編集は完了です。  レジストリの操作なので、編集を反映するために再起動します。
Windwos10 を再起動すれば、タスクバーのプレビューは非表示になります。 
非表示を解除
レジストリの編集で、タスクバーのデスクトップ プレビューの非表示していて、非表示を解除する場合は、作成した値「ExtendedUIHoverTime」を削除して、タスクバーの設定で、「オン」にすればプレビューの表示ができるようになります。
スポンサーリンク

このページのURLをコピーする
Twitteでシェア facebookでシェア はてな ブックマーク LINEでシェア
この記事を書いた人
筆者 Yukiko Mishima
Yukio  PCエンジニアリング
PCサポート歴26年、Windows95 時代に自作PCの納入を始め、それに伴いパソコンのサポートを提供、主に現場の経験でコンピューター関連のスキルアップをしてきました。
現在のメインワークは、会社組織の PC 関連のサポート、サーバー構築とメンテナンス、WebサイトやWebシステムの制作。と Website パソブルの運営
問題や設定など Windows10 の記事一覧は、下記のページでご覧になれます。
Windows10 サポートコンテンツのリスト