PCサポート  

パソブル



Windows 10 Home は、自動的にプログラムの更新をダウウンロードして、アップデートを実行するようになっています。
このページで解説している方法は、自動更新を「完全に無効化」にするというより、「自動更新のサービス」を無効にして、無期限に更新を延期させるような感じになります。

Windows 10 Pro の自動更新を止める方法はこちらをご覧ください。
エディションが、ProかHomeか分からない場合は、こちらの方法で確認できます。


スポンサーリンク


自動更新を無効にして止める「概要」


Windows 10 『Home』の自動更新を止める方法は、Windows Update のサービスの無効化と、タスクスケジューラの無効化の2つが必要になりました。

以前はサービスを無効にするだけで、自動更新を止めることができましたが、
現在では、サービスを「無効」にして「停止」しても、Windows 側が強制的に「実行中」に戻してしまいます。

また、最近ではレジストリの編集をしても効果なし、タスクスケジューラを無効にしても有効に戻されます。 そこで、タスクスケジューラの Windwos Update の内容を削除してしまい、戻させないようにする方法をとります。

Windwos Update のタスクスケジューラとは、一定期間で繰り返し Windows Update のサービスを実行させるものです。したがってサービスを無効にして停止しても、実行中に戻されるわけです。

この方法で自動更新を無効にした場合、削除するタスクスケジューラのバックアップは取れますが、復元に問題がでる場合もあります。Windows Update のサービスの有効化は問題ありません。これらを理解したうえで操作を行ってください。

※ Windows 側が何か対策をして、また強制的に有効に戻すことも考えられます。 起動時など、時折 Windwos Update のサービスの状態を、確認するようにしてください。

レジストリの編集で自動更新を無効にできない場合がある
Windows 10 Home のレジストリの編集で自動更新を無効にした場合でも、Windows 側が強制的に自動更新をすることがありましたので、この方法は参考程度に考えたほうがよいでしょう。
※レジストリの編集を間違えると Windows 10 が正常に動作しない場合があります。
レジストリの操作に自信がない方は、編集を行わないでください。

自動更新を止める作業をする前に、念のためシステムの復元ポイントを、作成することをお勧めします。
システムの復元ポイントを作成する方法

それでは最初に、自動更新を止めるために「サービス」を無効にして、次にタスクスケジューラの操作の説明をしていきます。

自動更新のサービスを無効にする

タスクバー内で、アイコンなど何も無い場所で右クリックしますと、メニューが現れますので「タスクマネージャー」をクリックします。
タスクマネージャー 表示

「タスク マネジャー」が開きますので、タブメニューの「サービス」をクリックします。
次に、サービスの画面にある「サービス管理ツールを開く」をクリックします。
タスクマネージャー サービス

「Windwos Update」を右クリックし、表示されたメニューの「プロパティ」をクリックします。
Windwos Update のサービスを右クリック

プロパティ画面が開きますので「スタートアップの種類」の横にある、選択メニューをクリックします。
スタートアップの種類のメニューをクリック

選択メニューにある「無効」をクリックします。
スタートアップの種類のメニューの無効をクリック

スタートアップの種類が「無効」になっていることを確認し「適用」をクリックします。
スタートアップの種類のメニューの無効をクリック

次に「回復」タブをクリックします。
最初のエラーにある、選択ボックスをクリックして「何もしない」を選択し「適用」をクリックします。
これで、サービスの無効化は完了でが、今すぐ停止したい場合は次項をご覧ください。
回復、最初のエラーで何もしないを選択

自動更新のサービスを今すぐ止める

自動更新のサービスを無効しただけでは、下図のようサービスの状態が「実行中」になっていて、自動更新は停止していません。
何も操作をしなければ、次回 Windwos の起動時に停止されます。

今すぐ自動更新を停止するには「停止」をクリックします。
今すぐ自動更新の停止をする

「ローカルコンピューターの次のサービスを停止しようとしています」と表示されますので待ちます。
自動更新の停止を実行中

サービスの状態が「停止」と表示されていれば完了です。
自動更新を停止された

次に、タスクスケジューラの Windows Update を無効にします。


自動更新のタスクスケジューラを無効にする

スタートメニューの「Windows管理ツール」にある「タスクスケジューラ」をクリックして、タスクスケジューラを開きます。
スタートメニューのWindows管理ツールのタスクスケジューラをクリック

タスクスケジューラの左側メニューのアイコンをクリックして、展開していきます。
▼ タスク スケジューラ ライブラリ
▼ Microsoft
▼ Windows
と順に展開していき Windows Update をクリックします。
タスクスケジューラのWindows Updateを開く

タスクスケジューラの自動更新を止めるために、削除するものは「Scheduled Start」と「Sih」です。
とりあえず、エクスポート(バックアップ)をとっておきます。

「Scheduled Start」をクリックして選択状態にします。
右側の「操作」の「エクスポート」をクリックして保存します。
「Sih」についても同様に操作します。
タスクスケジューラ エクスポート
※ 復元する場合は、操作の「タスクのインポート」で操作しますが、エラーが出て復元できないこともあります。
タスクスケジューラ インポート
自動更新を止めるために「Scheduled Start」と「Sih」を削除します。
※ 上述でも説明しましたが、自動更新は必要ないという人が理解したうえで実行してください。

