PCサポート  

パソブル



Windows 10 ピン留めを管理している場所

Last update

Windows10 でタスクバーとスタートメニューにピン留めされているショートカットアイコンは、ProgramDataとユーザーフォルダ内のAppDataに、通常では表示されない隠しフォルダ内で管理されています。
ピン留めの管理フォルダにショートカットアイコンを追加したり削除することで、ピン留めの表示を直接操作することもできます。また、ピン留めの場所がわかれば、バックアップにも役立つことができます。

このページでは、タスクバーとスタートメニューのピン留めの場所の紹介をしています。
タスクバーとスタートメニューの設定などは、下記のページをご覧ください。


スポンサーリンク


タスクバーのピン留の場所


タスクバーのピン留めは、レジストリとエクスプローラーのフォルダで管理されています。 レジストリで管理されているピン留めは、主に Windows に組み込まれているアプリなどで、基本的にレジストリの編集よるピン止めの操作はできません。
追加したアプリやフォルダなどのピン止めの場所は、フォルダで管理されているのでショートカットアイコンの追加や削除で、直接ピン留めを操作することができます。

フォルダで管理されているピン留めの場所

フォルダを開くにはエクスプローラーで展開していくか、アドレスボックスにパスを入力して開くことができます。
エクスプローラーを展開して開く ピン留めのフォルダは初期値で隠しファイルの設定になっているので、先に隠しファイルを表示する設定をします。
隠しファイルを表示する設定
エクスプローラーの「表示」をクリックすると、表示に関する内容が表示されるので、「隠しファイル」をクリックしチェックマークを入れます。
隠しファイルの表示設定
隠しファイルが表示に設定できたら、「〉」アイコンをクリックしてツリーを展開していきます。
  • ローカルディスク(C:)
  • ユーザー
  • ユーザー名のフォルダ
  • AppData
  • Roaming
  • Microsoft
  • Internet Explorer
  • Quick Launch
  • User Pinned
と展開し「TaskBar」をクリックすれば、ピン留めの場所が開きます。
エクスプローラーを展開してピン留めの場所を開く
アドレスボックスから開く パスをコピーしてアドレスボックスに張り付け、キーボードの『Enter』を押します。
パス:%AppData%¥Microsoft¥Internet Explorer¥Quick Launch¥User Pinned¥TaskBar アドレスボックスからピン留めの場所を開く

レジストリで管理されているピン留めの場所

タスクバーのピン留めを管理しているフォルダ内に、ショートカットアイコンが無ければレジストリで管理されてるので、ピン留めの操作はできません。
レジストリエディターを開く
  • 「Windows」マークを右クリックするとメニュが表示されるので「ファイル名を指定して実行」をクリックすると、「ファイル名を指定して実行」が開きます。
  • テキストボックスに「regedit」と入力し「OK」をクリックします。
  • ユーザーアカウント制御の警告が表示されたら「はい」をクリックしてください。
  • ユーザーアカウント制御の設定を「通知しない」に設定されている場合は、表示されません。(参考:UAC無効にする)
Windows10 レジストリエディタを開く


レジストリエキーの「〉」アイコンをクリックして展開していきます。
  • HKEY_CURRENT_USER
  • Software
  • Microsoft
  • Windows
  • CurrentVersion
  • Explorer
にある「Taskband」が、ピン留めを管理しているレジストリの場所です。
レジストリのタスクバーピン止めの場所
レジストリで管理されているピン留めをバックアップをする方法は、下記のページをご覧ください。
Windows10 レジストリ キーのバックアップと復元

スタートメニューのピン止めの場所


スタートメニューのピン留めは、全ユーザー共通とユーザー固有の二つの場所で管理されています。ピン留めのフォルダ内のショートカットアイコンの追加や削除で、直接スタートメニューのピン留めを操作することができます。
※全ユーザー共通のピン留めの場所を、操作するには管理者権限が必要です。
全ユーザー共通とユーザー固有のピン留めの場所は、隠しファイルの形式で管理されているので、先に隠しファイルの表示設定をします。アドレスボックスから開く場合は必要ありません。

隠しファイルを表示する設定
エクスプローラーの「表示」をクリックすると、表示に関する内容が表示されるので、「隠しファイル」をクリックしチェックマークを入れます。
隠しファイルの表示設定

全ユーザー共通のピン留めの場所

「〉」アイコンをクリックしてツリーを展開していきます。
  • ローカルディスク(C:)
  • ProgramData
  • Microsoft
  • Windows
  • スタートメニュー(Start Menu)
と展開し「プログラム(Programs)」をクリックすれば、全ユーザー共通のピン留めの場所が開きます。
スタートメニュー プログラムフォルダー
アドレスボックスから開く
パス:%ProgramData%¥Microsoft¥Windows¥Start Menu¥Programs
アドレスボックスに「パス」をコピーしてを張り付けて、キーボードの『Enter』を押します。
全ユーザー共通のピン留めの場所

ユーザー固有のピン留めの場所

「〉」アイコンをクリックしてツリーを展開していきます。
  • ローカルディスク(C:)
  • Users
  • ユーザー名のフォルダ
  • AppData
  • Roaming
  • Microsoft
  • Windows
  • スタートメニュー(Start Menu)
と展開し「プログラム(Programs)」をクリックすれば、ユーザー固有のピン留めの場所が開きます。
スタートメニュー プログラムフォルダー
アドレスボックスから開く
パス:%AppData%¥Microsoft¥Windows¥Start Menu¥Programs
アドレスボックスに「パス」をコピーしてを張り付けて、キーボードの『Enter』を押します。
ユーザー固有のピン留めの場所

スポンサーリンク

このページのURLをコピーする

その他 Windows 10 の問題や設定はこちらのページをご覧ください。
Windows 10 のサポートコンテンツ