PCサポート  

パソブル



Windows 10 をクリーンインストールする「2つの方法」

Last update

Windows10 のクリーンインストールは、インストールメディアを起動して行う方法と、Windows が起動した状態で実行ファイルからインストールする方法があります。
インストールメディアの起動でクリーンインストールする状況は、Windows10 が起動しない、もとのデーターを完全に削除(フォーマット)して初期化したい、または Windows10 を新規にセットアップするなどの場合です。


クリーンインストールによる認証について


初めて Windows10 をインストールする場合は、プロダクトキーを入力して認証する必要があります。
Windows10 を使用していたパソコンにクリーンインストールする場合、デジタル認証されていれば、そのパソコンをクリーンインストールしても「再認証」の必要はありません。
デジタル認証されているか調べる方法は、「Windows の設定」を開き「更新とセキュリティ」の「ライセンス認証」から確認できます。
Windows10 デジタル認証の確認
デジタル認証の表示がない場合でも、マイクロソフトアカウントで利用していたならライセンスが紐付けされいるので問題ありませんが、
ローカルアカウントの利用でディスクの起動からクリーンインストールを実行し、ディスクをフォーマットした場合、再認証が失敗することもあります。
失敗すればマイクロソフトに問い合わせ(末尾参照)、再認証ができる可能性もありますが、心配であればクリーンインストール時にディスクのフォーマットをせずにインストールします。
最善の方法はクリーンインストールする前に、「マイクロソフトアカウント」のユーザーを追加作成するか、ローカルアカウントをマイクロソフトに変更しておくことです。

Windows7/8 から Windows10 にアップグレードしたパソコンをクリーンインストールして、再認証に失敗するようであれば、元々インストールされていた Windows7/8 のプロダクトキーで認証することができます。
インストール後にライセンスの認証をする場所は、上述のデジタル認証の確認「ライセンス認証」にある「プロダクトキーを変更します」から操作します。


NOTE:
Windows の起動が必須ですが、アプリやデータを削除せず(削除も可)、そのまま使用ができる上書きインストールであれば再認証の心配はいりません。
上書きインストールの詳しい説明は、下記のページをご覧ください。
上書きインストールでアプリやデータを引継ぐ
他にも、Windows10 の搭載機能で初期化する方法もあります。
Windows10 を初期化する5つの方法


インストールメディアの作成


Windows 10 のインストールディスクの作成は、マイクロソフトが提供するツールで、USB メモリまたはDVDディスクを使用して、簡単に作成する事ができます。
作成には、起動できるパソコンが必要です。なければ知り合いや会社のパソコンで、インストールメディアの作成をしてください。
違うPCで作成したインストールディスクでも、他のどのパソコンでも利用できます。
インストールメディアの作成方法は、別ページで紹介しています。
Windows 10 インストールディスクの作製方法


クリーンインストールの方法


クリーンインストールの方法には、 インストールメディアの起動からと、Windows 10 を起動した状態からの、2つの方法があります。完全なクリーンインストールは、インストールメディアで起動し、ディスクをフォーマットしてインストールします。
クリーンインストールの前に!
パソコンに接続されているキーボードとマウス、インストールメディア以外の、クリーンインストールに必要としない周辺機器は、外しておきましょう!
クリーンインストールする2つの方法の違いは、以下をご覧ください。

インストールメディアの起動から
Windows10 が起動しない、または新規にインストールする場合はこちらです。
インストールメディアの起動で、クリーンインストールする場合は、ディスクドライブのフォーマットやパーテンションの変更や作成ができます。
ディスクドライブをフォーマットすることができるので、完全に新しい状態で Windows 10 がインストールされるようになります。
インストールするパソコンが Windows10 で利用していて、クリーンインストールする場合、プロダクトキーの入力せずに進みます。
インストールする Windwos10 が使用していた同じエディション(Home,Pro 32,64Bit)であれば再認証の必要はありませんが、注意点があります。
詳しくは上述の「クリーンインストールによる認証について」をみてください。
パソコンに初めて Windows10 インストールする場合、インストールの途中またはインストール後にプロダクトキーで認証する必要があります。
ライセンスの認証や確認は「Windows の設定」にある「更新とセキュリティ」にある「ライセンス認証」で操作します。


Windows10を起動した状態で
Windows10 を起動した状態で、インストールメディアにある実行ファイルで、クリーンインストールをします。
この実行ファイルでクリーンインストールする方法は、ディスクドライブのフォーマットやパーテンションの操作はできません。
フォーマットせずに既存のWindows10を削除して、新にWindows10をインストールする方法で、上書きインストールと同機能です。また、プロダクトキーの入力も必要ありません。
インストールメディアの起動との違いは、
ディスクドライブに Windows 10 が使うフォルダー(ユーザーなど)以外の、フォルダーがあれば削除されず残ります。

