自動起動するソフトを止めたい (レジストリ編集編)の説明を印刷する

スタートアップに登録されていないスパイウェアーの自動起動やウインドウズ10の起動が遅いなどの問題も解決できる場合があります。
Windows10の自起動時するソフトをレジストリの編集で止めることができます。但しタスクマネージャーの「スタートアップ」に無いもの止める考えが良いでしょう。
「スタートアップ」にあるものは自動起動の「無効」「有効」を切り替える事ができますので、自動起動が必要なものを誤って停止しても簡単に戻せます。
参考:Windows10 自動起動するソフトを止めたい(スタートアップ設定編)
レジストリに設定された値を削除する事になりますので選択操作などでは元に戻せません。元に戻したい場合は作業の前に必ず「Run」キーのバックアップ(エクスポート)しておいて下さい。

1. タスクバーの「検索フォーム」をクリックして「regedit」と入力します。
Windows10 タスクバー検索フォーム レジストリ エディタ
「regedit コマンドの実行」が結果として表示されますのでクリックします。

「ユーザーアカウント制御」の警告ウインドが現れますので、「はい」をクリックします。
ユーザーアカウント制御の設定を「通知しない」に設定されている場合はウインドはでません。
ユーザーアカウント制御 レジストリ エディタ
レジストリ エディターのウインドが開きます。

全てのユーザーの自動起動するソフトを止める
「HKEY_LOCAL_MACHINE」→「SOFTWARE」→「Microsoft」→「Windows」→「CurrentVersion」の順で、左側にあるフォルダーアイコンの横にあるマークをクリックして、ツリーを展開していき、「Run」をクリックし選択状態にします。
目的のソフト上を右クリックし、メニューが現れますので「削除」をクリックします。

右側に明記されている名前が自動起動するソフトです。どのソフトが自動起動で必要ないのかがわかる場合は、その名前の上で右クリックし、削除をクリックします。
よくわからないときや心配な場合は、目的の名前をGoogleなどの検索エンジンで検索し、削除しようとしているものが十分理解できる状態で削除作業をしましょう。
Windows10 レジストリーで自起動時するソフトを止める LOCAL_MACHINE

現在ログインしているユーザーの自動起動するソフトを止める
「HKEY_CURRENT_USER」→「SOFTWARE」→「Microsoft」→「Windows」→「CurrentVersion」の順で、左側にあるフォルダーアイコンの横にあるマークをクリックして、ツリーを展開していき、「Run」をクリックし選択状態にします。
目的のソフト上を右クリックし、メニューが現れますので「削除」をクリックします。
Windows10 レジストリーで自起動時するソフトを止める CURRENT_USER

レジストリエディタを終了します。次回コンピューターを再起動した時には削除されたソフトなどは起動しなくなります。

NOTE:
スパイウエアの削除の目的でレジストリの編集で削除をしたのにまた自動起動して悪戯しているようであれば、ウイルスに感染しているか、悪質なスパイウェアーなどのが入りこんでいる可能性があります。
早急に、ウイルス対策ソフトなどで全てのディスク領域をスキャンしたほうが良いでしょう。
自動起動するソフトの設定が「スタートアップ」「レジストリ」にも無い場合は、「サービス管理ツール」をチェックし「自動」「手動」「無効」の設定をします。