PCサポート  

パソブル


  • ▶ 
  • ▶ 
  • ▶ 標準機能で画面のキャプチャと動画を録画する方法「スクリーンショット」

Windows 10 の標準機能で画面のキャプチャと動画を録画する方法「スクリーンショット」

Last update

Windows10 では標準機能のスクリーンショットが強化され、全画面やアクティブウインドの画面コピーに加え、範囲を指定してキャプチャしたり、アプリの画面の動画を撮ることもできます。

このページでは、画面キャプチャとアプリ画面を録画する操作方法を紹介しています。
Windows10 では画面キャプチャ撮って、画像にスケッチを描くアプリも標準で搭載されています、詳しくは下記のページをご覧ください。


スポンサーリンク


画面キャプチャ


画面のキャプチャは、主にキーボードの操作で行います。キャプチャ操作は画面の範囲を指定する方法と、開いているアプリなどのウインドを指定、または全画面のキャプチャが可能です。

範囲を指定してキャプチャ


画面キャプチャの開始
キーボードの『Windows』+『Shift』+『S』を同時に押します。
キャプチャの操作画面は黒い透明なスクリーンで覆われいて、上部に操作アイコンが表示されています。
キーボードCtrl+Alt+Delete
中止するときは「Esc」を押すか「×」アイコンをクリックすると選択画面が消えます。
キャプチャの実行
マウスを左クリックしたままカーソルを移動して、キャプチャする範囲を選択します。
クリックを放すと直ぐに画面キャプチャの操作画面が消え、クリップボードにコピーされ張り付けできる状態になります。
キーボードCtrl+Alt+Delete
操作アイコンの説明
  • 画面キャプチャ四角形で選択アイコンキャプチャ範囲を四角形で選択する。
  • 画面キャプチャフリー選択アイコンキャプチャ範囲を自由に選択する。
  • 画面キャプチャ全画面選択アイコン全画面をキャプチャする。

キャプチャ範囲の選択後に、貼付け操作を行えば範囲を選択したキャプチャ画像を貼付けることができます。
クリップボードの履歴を有効にしていれば、キャプチャした画像やコピーしたものが保存されるので、直ぐに貼付けをしなくても後で履歴から操作することができます。
Windows10 クリップボード履歴でキャプチャやコピーしたものを保存


ウインドを指定してキャプチャ


キャプチャしたいウインドをアクティブ(最前面)にすることで、そのウインドのキャプチャができます。
キーボードの『Alt』+『Print』を同時に押すと、クリップボードにコピーされ張り付けできる状態になります。
アクティブウインドのキャプチャAlt+Print


全画面をキャプチャ


全画面キャプチャは、全ての画面状態をタスクバーも含めてキャプチャします。
キーボードの『Shift』+『Print』を同時に押すと、クリップボードにコピーされ張り付けできる状態になります。
全画面キャプチャ Shift+Print
全画面キャプチャで同時に画像を保存したい場合は、キーボードの『Windows』+『Print』で、ピクチャフォルダのスクリーンショットに保存されます。


画面キャプチャできない


画面キャプチャができない
パソコンやキーボードによっては、操作方法やキーの表記が違うことがあります。
『Print』キーの表記が、「Print Screen」や「Prt Sc」「Prt Scr」のように「Ptr」と表記されているキーボードがあります。
『Fn』キーの使用でキャプチャができる場合があるので試す。
  • 『Fn』+『Alt』+『Print』
  • 『Fn』+『Print』
  • 『Fn』+『Shift』+『Print』

画面キャプチャが突然できなくなった
パソコンを再起動します。システムの不具合がなければ、ほとんどの場合再起動することで改善されます。
システムの修復は下記のページを参考にしてください。
チェックディスクでシステムファイルを修復
システムの復元の使い方


動画キャプチャ


Windows10 標準機能の画面の動画キャプチャは、主にゲームアプりを録画する仕様ですが、ブラウザなど他のアプリの動画も録画することができます。
※動画キャプチャ機能の正式名称は「ゲーム バー」です。