ドライブの容量に余裕があれば、「Windows.old」というフォルダーが作成され、
クリーンインストールで削除された、既存の Windows10 のシステムデーターや作成したファイルなどが保存されます。
それらのデーターなどは取り出すことができるので、ひとつのバックアップと考えても良いでしょう。
※インストールメディアの起動でもディスクのフォーマットをしない場合には、「Windows.old」ファイルが作成されます。
Windows.oldフォルダーは、必要が無ければ手動削除できまが、削除できない場合はアクセスの許可設定が必要になります。詳しくは下記のページをご覧ください。
アクセスが拒否されたデーターを削除する方法 Windows.old 以前のWindows10のバックアップ


ここから、
インストールメディアの起動」と「起動した状態」の方法を分けて紹介しています。

インストールメディアの起動からクリーンインストール


パソコンをインストールメディアで起動します。
起動デバイスの順位を、インストールメディア(DVDディスクまたはUSBメモリー)が一番最初に起動するように設定します。
起動デバイスの設定方法は、パソコンの電源を入れて直ぐに「Delete」や「F2」「F12」「F9」を押して、起動設定またはBIOS設定画面を表示するなど、メーカーや機種により違いますので、説明書を読んで設定してください。
インストールメディア(DVDディスクまたはUSBメモリー)の起動順位を、ハードディスクより先にすることで、そのメディアから起動することができます。

「Press any key to boot from CD or DVD ..._」と表示されたら、直ぐにキーボードのどのキーでもよいので押します。
インストールメディア Press any key to boot from CD or DVD
Windows 10 インストールメディアが起動します。
しばらくすると、言語などの初期設定画面が表示されます。
インストールメディアの起動開始
キーボートの種類や言語を選択して「次へ」をクリックします。
インストールの初期設定
「今すぐインストール」をクリックします。
「セットアップを始めています」表示されますので、しばらく待ちます。
今すぐインストールをクリック
「プロダクトキーがありません」をクリックします。
クリーンインストールする Windwos 10 が、現在使用している Windwos 10 と同じ(Home,Pro - 32,64Bit)であれば、再認証の必要はありません。 プロダクトキーがありませんをクリック
重要 現在使用している Windows のエディションやアーキテクチャと同じものを選択してください。
違うものを選択すると、再認証が必要になります。
確認して、間違いがなければ「次へ」をクリックします。
オペレーティングシステムの選択
「同意します」をクリックしてチェックマークを入れ「次へ」をクリックします。
ライセンス同意
重要 「カスタム:Windows のみをインストールする」をクリックします。
Windows のみをインストールするをクリック
Windwos 10 をインストールするディスクを選択
ディスクを確認して、間違いがなければ「フォーマット」をクリックし、警告が表示されたら「OK」をクリックします。
フォーマットが完了して「次へ」をクリックすると、クリーンインストールの実行が開始されます。
Windwos 10 がインストールされいるディスク
フォーマットしない
  • 上述でも説明しましたが、再認証が心配であればディスクのフォーマットせずに、ディスクを選択して「次へ」に進んでください。
  • 警告が表示されるますので「OK」をクリックします。
  • ディスクのフォーマットをしない場合には、「Windows.old」ファイルが作成されます。Windows.old に関しては、このページにあるWindows.oldの説明をみてください。
Windwos 10 がインストールされいるディスクをフォーマットしない

クリーンインストールの準備開始されますので、そのまま待ちます。
クリーンインストールの準備開始
クリーンインストールの準備が完了すれば「続けるには Windows を再起動する必要があります」と表示され、再起動後に起動画面が現れます。
暫くそのまま待ちます。
デバイスを準備してますなどのメッセージが表示され、何度か自動で再起動をした後、「お待ちください」と表示されます。
Windwos 10 がインストールされいるディスク
クリーンインストールが問題なく進めば、コルタナの画面が表示されます。
クリーンインストール、コルタナの案内画面
>つづきは、このページの「クリーンインストール完了前の初期設定」へ進んでください。


Windows10 を起動した状態でクリーンインストール

インストールメディアのファイルの中身を開き、「Setup」をダブルクリックします。
インストールメディアにある Setup をダブルクリック
「ユーザーアカウント制御」警告が表示されたら「はい」をクリックします。 ユーザーアカウント制御警告が表示されたら、はいをクリック
ISOファイルの開き方
  • ISOファイルを右クリックしたメニューの「プログラムから開く」をクリックします。
  • 「このファイルを開く方法を選んでください」と表示されるので「エクスプローラー」を選択し「OK」をクリックします。
Windows10 のISOファイルの開き方


