PCサポート  

パソブル

Windows10 のその他の設定はコチラからご覧になれます


Windows 10 のユーザーアカウントは、ローカルアカウントと Microsoft アカウントの2つの種類があります。
現在のユーザーアカウントがどちらかわからなくても、作業を通して確認できます。
ユーザー アカウントのパスワードを変更は、アカウントの設定から変更します。

ローカルアカウントとは、任意のユーザー名とパスワードを設定したアカウントです。
Microsoftアカウントとは、Microsoft社が提供するオンラインサービスのユーザー名とパスワードを利用したアカウントです。
Microsoftオンラインサービスとは、メールサービスのOutlook.com(旧 Hotmail)やOneDrive、Office Onlineなどです。

ユーザーアカウントの名前の変更はこちらをご覧ください。


スポンサーリンク

1. スタートメニューをクリックし、メニューの「設定」をクリックします。
スタートメニューから設定を開く

2.設定画面が開きますので「アカウント」をクリックします。
設定 アカウント設定開く

アカウントの設定画面が開きますので「サインインオプション」をクリックします。
※アカウントの種類は、青枠部分に「ローカルアカウント」と表示されている場合は、ローカルアカウントです。
サインインオプションをクリックします。
アカウント「サインインオプション」開く

パスワードが変更できる画面が現れますので「パスワード」下の「変更」をクリックします。 アカウント パスワードの変更準備画面

3.パスワード変更の画面が開きますので「現在のパスワード」フォームに現在使用しているパスワードを入力し「次へ」をクリックします。
ローカルアカウントで、現在使用しているパスワードを忘れた場合は、こちらをご覧ください。
アカウント パスワードの変更「現在のパスワード」入力

4.新しいパスワードの入力画面が開きますので「新しいパスワード」と「パスワードの確認入力」に新しいパスワードを入力し「次へ」をクリックします。
パスワードのヒントも入力しておいた方が安全です。 アカウント パスワードの変更「新しいパスワード」入力

4.「完了」をクリックして、パスワードの変更は終了です。
次回「サインイン」の時は、ここで設定した「新しいパスワード」でサインインします。
アカウント パスワードの変更「完了」
パスワードの入力を省略する自動サインインの設定をしている場合は、変更されたパスワードで、もう一度自動サインインの設定をする必要があります。



スポンサーリンク
 




その他 Windows 10 の問題や設定はこちらのページをご覧ください。

Windows 10 のサポートコンテンツ