動画キャプチャの操作


基本操作

ここでは、動画キャプチャの基本的な操作方法を紹介しています。
動画を録画する操作方法は、次項で紹介しています。
操作パネルを開く
動画キャプチャはキーボードの『Windows』+『G』を同時に押して、操作パネルを開きます。
実際に動画を録画するには、先にアプリの選択が必要です。「次項参照」
動画キャプチャ Windows+G
操作アイコンの説明
画面の動画を録画するだけなら「録画を開始」をクリックすればOKです。
  • 画面のスクリーンショットスクリーンショット
    静止画面をキャプチャして「キャプチャフォルダ」に保存する。
  • 動画キャプチャ直前の30秒を録画直前の30秒を録画する
    この機能を使うには「バックグラウンドの録画」を有効にする必要があります。
  • 動画キャプチャ録画を開始録画を開始
    クリックすると動画の録画を開始しされ、アイコンが「■」停止に変わります。
  • 動画キャプチャマイクの操作マイクの操作
    マイクをオンにすると、マイクから外部の音が録音されるようになります。
  • 動画キャプチャストリーミングの開始ストリーミングの開始
    この機能を使うには「Xbox Live」にサインインする必要があります。

キーボードから操作する方法
  • ゲームバーを開くゲームバーを開く
  • ゲームバー録画の開始/停止録画の開始/停止
  • ゲームバー画面キャプチャ画面のキャプチャ
  • ゲームバーマイクの有効/無効マイクの有効/無効
  • ゲームバー録画タイマーの表示/非表示録画タイマーの表示/非表示
  • ゲームバーバックグラウンドの録画を保存バックグラウンドの録画を保存

「ゲーム バー」に関する詳しい情報は、マイクロソフトの公式ページをご覧ください。
Windows 10 でゲーム バーを使用する

動画を録画する

ここではブラウザアプリの「Edge」を例に説明しています。
  • 動画を撮りたいアプリのウインドをクリックなどして、アクティブウインド(最前面)にします。
  • キーボードの『Windows』+『G』を同時に押して操作パネルを開きます。
動画キャプチャ、録画の準備
  • 操作パネルにアプリの名前が表示されていいることを確認します。
  • 操作パネルの動画キャプチャ録画を開始「録画を開始」をクリックすると、直ぐに録画が開始されます。
  • 録画が開始されると、録画の停止用のパネルが表示されます。
  • 画面をクリックすると「操作パネル」は消えますが、「録画の停止用パネル」は表示されているので、停止する場合はそれを利用します。
動画キャプチャ、録画の開始
録画しているアプリのウインドを閉じたり最小化すると、録画は自動で終了されます。
これで動画キャプチャの操作方法の説明は終わりです。次に初期値で動画が保存されている場所を紹介します。


動画の保存場所

動画の録画の保存フォルダは、既定値では「ビデオ」フォルダ内にある「キャプチャ」フォルダです。
動画キャプチャ既定値の保存場所
キャプチャフォルダがない、または保存されていない場合は「Windows の設定」の「ゲーム」で確認します。
スタートメニューをクリックし、メニューの「設定(歯車アイコン)」をクリックします。
スタートメニューからWindowsの設定を開く
「ゲーム」をクリックして表示された画面の「キャプチャ」をクリックします。
Windowsの設定のゲームをクリック
「フォルダを開く」をクリックすると、保存場所が表示されます。
動画キャプチャの保存場所
このキャプチャ画面では、他にも録画時間や画質など詳細な設定ができます。


動画キャプチャできない

動画キャプチャができない場合は、パソコンが動画キャプチャ機能に対応できないか「ゲームバー」が無効になっている場合があります。
どちらも、ゲームの設定画面から確認できます。設定画面の開き方は、上述の「動画の保存場所」をみてください。
ゲームバーが有効化確認する
「ゲームバーを使ってゲーム クリップ、スクリーンショットを記録し、ブロードキャストする」のスイッチボタンが「ON」になっているか確認。 ゲームバーの有効/無効の確認
パソコンが動画キャプチャに対応しているか確認する
赤文字でメッセージが表示されていれば、パソコンが対応していないので動画キャプチャは利用できません。
PCのゲームバーの対応状態

Tips:
ゲームバー(動画キャプチャ)を有効にしてる場合で、録画したことがあるアプリを起動すると「今の動画をキャプチャするには…」と通知されることがあります。
表示させたくない場合は、ゲームバーの通知を「オフ」にします。
Windows10 の通知のポップアップを消す
Windows10 のスクリーンショットの標準機能として、他にも便利な「Snipping Tool」がありますが、廃止が予定されているとのことで紹介していません。
Snipping Tool はスタートメニューの「Windows アクセサリ」にあるショートカットアイコンから開いて、マウス操作で簡単に利用ができます。


スポンサーリンク

このページのURLをコピーする

その他 Windows 10 の問題や設定はこちらのページをご覧ください。
Windows 10 のサポートコンテンツ