クリーンインストールの設定

準備中の表示の後に、
ここからは、クリーンインストールを「インストールメディア」または「ファイル」から実行しても共通の操作です。
「重要な更新プログラムをインストールします」画面が開きます。
ネットに接続している環境なら、「今は実行しない」より少し時間がかかりますが、
「更新プログラムをダウンロードしてインストールする」を選択したほうが良いでしょう。
選択が済めば「次へ」をクリックします。
更新プログラムをインストールするかの選択、次へをクリック
「更新プログラムをダウンロードしてインストールする」を選択した場合、更新プログラムのチェックが始まります。
「今は実行しない」を選択した場合は、この画面は表示されません。
更新プログラムのチェックとダウンロード
準備をしていますの表示の後に、
「ライセンス条項」が表示されますので「同意する」をクリックします。
ライセンス条項、同意するをクリック
クリーンインストールなので、
この画面で「インストール」をクリックしないでください。
この状態で、インストールすると上書きインストールになります。
「引き継ぐものを変更」をクリックします。
引き継ぐものを変更をクリック
クリーンインストールなので、「何もしない」をクリックし選択して「次へ」をクリックします。
何もしないをクリックし選択して、次へをクリック
「何も引き継がない」と表示されていることを確認して、
「インストール」をクリックします。
何も引き継がないと表示されていることを確認、インストールをクリック
クリーンインストールが開始されます。
数回再起動します、
起動画面で止まっているように感じても「強制終了」などしないでください。
何時間も、起動画面から先に進まないときは、手動で再起動してみてください。
クリーンインストールが、引き続き開始されれば問題ありません。
まだ問題が発生しているようなら、インストールメディアを起動させて、再度クリーンインストールをしてみます。
※ 起動画面から先に進まない、インストールが何時間たっても終わらないなど「ディスクドライブ」に、問題が起きている場合もあります。
クリーンインストールの開始
クリーンインストールが問題なく進めば、コルタナの画面が表示されます。
クリーンインストール、コルタナの案内画面
>このページの「クリーンインストール完了前の初期設定」へ進んでください。


クリーンインストール完了前の初期設定(共通)


コルタナによる音声ガイダンスが始まります。
音声を消したい場合は「マイクのアイコン」をクリックします。
クリーンインストール 音声ガイダンス開始
暫くすると「お住まいの地域はこちらでよろしいですか?」と表示されますので選択して「はい」をクリックします。
クリーンインストール 住まいの地域
「キーボードレイアウトはこちらでよろしいですか?」と表示されますので「はい」をクリックします。
クリーンインストール キーボードレイアウト
「二つ目のキーボードレイアウトを追加しますか?」と表示されますので「スキップ」で良いでしょう。
必要なら後で設定ができます。
キーボードの設定「英語、日本語、その他の言語のキーボードの追加」 クリーンインストール キーボードレイアウトを追加
「個人用」または「組織用」をクリックします。
会社や学校などの組織でネットワークでPCを管理されていない状態なら、
「個人用」の選択でOKです。
「個人用」または「組織用」の設定

ユーザーアカウントの作成 ユーザーアカウントの種類は、マイクロソフトとローカルアカウントの二種類あります。また、アカウントの種類はインストールの後でも変更することができます。
参考:Windows10 ユーザーアカウントを Microsoft またはローカルに変更
※マイクロソフト アカウントでユーザーを作成することは強制ではありません。
クリーンインストール時に、ローカルアカウントの作成ができない場合
Windows10 のセットアップ時に、通常ではローカルアカウントの作成ができない場合があります。 ローカルアカウントを作成する方法は、以下の方法で対処することができます。
  • 予めインターネットの接続を解除して Windows10 をインストールする。
  • アカウントを作成する時点でインターネットの接続を解除して、前ページに戻り再度アカウント作成のページに進む。
    この方法は「ローカルアカウントでユーザーを作成」の項目で説明しています。
  • マイクロソフトアカウントを作成して 、インストール後にローカルアカウントに変更する。
  • インストール後に管理者権限でローカルアカウントを作成し、不要ならインストール時に作成したマイクロソフトアカウントを削除する。
    1. Windows10 ユーザーアカウントの作成
    2. Windows10 ユーザーアカウントの権限の種類を変更
    3. Windows10 ユーザーアカウントの削除

