パソブル PCサポート

パソブル PCサポート

Windows10 のその他の設定はコチラからご覧になれます


Windows10 インストールディスクの作製方法「修復、セットアップ」

Last update

Windows10 のインストールディスクは Windows7 8 10 にて、マイクロソフトが提供するツールで簡単に作成する事ができます。作成できるメディアは、USBメモリ(推奨8Gb以上)とDVDディスクに対応しています。また、ISOファイルをダウンロードして保存することも可能です。  Windows10が起動しないときにも、作製した「インストールディスク」を利用すれば、比較的安全に修復作業ができますので、作製しておくこと便利です。作成したインストールメディアは別のパソコンにも利用できます。  このページでは、USBメモリとDVD のインストールメディアの作成を紹介しています。

インストールディスクの利用で、起動しない Windwos 10 の修復作業もできます。
Windows 10 が起動しないときに、インストールメディアで修復する方法  クリーンインストールのやり方は、下記のページをご覧ください。
クリーンインストールする「2つの方法」
起動しない状態でバックアップとクリーンインストール

スポンサーリンク

今回紹介するツールを使って、Winodws 7 や Windows 8 からwindows10 へのアップグレードができます。また Windows10 のバージョンアップデートにも利用できます。
※Windows XP Vista または Windows 以外のMacなどではこのツールは使えません、ダウンロードページでISOファイルをダウンロードして、インストールディスクを作成します。

-広告リンク-

インストールメディア作成ツールの実行(共通)


1.ツールのダウンロード
マイクロソフトの「Windows 10 のダウンロード」ページを開いてツールをダウンロードします。  ダウンロードページ:
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10
「ツールを今すぐダウンロード」をクリックし、「実行」または「保存」の好きな方法を選びます。  下図は「Internet Explorer 」です。
利用のブラウザにより表示形式などは異なります。
Windows 10 のダウンロードページ  2.ツール「MediaCreationTool」の実行
「保存」を選択した場合「MediaCreationTool」という実行ファイルが保存されていますので、クリックして開きます。  ダウンロードの「保存」「実行」共に、ツールを開く際に「ユーザーアカウント制御」の確認画面が現れますので「はい」をクリックします。  「準備ができるまで暫くお待ちくだださい」とメッセージが表示された後「ライセンス条項」画面が開きますので「同意する」をクリックします。  再度「準備ができるまで暫くお待ちくだださい」とメッセージが表示されます。
Windows 10 インストール条項  3.実行する操作を選択
「別のPCのインストールメディアを作成する」をクリックし選択し「次へ」をクリックします。  Windows 10 のダウンロードが始まりますので、ダウンロードが完了するまでそのまま待ちます。
Windows 10 インストールメディアを作成する  4.エディションなどを選択
初期状態では自動的に「このPCにおすすめ」が設定されています。
変更するには「このPCにおすすめのオプションを使う」をクリックしチェックマークを外せば、言語やエディション、アーキテクチャが変更できるようになります。  設定が済みましたら「次へ」をクリックします。  修復や再インストール(クリーンインストール)、上書きインストール用の場合は、必ず同じエディション(Home,Pro - 32,64Bit)を選択してください。
違うエディションでインストールすると、再認証が必要になります。

Windows 10 インストールメディアを設定  ここまでは共通の作業です。ここからは、USBメモリでインストールメディアを作成、またはISOファイルのダウンロードに進んでください。DVDでインストールディスクを作成する場合は「ISOファイルのダウンロード」をご覧ください。

USBメモリでインストールメディアを作成


インストールメディア作成の容量は、公式では4Gb以上となっていますが、バージョンが上がるにつれ、使用容量が増えているので8Gb以上を推奨します。また、インストールメディアの作成によりUSBメモリ内のデータは、全て削除されます。  「USBフラッシュメディア」を選択して「次へ」をクリックする前に「USBフラッシュメディア」をPCに接続しておきます。
USBメモリの図
USBメモリを接続していないと「フラッシュドライブが見つかりません。」と表示され、インストールメディアが作製できません。この場合「戻る」をクリックしてUSBメモリをPCに接続します。 
  • 「USBフラッシュメドライブ」を選択して「次へ」をクリックします。
    Windows 10 USBでインストールメディアの作成を選択
  • インストールディスクの作製に使用する、USBフラッシュドライブをクリックし選択して「次へ」をクリックします。
    Windows 10 インストールメディア USB
  • Windows 10 のインストールディスクの作製が開始されまので、終了するまで待ちます。かなり時間がかかる場合もあります。
    Windows 10 インストールメディアUSBを作成
  • 「USBフラッシュドライブの準備ができました」と表示されれば、USBのインストールメディアの作成は完了です。
    「完了」をクリックして画面を閉じます。
    Windows 10 インストールメディア USB完成

インストールメディアの作成ができない

インストールメディアの作成に失敗するようなら、以下を参考にしてください。
  • Windows10 標準の Defender 以外の、セキュリティソフトをインストールしているのであれば、止めてからインストールメディアの作成をする。セキュリティソフトの問題なら、エラーコード「0x80004005」が表示されることがあります。
  • USBメモリ自体に不具合があることも考えられるので、別のUSBメモリで作成する。

ISOファイルをダウンロード


ISOファイルをダウンロードして保存する場合、「ISOファイル」を選択して「次へ」をクリックすると、保存画面が表示されるので Windows10 のISOファイルを保存場所を設定します。
Windows10 のISOファイル保存  Windows 10 のインストールディスクの準備が開始されるのでそのまま待ちます。
Windows 10 インストールメディアを作成 
  • インストールディスクの準備が完了すると「ISO ファイルをDVDにコピーしてください」と表示されます。
  • 「完了」をクリックすると、ダウンロードしたISOファイルを保存した状態で、インストールディスクの作成をせず終了します。
  • 「保存場所」をクリックした場合は、保存したフォルダーを開いて選択することができます。
  • 「DVD 書き込み用ドライブを開く」をクリックした場合は、DVDインストールディスクの作成をすることができます。
Windows 10 インストールメディアをISOを作成  ここで「完了」をクリックしてDVDインストールディスクを作成せず、後でダウンロードした Windows10 のISOファイルから、USBのインストールメディアを作成する方法は、下記のページで紹介しています。
Windows10 のISOファイルからインストールメディアを作成する方法
スポンサーリンク
問題や設定など Windows10 の記事一覧は、下記のページでご覧になれます。
Windows10 サポートコンテンツのリスト

このページのURLをコピーする