「Scheduled Start」を右クリックして、メニューの「削除」をクリックします。
確認画面が表示されるので「はい」をクリックします。
「Sih」についても同様に操作します。
タスクスケジューラ Scheduled Startの削除
これで自動更新を止める操作は完了です。
自動更新を止めた場合、重大なセキュリティの問題なども自動で更新されなくなります。 定期的に Windows Update を確認し、手動で更新するようにしてください。


自動更新のレジストリを編集する


Windows 10 Pro に装備されているグループポリシーで、自動更新を止めるのと同じように、Home にもレジストリの編集で自動更新を止める操作を行います。
ただし、現在レジストリを編集をしても、Windows Update のサービスが「実行中」に戻ることがあり効果はないようです。

レジストリエディタを開く

「Windows」マークを右クリックするとメニュが表示されますので「ファイル名を指定して実行」をクリックしウインドを開きます。

ファイル名を指定して実行に「regedit」と入力し「OK」をクリックします。
※「ユーザーアカウント制御」の警告ウインドが表示されますので、「はい」をクリックします。ユーザーアカウント制御の設定を「通知しない」に設定されている場合は表示されません。(UAC無効にする)
レジストリ エディタを開く

レジストリの編集

レジストリエディタの左側メニューのアイコンをクリックして、展開していきます。
▼ HKEY_LOCAL_MACHINE
▼ SOFTWARE
▼ Policies
▼ Microsoft
Windows と順に展開していきます。
レジストリ エディタ,HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows

WindowsUpdate キーを作成する。
「Windows」を右クリックして、表示されたメニューの「新規」にマウスカーソルを合わせます。
サブメニューが表示されますので「キー(k)」をクリックします。
レジストリ、キーを新規に作成する

新規に作成されたキーが「新しいキー #1」という名前で作成されます。 レジストリ、キーを新規に作成`して名前を変更

キーの名前を「WindowsUpdate」に変更します。
これで「WindowsUpdate」のレジストリ キーが作成されました。
レジストリ、WindowsUpdateに名前を変更

WindowsUpdate に AU キーを作成する。
先に作成した「WindowsUpdate」を右クリックして、表示されたメニューの「新規」にマウスカーソルを合わせます。
サブメニューが表示されますので「キー(k)」をクリックします。
WindowsUpdateに、キーを新規に作成する

新規に作成されたキーが「新しいキー #1」という名前で作成されます。 WindowsUpdateに、キーを新規に作成`して名前を変更

キーの名前を「AU」に変更します。
これで「AU」のレジストリ キーが作成されました。
WindowsUpdateに作成したキーを、AUに名前を変更

「AU」のレジストリキーに、値「NoAutoUpdate」を作成する。
「AU」のレジストリキーを右クリックして、表示されたメニューの「新規」にマウスカーソルを合わせます。
「DWORD(32ビット)値(D)」をクリックします。
AUキーに、DWORD32を新規に作成

新規に作成された値が「新しい値 #1」という名前で作成されます。 新しい値 #1が作成される

値の名前を「NoAutoUpdate」に変更します。
新規に作成した値の名前を NoAutoUpdate に変更

NoAutoUpdate」の値を修正する
「NoAutoUpdate」を右クリックして、メニューの「修正」をクリックします。
NoAutoUpdate の値を修正

値のデーターを「1」に変更して「OK」をクリックします。
NoAutoUpdate の値を1に変更

値のデーターが「1」に変更されているか確認します。
NoAutoUpdate の値が、1に変更されているか確認

これで、自動更新のレジストリの編集は完了です。
レジストリの編集を反映するには、再起動が必要になります。

スポンサーリンク

更新プログラムを手動で更新する方法


先に Windows Update のサービスを有効(実行中)に戻します。

Windows Update のプロパティで、
  • スタートアップの種類で「手動」を選択
  • 「適用」をクリック
  • 「開始」をクリック
停止のままだと、エラーが発生し「更新プログラムのチェック」ができません。
 Windows Update サービス開始

「更新とセキュリティ」の開きます
スタートメニューをクリックし、メニューの「設定」をクリックします。
スタートメニューから設定を開く

「Windowsの設定」ウインドが開きますので「更新とセキュリティ」をクリックすると開きます。
Windowsの設定 更新とセキュリティ

「更新プログラムのチェック」をクリックします。
更新が必要であれば、更新プログラムの「ダウンロード」と「インストール」が自動で開始されますので、そのまま待ちます。
更新が必要ない、または更新プログラムのアップデートが完了した場合「お使いのデバイスは最新の状態です。」と表示されます。
Windows 10 更新とセキュリティ 手動更新無効
更新プログラムによっては、アップデートが完了すると、再起動を促す画面が表示されます。その場合は作業中のファイルなどを保存し「今すぐ再起動する」をクリックします。


スポンサーリンク
 




その他 Windows 10 の問題や設定はこちらのページをご覧ください。

Windows 10 のサポートコンテンツ