PCサポート  

パソブル



Windows 10 Home は、自動的にプログラムの更新をダウウンロードして、アップデートを実行するようになっています。
このページで解説している方法は、自動更新を「完全に無効化」にするというより、「自動更新のサービス」を無効にして、無期限に更新を延期させるような感じになります。
自動更新を無効にして止めた場合、重大なセキュリティの問題なども自動で更新されなくなります。 定期的に Windows Update を確認し、手動で更新するようにしてください。
Windows 10 Pro の自動更新の無効は、こちらをご覧ください。
エディションが、ProかHomeか分からない場合は、こちらの方法で確認できます。


スポンサーリンク


サービス管理ツールを開きます


1.タスクバー内で、アイコンなど何も無い場所で右クリックしますと、メニューが現れますので「タスクマネージャー」をクリックします。
タスクマネージャー 表示

2.「タスク マネジャー」が開きますので、タブメニューの「サービス」をクリックします。
次に、サービスの画面にある「サービス管理ツールを開く」をクリックします。
タスクマネージャー サービス

自動更新のサービスを無効にして止める


自動更新のサービスを無効にする

1. 「Windwos Update」を右クリックし、表示されたメニューの「プロパティ」をクリックします。
Windwos Update のサービスを右クリック

2. プロパティ画面が開きますので「スタートアップの種類」の横にある、選択メニューをクリックします。
スタートアップの種類のメニューをクリック

3. 選択メニューにある「無効」をクリックします。
スタートアップの種類のメニューの無効をクリック

4. スタートアップの種類が「無効」になっていることを確認し「適用」をクリックします。
スタートアップの種類のメニューの無効をクリック

自動更新のサービスを今すぐ止める

自動更新のサービスを無効しただけでは、下図のようサービスの状態が「実行中」になっていて、自動更新は停止していません。
何も操作をしなければ、次回 Windwos の起動時に停止されます。

1. 今すぐ自動更新を停止するには「停止」をクリックします。
今すぐ自動更新の停止をする

2. 「ローカルコンピューターの次のサービスを停止しようとしています」と表示されますので待ちます。
自動更新の停止を実行中

3. サービスの状態が「停止」と表示されていれば完了です。
自動更新を停止された


更新プログラムを、手動で更新する


更新が必要であれば、更新プログラムの「ダウンロード」と「インストール」が自動で開始されますので、そのまま待ちます。
※更新プログラムのアップデートが自動で開始されない場合は、更新プログラムの内容をクリックします。
更新プログラムによっては、アップデートが完了すると、再起動を促す画面が表示されます。その場合は作業中のファイルなどを保持し「今すぐ再起動する」をクリックします。
更新が必要ない、または更新プログラムのアップデートが完了した場合「お使いのデバイスは最新の状態です。」と表示されます。

※更新とセキュリティを開いたと同時に「更新プログラムを確認しています」と表示され、自動チェックされる場合もありあます。
Windows 10 更新とセキュリティ 手動更新無効

「更新とセキュリティ」の開き方
スタートメニューをクリックし、メニューの「設定」をクリックします。
スタートメニューから設定を開く

「Windowsの設定」ウインドが開きますので「更新とセキュリティ」をクリックすると開きます。
Windowsの設定 更新とセキュリティ


スポンサーリンク

その他 Windows 10 の問題や設定はこちらのページをご覧ください。

Windows 10 のサポートコンテンツ

広告と関連