アカウントの「種類別」作成方法
マイクロソフトアカウントでユーザーを作成 既に登録している Microsoft アカウントでユーザーを作成する
マイクロソフトサービスで使用しているメール、または電話番号などを入力して「次へ」をクリックすると、 パスワードの入力画面が表示されるのでサインインします。
既存のMicrosoft アカウントでユーザーを作成
  • アカウントの保護の画面が表示された場合は、必要事項に入力して「次へ」をクリックするか、「スキップ」をクリックします。
  • 「PIN(パスワードの代替)を作成します」と表示される場合があります、PINを設定するなら説明どおりに操作し、必要なければ右上の「×」で画面を閉じてください。
    マイクロソフトアカウントのログイン用の「PIN」は、インストールの後でも設定できます。
    Windows10 パスワードの代わりに簡単なPINコードを使う
新規に Microsoft アカウントでユーザーを作成する
「アカウントの作成」をクリックします。
Microsoft アカウントを新規に作成
ボックスに入力できるアドレスは、Gmail/Yahoo/Microsoftなどの大手が提供しているメールサービスのメールアドレスのみ利用が可能です。
  • ここでGmailなどのメールアドレスを入力すると、MicrosoftはGoogleのアカウントの情報と紐付けして、Microsoft アカウントを作成します。例えば、Gmailで紐づけした場合 Gmailのメールアドレスとパスワードで、、Windows10 にログインするようになります。
  • メールサービスのメールアドレスを利用したくない場合は、「新しいメールアドレスを取得」をクリックします。
Microsoft アカウント新しいメールアドレスを取得
  • ボックスに好きなユーザー名を入力して、何もないところをクリックすると利用できるか確認ができます。
  • ユーザー名が既に登録されているならメッセージが表示されるので、違う名前を入力して確認します。
  • メッセージが表示され無い状態なら「次へ」をクリックします。
Microsoft アカウント名前の入力
パスワードを入力(設定)して「次へ」をクリックします。
Microsoft アカウントパスワードの入力
続いて、個人情報を入力していきます。国/地域や生年月日、名前などの個人情報を入力すれば Microsoft アカウントの新規作成は完了です。

ローカルアカウントでユーザーを作成 「オフライン アカウント」が表示されず、ローカルアカウントの作成ができない場合は「2.」に進んでください。
  • 「オフライン アカウント」は表示されている
    ローカルアカウントのユーザーを作成する場合は「オフライン アカウント」をクリックします。
    ユーザーアカウントの作成
    先の「オフライン アカウント」をクリックすると「代わりにマイクロソフトにサインインしますか」と表示されます。
    「いいえ」をクリックします。
    代わりにマイクロソフトにサインインしますか いいえをクリック
    この PC を使うのはだれですか?
    入力フォームに「ユーザーアカウント名」を入力して「次へ」をクリックします。
    ユーザーアカウント名の入力
  • 「オフライン アカウント」は表示されず、ローカルアカウントの作成ができない場合
    ローカルアカウントでユーザーを作成をする場合、ネット接続を解除して「←」アイコンをクリックして戻り、再度アカウントの作成へ進みます。
    ※インストール前に接続を解除している場合は、この操作をする必要はありません。
    ローカルアカウントの作成
    ボックスに「ユーザーアカウント名」を入力して「次へ」をクリックします。
    ローカルアカウント名の入力
↓ここからは「オフライン アカウント」の表示に関係なく同じ操作方法です。
確実に覚えやすいパスワードを作成します
入力フォームに「パスワード」を入力して「次へ」をクリックします。
「パスワードの確認」画面が表示されるので、もう一度同じパスワードを入力して「次へ」をクリックします。
パスワードの入力
このアカウントのセキュリティの質問を作成します
※ この設定は必須項目です。
  • パスワードを忘れた場合に、質問に答えると処理できるようになります。
  • 質問の内容を選択して「答え」を入力して「次へ」をクリックします。
  • 質問のページは全部で、3ページ表示されます。
  • 一度選択した質問の内容は別のページでは使用できません。
パスワードの答えを入力
これで、ユーザーアカウントの作成は完了です。あと少しの設定でインストールが完了します。
アクティビティの履歴を利用してデバイス間でより多くのことを行う
「はい」または「いいえ」をクリックします。アクティビティとは、作業履歴を記録するタイムラインなどの機能です。
この設定は、クリーンインストールの後でも設定ができます。
タイムラインの使い方
タイムラインの設定
Cortana をパーソナルアシスタントとして指定しますか?
「はい」または「いいえ」をクリックします。
この設定は、クリーンインストールの後でも設定ができます。
Cortana の設定と使い方
Cortanaの設定
デバイスのプライバシーの設定
ボタンをクリックすれば無効、有効の設定ができます。
設定が終われば「同意」をクリックします。 この設定はクリーンインストールの後でも「Windows の設定」の「プライバシー」から設定ができます。
プライバシーの設定
クリーンインストールの完了
暫くそのまま待ちます。環境により自動で再起動する場合もあります。
なかなか進まないからと言って、強制終了するようなことはやめてください。
デスクトップ画面が表示されれば、クリーンインストールの完了です。
クリーンインストールの完了

※クリーン(再)インストールで認識の問題が発生した場合は、マイクロソフトへ問い合わせて認証作業をします。


スポンサーリンク

このページのURLをコピーする

その他 Windows 10 の問題や設定はこちらのページをご覧ください。
Windows 10 のサポートコンテンツ