パソブル PCサポート  
ページトップへ移動

Windows10 Internet Explorer が使えなくなった時の確認と修復

Last update

Windows10 Internet Explorer 11 が突然使えなくなった時には、「Windows の機能」の確認と修復操作をします。Windows の機能で修復できない場合は、システムファイルチェッカーを実行します。  このページでは、インターネットエクスプローラーが使えない時の、確認と修復方法を紹介しています。


スポンサーリンク


インターネットエクスプローラーが使えない時の対処法

最初に Windows の機能で Internet Explorer の無効/有効の確認をして、次にインターネットエクスプローラーの再構築をします。 

Windows の機能の設定を確認

Windows の機能を開く
「Windows」マークをクリックし、表示された「メニュー」をスクロールさせ「W」にある「Windows システム ツール」をクリックして展開し「コントロールパネル」をクリックします。
Windows10 スタートメニュー コントロールパネル  コントロールパネルが表示されたら、「プログラム」をクリックします。
コントロールパネルのプログラムを開く  プログラムが表示されたら、「Windows の機能の有効化または無効化」をクリックします。
コントロールパネル Windows の機能を開く  「Windows の機能」が開いたら、「Internet Explorer 11」のボックスを確認します。下図は有効化の状態です。
Windows の機能  Internet Explorer をチェック
チェックマークの有無を確認したら、次の修復へ進んでください。

インターネットエクスプローラーの修復

インターネットエクスプローラーが使えない場合は、以下のような手順で確認と修復をします。
  • 最初に Windows の機能で Internet Explorer が無効になっていないか確認します。無効になっているなら「有効化」します。
  • 有効化されているのに使えない状況なら、一旦無効化にした後に有効化しインターネットエクスプローラーの再構築をします。
※環境により、修復で Internet Explorer の設定が初期化される場合があります。
※修復の前に作業中のデータがある場合は、先に保存しておいてください。
それでは、チェックマークの有無で、修復操作の紹介をしていきます。
チェックマークは付いている チェックマークが付いていて有効化になっている場合は、一旦無効化にしてインターネットエクスプローラーを再構築します。  1. 一旦無効化する
「Internet Explorer 11」をクリックして、チェックマークを外します。
Windows の機能  Internet Explorer の設定  「OK」をクリックすると、確認メッセージが表示されるので「はい」をクリックします。
Windows の機能  Internet Explorer の設定確認  「必要なファイルを検索しています」と表示され、暫くすると「必要な変更が完了しましたと表示」します。
Windows の機能  Internet Explorer の設定確認  作業中のファイルなどないなら「今すぐ再起動」をクリックします。  2. Internet Explorer 有効化する
再起動後「Windows の機能」を開き、「Internet Explorer 11」をクリックして、チェックマークを付けて「OK」をクリックします。
Windows の機能  Internet Explorer の有効化
  • この後は、無効化と同じ操作です。確認メッセージが表示され、変更の完了後に「再起動」ボタンが表示されるので、クリックします。
  • 再起動後に Internet Explorer 11 が再構築されるので、使えるか確認します。
  • まだ、使えないようなら、末尾の「システムファイルチェッカーでIEを修復」を参考にしてください。
チェックマークが付いていない チェックマークを付けて、インターネットエクスプローラーを有効化します。  「Windows の機能」の「Internet Explorer 11」をクリックして、チェックマークを付けて「OK」をクリックします。
Windows の機能  Internet Explorer の有効化  「OK」をクリックすると、確認メッセージが表示されるので「はい」をクリックします。
Windows の機能  Internet Explorer の設定確認  「必要なファイルを検索しています」と表示され、暫くすると「必要な変更が完了しましたと表示」します。
Windows の機能  Internet Explorer の設定確認  作業中のファイルなどないなら「今すぐ再起動」をクリックします。 
  • 再起動後に Internet Explorer 11 が有効化されるので、使えるか確認します。
  • まだ、使えないようなら、次項の「システムファイルチェッカーでIEを修復」を参考にしてください。

システムファイルチェッカーでIEを修復

インターネットエクスプローラーが突然使えなくなった場合は、上述の他にもシステムファイルの欠損や、破損が原因の場合もあります。  インターネットエクスプローラーの再構築や、有効化でもまだ使えない場合は、システムファイルの修復をすれば問題が解決する場合もあります。  システムファイルチェッカーでの修復方法は、下記のページで詳しく紹介しているので、そちらをご覧ください。
Windows10 コマンドプロンプトでシステムファイルを修復
スポンサーリンク

このページのURLをコピーする
Twitteでシェア facebookでシェア はてな ブックマーク LINEでシェア
この記事を書いた人
筆者 監修 Yukiko Mishima
Yukio  PCエンジニアリング
PCサポート歴26年、Windows95 時代に自作PCの納入を始め、それに伴いパソコンのサポートを提供、主に現場の経験でコンピューター関連のスキルアップをしてきました。
現在のメインワークは、会社組織の PC 関連のサポート、サーバー構築とメンテナンス、WebサイトやWebシステムの制作。と Website パソブルの運営
問題や設定など Windows10 の記事一覧は、下記のページでご覧になれます。
Windows10 サポートコンテンツのリスト