PCサポート  

パソブル

Windows10 のその他の設定はコチラからご覧になれます


Windows Defender は最初からインストールされているセキュリティプログラムです。リアルタイムで脅威を常にスキャンしてるので、パソコンが重くなる一つの要因です。
別途ウイルス対策ソフトをインストールしている場合は、Windows Defender を完全に無効にすることで、パソコンの動作が軽くなる場合もあります。

このページでは Windows Defender をレジストリの編集で、完全に無効化する方法を紹介しています。
Defender を一時的に「無効」にする場合は「Windows セキュリティ」から簡単に操作ができます。
Windows Defender「無効|有効」の切換え方法


スポンサーリンク

レジストリ エディターを開く

レジストリの編集を誤ると Windows が正常に動作しないことががあります。
編集前にバックアップを作成してから、レジストリの操作を行ってださい。
レジストリ キーのバックアップと復元

「Windows」マークを右クリックするとメニュが現れますので「ファイル名を指定して実行」をクリックしウインドを開きます。
ファイル名を指定して実行のテキストボックスに「regedit」と入力し「OK」をクリックします。

ユーザーアカウント制御の警告が表示されたら「はい」をクリックしてください。
ユーザーアカウント制御の設定を「通知しない」に設定されている場合は表示されません。(参考:UAC無効にする)
Windows10 レジストリエディタを開く

レジストリの編集
レジストリエディタの左側メニューのアイコンをクリックして、展開していきます。
▼ HKEY_LOCAL_MACHINE
▼ SOFTWARE
▼ Policies
Microsoft と順に展開していきます。

Windows Defender」をクリックして選択状態にします。
レジストリ エディタ Windows Defender

「Windows Defender」を右クリックして、サブメニューを開きます。
「編集」→「新規」→「DWORD(32ビット)」をクリックして、
新規に「DWORD値」を作成します。
レジストリ エディタ Windows Defender

  • 新規に作成した「DWORD値」の名前を「DisableAntiSpyware」に変更します。
    名前の変更は目的の値を右クリックし「名前の変更」で実行できます。
  • 名前が変更された「DisableAntiSpyware」を右クリックして「修正」をクリックします。
  • 「値の編集」が表示きますので、値のデーターを「1」に変更します。
Defender 無効 レジストリ エディタ
※「Defender」を再度有効にするには、作製した値を削除して再起動します。
再起動しても有効にならないない場合は、もう一度再起動します。

無効化の実行
レジストリの編集ですので、無効化を確定するにはパソコンを再起動します。
windows10 再起動

無効化の確認
タスクバーの「検索ボックス」または「検索アイコン」をクリックして「Defender」と入力し、「Windows Defender」が結果として表示されますのでクリックします。
Windows Defender 検索

「ウイルスと脅威の防止」に警告マークが表示され、クリックして「ウイルスと脅威の防止は、組織によって管理されます」と表示されれば「Windows Defender」が完全に無効になっています。
Windows Defender無効化成功

これで Windows Defender の無効化は完了です。


スポンサーリンク


このページのURLをコピーする


その他 Windows 10 の問題や設定はこちらのページをご覧ください。
Windows 10 のサポートコンテンツ