PCサポート  

パソブル



Windows 10 がマイクロソフト ストアのお勧めアプリを勝手にインストールすることがあります。これは Windows10 の仕様で、インストールされるアプリは LINE などと使用環境によって異なります。

お勧めアプリを勝手にインストールさせないためには、ストアの設定でアプリの自動更新をオフにすれば止めることができます。
ただし自動更新をオフにした場合、マイクロソフト ストアからインストールされているアプリの更新は手動で行う必要があります。


スポンサーリンク


お勧めのアプリを勝手にインストールさせない


スタートメニューの「Microsoft Store」または「Microsoft Store アイコン」をクリックします。
Microsoft Store を開く

Microsoft Store 画面の向って右側にある「・・・」アイコンをクリックし、メニューの「設定」をクリックします。
Microsoft Store の設定を開く

設定画面にある「アプリを自動的に更新」のスイッチボタンをクリックして「オフ」にします。
これで、お勧めのアプリは勝手にインストールされなくなります。 Microsoft Store の設定を開く


ストア アプリを手動で更新する


スタートメニューの「Microsoft Store」または「Microsoft Store アイコン」をクリックします。
Microsoft Store を開く

Microsoft Store 画面の向って右側にある「・・・」アイコンをクリックし、メニューの「ダウンロードと更新」をクリックします。
クリックすると、直ぐに更新のチェックが開始されます。
ストア アプリの手動更新

更新のチェックが始まり、更新が必要あればアプリは自動でアップデートされ、ダウンロードと更新画面が表示されます。
ストア アプリの手動更新完了
これで、マイクロソフト ストアアプリの更新は完了です。

勝手にインストールされたアプリの自動起動を止める、または削除する方法は下記のページをご覧ください。
LINEなどのアプリが勝手に起動するようになった


スポンサーリンク
 




その他 Windows 10 の問題や設定はこちらのページをご覧ください。

Windows 10 のサポートコンテンツ