パソブル PCサポート  
ページトップへ移動

Windows10 Windows Defender「無効/有効」の切換え方法

前回更新日
最新更新日

Windows Defender とは、Windows10 に標準搭載されている、ウイルス セキュリティ対策ソフトです。 Defender の関係で、アプリが使えないファイルの利用で誤検知され支障が出る場合、一時的に保護を「無効」にして対処することができます。  このページでは、Defender の一時的な無効/有効の切換え方法を紹介しています。
通常の操作では無効にしても暫くすると、自動的に有効になります。完全に無効化する方法は、下記のページをご覧ください。
Windows Defenderを完全に無効化する


スポンサーリンク

Windows Defender の無効 / 有効


Defender の完全有効化
Windows Defender 自体が既に無効化されていて、有効化できない対処法は下記のページをご覧ください。
Windows10 Defender が有効化できない

セキュリティ(Defender)の設定を開く
「Windows」マークをクリックし、左のアイコンが表示されている場所にマウスポインターを合わせると、メニューが開くので「設定」をクリックします。
スタートメニューから設定を開く  Windows の設定画面の「更新とセキュリティ」をクリックします。
Windowsの設定 更新とセキュリティ  「Windows セキュリティ」をクリックして設定画面の、「ウイルスと脅威の防止」をクリックします。
Windows Defender 設定  Windows セキュリティ画面が表示されたら「ウイルスと脅威の防止の設定」にある「設定の管理」をクリックします。
Windows Defender ウイルスと脅威の防止設定  「リアルタイム保護」にあるスイッチボタンをクリックすると「オン(有効)|オフ(無効)」の切り替えができます。
Windows Defender リアルタイム保護 設定  ユーザーアカウント制御が表示されたら「はい」をクリックします。
Windows Defender リアルタイム保護 無効
スイッチボタンが「オフ」になれば、Defender の一時的な無効は完了です。
※再起動や一定時間が経過すると Defender は自動的に「オン 有効」になります。  特定のファイルやフォルダ、アプリを Defender にウイルスの検知をさせないこともできます。詳しくは下記の別ページで紹介しています。
indows10 Defender 特定のフォルダやファイルの検知を除外する

バージョン 1709 以前の無効 / 有効


スタートメニューをクリックし、メニューの「設定」をクリックします。
[Creators Update 以前]スタートメニューから設定を開く  「Windowsの設定」ウインドが開きますので「更新とセキュリティ」をクリックします。
[Creators Update 以前]Windowsの設定 更新とセキュリティ  「Windows Defender」をクリックします。
[Creators Update 以前]Windowsの設定 更新とセキュリティ Defender  「リアルタイム保護」をクリックし、「オン 有効」「オフ 無効」を切り替えます。
オン(有効) オフ(無効)
[Creators Update 以前]Windows Defender On Off  この設定はでは Defender「オフ 無効」にしても、図中に書いてあるように一時的にしか無効にできません。
スポンサーリンク

このページのURLをコピーする
Twitteでシェア facebookでシェア はてな ブックマーク LINEでシェア
この記事を書いた人
筆者 監修 Yukiko Mishima
Yukio  PCエンジニアリング
PCサポート歴26年、Windows95 時代に自作PCの納入を始め、それに伴いパソコンのサポートを提供、主に現場の経験でコンピューター関連のスキルアップをしてきました。
詳しいプロフィールや運営に関してはこちら
問題や設定など Windows10 の記事一覧は、下記のページでご覧になれます。
Windows10 サポートコンテンツのリスト