PCサポート  

パソブル

Windows10 のその他の設定はコチラからご覧になれます


Windows10 のシステム関連のファイルやフォルダーなど、通常使用するためのオペレーティングに必要のないものは表示されない「隠しファイル」の設定になっています。
設定などで隠しファイルやフォルダーにアクセスしたいなど、隠れていればみつけることもできません。
隠れているフィルやフォルダーを表示させるには、エクスプローラーの表示設定または、フォルダーオプションの設定で表示させることができます。


スポンサーリンク

エクスプローラーで、隠しファイルを表示する設定


エクスプローラーの「表示」をクリックし「隠しファイル」をクリックしチェックマークを入れれば完了です。
エクスプローラーで隠しファイルを表示

フォルダーオプションで、隠しファイルを表示する設定<


1. フォルダーオプションを開きます。
エクスプローラーの「ファイル」をクリックすると、メニューが現れますので[フォルダーと検索のオプションの変更]または「オプション」をクリックします。
Windows10のフォルダーオプション開く

2.フォルダーオプションウィンドが開きますので「表示」をクリックします。
Windows10のフォルダーオプション ウインド

3.「詳細設定」にある「隠しファイル、隠しフォルダー、またはドライブを表示する」をクリックで選択して「OK」または「適用」をクリックすれば完了です。
元に戻す場合は「隠しファイル、隠しフォルダー、またはドライブを表示しない」を選択します。
フォルダーオプション 隠しファイル設定

エクスプローラーで、隠しファイルの表示する設定をしても、全てのファイルが表示できるわけではありません。
さらに、起動関連ファイルのなどの「オペレーティング システムファイル」は非表示の状態です。
これらのファイるの表示が必要であれば、フォルダーオプションん詳細設定にて「保護されたオペレーティング システムファイルを表示しない」の選択マークを外します。
但しこれらのファイルは、Windows 10 の起動ファイル等が含まれていますので危険です、必要がなければ選択マークを付けて表示しないように設定する事をお勧めします。


スポンサーリンク
 




その他 Windows 10 の問題や設定はこちらのページをご覧ください。

Windows 10 のサポートコンテンツ