PCサポート  

パソブル

Windows10 のその他の設定はコチラからご覧になれます


Windows 10 Windows Defender「無効|有効」の切換え方法

Last update

Windows Defender とは最初からインストールされている、セキュリティ対策ソフトです。 Windows Defender の関係で、アプリなどに支障が出るなど、一時的に「無効」にして対処することができます。
このページでは、Defender の一時的な無効/有効の切換え方法を紹介しています。
通常の操作では無効しても暫くすると自動的に有効になります。完全に無効化する場合は、下記のページをご覧ください。
Windows Defenderを完全に無効化する


スポンサーリンク


Windows Defender の無効 / 有効


スタートメニューをクリックし、メニューの「設定」をクリックします。
スタートメニューから設定を開く
「Windowsの設定」が表示されたら「更新とセキュリティ」をクリックします。
Windowsの設定 更新とセキュリティ
「Windows セキュリティ」をクリックして設定画面の、「Windows セキュリティを開く」をクリックします。
Windows Defender 設定
Windows セキュリティ画面が表示されたら「ウイルスと脅威の防止の設定に」にある「設定の管理」をクリックします。
Windows Defender ウイルスと脅威の防止設定
「リアルタイム保護」にあるスイッチボタンをクリックすると「オン(有効)|オフ(無効)」の切り替えができます。
Windows Defender リアルタイム保護 設定
ユーザーアカウント制御が表示されたら「はい」をクリックします。
Windows Defender リアルタイム保護 無効
スイッチボタンが「オフ」になれば、Defender の無効は完了です。
※再起動や一定時間が経過すると Defender は自動的に「オン 有効」になります。


バージョン 1709 以前の無効 / 有効


スタートメニューをクリックし、メニューの「設定」をクリックします。
[Creators Update 以前]スタートメニューから設定を開く
「Windowsの設定」ウインドが開きますので「更新とセキュリティ」をクリックします。
[Creators Update 以前]Windowsの設定 更新とセキュリティ
「Windows Defender」をクリックします。
[Creators Update 以前]Windowsの設定 更新とセキュリティ Defender
「リアルタイム保護」をクリックし、「オン 有効」「オフ 無効」を切り替えます。
オン(有効) オフ(無効)
[Creators Update 以前]Windows Defender On Off
※この設定はでは Defender「オフ 無効」にしても、図中に書いてあるように一時的にしか無効にできません。


スポンサーリンク

このページのURLをコピーする

その他 Windows 10 の問題や設定はこちらのページをご覧ください。
Windows 10 のサポートコンテンツ