パソブル PCサポート  
ページトップへ移動

Windows 10 IEが消えたなど使えなくなった時の修復方法

前回更新日
最新更新日

Windows10 の Internet Explorer 11 が消えたなど IEが突然使えなくなった場合は、Windows の機能で IEの確認と修復(IEの再インストール)をします。IEは消えていないけど不具合で使えない場合も、IEの再インストールで修復します。 IEを起動すると強制的に Edge に切り替わる場合は、末尾の IE11 のサポート終了についてをご覧ください。 このページでは、IEが消えたり使えなくなった時の修復方法を紹介しています。
IEでサイトを開くと自動で Edge に切替わり、IEが使えなくなる設定を無効化にする方法は、下記の別ページをご覧ください。
Windows10 IEを開くとEdgeに切替わるのを止める


スポンサーリンク


IEが消えたりIEの不具合の修復方法

IEが消えたりIEの不具合が発生したときの修復は、最初に Windows の機能で Internet Explorer の無効/有効の確認をして、次にインターネットエクスプローラーの再インストールします。 

Windows の機能でIEの設定を確認

Windows の機能を開く
「Windows」マークをクリックし、表示された「メニュー」をスクロールさせ「W」にある「Windows システム ツール」をクリックして展開し「コントロールパネル」をクリックします。
Windows10 スタートメニュー コントロールパネル  コントロールパネルが表示されたら、「プログラム」をクリックします。
コントロールパネルのプログラムを開く  プログラムが表示されたら、「Windows の機能の有効化または無効化」をクリックします。
コントロールパネル Windows の機能を開く  「Windows の機能」が開いたら、「Internet Explorer 11」のボックスを確認します。下図は有効化の状態です。
Windows の機能  Internet Explorer をチェック
チェックマークの有無を確認したら、次の修復へ進んでください。

IEの再インストールで修復


インターネットエクスプローラーが使えない場合は、以下のような手順で確認と再インストールで修復します。

IEの修復方法の概要

  • 最初に Windows の機能で Internet Explorer が無効になっていないか確認します。無効になっているなら「有効化」します。
  • 有効化されているのに使えない状況なら、一旦無効化にした後に有効化しインターネットエクスプローラーの再インストールをします。
※環境により、修復で Internet Explorer の設定が初期化される場合があります。
※修復の前に作業中のデータがある場合は、先に保存しておいてください。
それでは、チェックマークの有無で、IEの修復操作の紹介をしていきます。

IEが有効になっていない

アップデートなどでIEが無効化され、IEが消えるることもあります。Windowsの機能でIEにチェックマークを付けて有効化し、IEを再インストールします。  1.「Windows の機能」の「Internet Explorer 11」をクリックして、チェックマークを付けて「OK」をクリックします。
Windows の機能  Internet Explorer の有効化  2.「OK」をクリックすると、確認メッセージが表示されるので「はい」をクリックします。
Windows の機能  Internet Explorer の設定確認  3.「必要なファイルを検索しています」と表示され、暫くすると「必要な変更が完了しましたと表示」します。
Windows の機能  Internet Explorer の設定確認  作業中のファイルなどないなら「今すぐ再起動」をクリックします。 
  • 再起動後に Internet Explorer 11 が有効化されるので確認します。
  • まだ、使えないようなら、末尾の「システムファイルチェッカーでIEを修復」を参考にしてください。

IEは有効になっている

チェックマークが付いていて、IEが有効化になっている場合は、一旦無効化にしてインターネットエクスプローラーを再インストールして修復します。  1. IEを無効化する
「Internet Explorer 11」をクリックして、チェックマークを外します。
Windows の機能  Internet Explorer の設定  「OK」をクリックすると、確認メッセージが表示されるので「はい」をクリックします。
Windows の機能  Internet Explorer の設定確認  「必要なファイルを検索しています」と表示され、暫くすると「必要な変更が完了しましたと表示」します。
Windows の機能  Internet Explorer の設定確認  作業中のファイルなどないなら「今すぐ再起動」をクリックします。  2. IEを有効にして、再インストールする
再起動後「Windows の機能」を開き、「Internet Explorer 11」をクリックして、チェックマークを付けて「OK」をクリックします。
Windows の機能  Internet Explorer の有効化
  • この後は、無効化と同じ操作です。確認メッセージが表示され、変更の完了後に「再起動」ボタンが表示されるので、クリックします。
  • 再起動後に Internet Explorer 11 が再構築されるので、使えるか確認します。
  • まだ、使えないようなら、末尾の「システムファイルチェッカーでIEを修復」を参考にしてください。

システムファイルチェッカーでIEを修復

IEの再インストールでもまだ不具合がある場合は、IEに関連するシステムファイルの欠損や破損が原因の場合もあります。  インターネットエクスプローラーの再構築や、有効化でもまだ使えない場合は、システムファイルの修復をすれば問題が解決する場合もあります。  システムファイルチェッカーでの修復方法は、下記のページで詳しく紹介しているので、そちらをご覧ください。
Windows10 コマンドプロンプトでシステムファイルを修復

IE11 のサポート終了について


Internet Explorer 11 は2022年6月15日以降の更新プログラムのインストールなどにより順次サポート終了が適用され、以前は IEを開くと時々 Edge で開くか選択の画面が出ていましたが、サポートの終了が提供されると、選択できず強制的にEdgeが開くようになります。マイクロソフト公式 IE11 サポート終了のアナウンス  利用している WebサイトやWebシステムが IE でないと動作しない場合は、Edge に搭載されている「IEモード」の設定をすると、以前のように利用できる場合があります。IEモードの設定方法は下記のページで詳しく紹介してます。
スポンサーリンク
筆者プロフィール
筆者 監修 Yukiko Mishima
Yukio  PCエンジニアリング
PCサポート歴27年、Windows95 時代にBTOパソコンの受注を始め、それに伴いPCサポートを提供。主に現場の経験でコンピューター関連のスキルアップをしてきました。
筆者プロフィールとパソブルの運営情報

このページのURLをコピーする
Twitteでシェア facebookでシェア はてな ブックマーク LINEでシェア
問題や設定など Windows10 の記事一覧は、下記のページでご覧になれます。
Windows10 サポートコンテンツのリスト