パソブル PCサポート  

パソブル

ページトップへ移動

Windows10 バックグラウンドアプリの有効/無効化

Last update

Windows10 でアプリを開いて操作していなくても、常に実行状態にする「バックグラウンド アプリ」機能があり、いくつかのアプリが登録されていてます。バックグラウンド アプリは「有効/無効」の選択ができるので、常時実行の必要がないアプリなら無効にすることで、PCへの負担も軽減されます。  ここでは、バックグラウンドアプリの、有効/無効化の設定方法を紹介しています。

スポンサーリンク
-広告リンク-

バックグラウンド アプリについて


バックグラウンド アプリは、アプリを開いて利用していなくても、メールや同期機能などの送受信を行ったりして通知を受取ったり、アップデートの確認など、アプリが実行を続けられることができます。  バックグラウンド アプリは、自動でアプリが実行されるものではありません。アプリを開いて最小化して操作をしなくとも、バックグラウンドで実行され続ける機能です。  自動でアプリが実行されるのは、「スタートアップ アプリ」です。起動時に実行されるアプリの、有効/無効化は下記のページで紹介しています。
Windows10 システム標準のスタートアップの有効/無効


バックグラウンド アプリの設定


「バックグラウンド アプリ」は、Windows の設定のプライバシーで管理されていて、スイッチボタンで簡単に「有効/無効」の設定ができます。
バックグラウンド アプリの設定を開く
「Windows」マークをクリックし、左のアイコンが表示されている場所にマウスポインターを合わせると、メニューが開くので「設定」をクリックします。
スタートメニューから設定を開く  「Windows の設定」が開いたら「プライバシー」をクリックします。
プライバシーの設定を開く  プライバシーの設定画面が表示されたら、項目をスクロールして「バックグラウンド アプリ」をクリックします。
バックグラウンド アプリの設定を開く
バックグラウンド アプリの有効/無効化
バックグラウンドアプリの有効/無効化は、アプリ毎と全アプリの選択技があります。  全てのバックグラウンドアプリの有効/無効化 全てのバックグラウンドアプリの実行を無効化にする場合、「アプリのバックグラウンド実行を許可」するスイッチボタンをクリックして「オフ」にします。
ここを「オフ」にすると、登録されているバックグラウンドアプリの設定が、自動で全て「オフ」になります。
全てのバックグラウンドアプリを無効化する  アプリ毎でバックグラウンドの有効/無効化 アプリの毎のバックグラウンドの実行の設定は、アプリ名のスイッチボタンの「オン/オフ」で設定します。
全てのバックグラウンドアプリを無効化する
バックグラウンドアプリの有効/無効化を有効にするには、アプリを使用しているなら再起動が必要です。
スポンサーリンク
問題や設定など Windows10 の記事一覧は、下記のページでご覧になれます。
Windows10 サポートコンテンツのリスト


このページのURLをコピーする
Twitteでシェア facebookでシェア はてな ブックマーク LINEでシェア