PCサポート  

パソブル



Windows 10 キャプチャ編集アプリ「切り取り領域とスケッチ」の使い方

Last update

Windows10 バージョン1809から、新タイプの画面キャプチャアプリ「切り取り領域とスケッチ」が搭載されました。
従来の Snipping Tool と比べると、戻す/やり直し機能、定規、トリミング(切り取り)、ペンツールのカラーが増えスケッチ機能がかなり強化されています。

このページでは、キャプチャ スケッチアプリの「切り取り領域とスケッチ」の使い方を紹介しています。


スポンサーリンク



切り取り領域とスケッチの使い方


切り取り領域とスケッチの開き方


検索ボックスから開く
検索ボックスに「切り取り領域とスケッチ」と入力して「開く」をクリックします。
検索ボックスから切り取り領域とスケッチを開く
設定では、デスクトップにショートカットアイコンを作成する項目がありませんが、スタートにピン留めした後にショートカットを作成することができます。
詳しくは、このページの切り取り領域とスケッチのショートカットアイコンの作成方法で紹介しています。

Snipping Tool から開く
  • 「Windows アイコン」をクリックしてスタートメニューを開きます。
  • 「Windows アクセサリ」クリックしてメニューを展開します。
  • 「Snipping Tool」をクリックします。
  • 「Snipping Tool」の画面から「切り取りスケッチを使ってみる」をクリックして開きます。
Snipping Tool から切り取り領域とスケッチを開く


キャプチャを撮る


キャプチャの待機画面を開く 「新規」をクリックします。
キャプチャの待機画面を開く
キャプチャの操作画面は黒い透明なスクリーンで覆われいて、上部に操作アイコンが表示されています。
キャプチャの待機状態を解除するには[×]アイコンをクリックします。
キャプチャの待機画面

キャプチャの実行
キャプチャする選択範囲の形状を指定します。
  • 画面キャプチャ四角形で選択アイコンキャプチャ範囲を四角形で選択する。
  • 画面キャプチャフリー選択アイコンキャプチャ範囲を自由に選択する。
  • 画面キャプチャ全画面選択アイコン全画面をキャプチャ、クリックすると直ぐに実行されます。

  • マウスを左クリックしたままカーソルを移動して、キャプチャする範囲を選択します。
  • クリックを放すと画像の編集ができる画面に、キャプチャした画像が表示されます。
  • やり直す場合は編集画面で「新規」をクリックします。
キャプチャの実行


スケッチ機能の基本的な操作方法


画像を開いてスケッチを描く
キャプチャ画像やそれ以外の写真などの画像を開いて、スケッチを描くことができます。
画像を開いてスケッチを描く

描いたものを削除
「消しゴム」は描いたものを全て削除します。実行方法は「消しゴム」アイコンを右クリックして「全てのインクを消去」をクリックします。
※部分的な削除が必要な場合は「元に戻す/やり直し」で対処します。
切り取り領域とスケッチの消しゴム

元に戻す/やり直し
Windows 標準の、戻す/やり直し操作と同じ機能です。キーボードショートカットも同様に利用できます。
編集を元に戻す/やり直し

キャプチャ画像に描いたものを含めて保存する
「ディスク」アイコンをクリックすると、保存画面が開きます。
キャプチャ画像とスケッチの保存

クリップボードにコピーする
キャプチャの実行時の画像はクリップボードにコピーされますが、描いたものはコピーされません。
描いたものも含めて、クリップボードにコピーする場合は「コピー」アイコンをクリックします。
クリップボードにコピー
クリップボード履歴を有効にしている場合は、コピーする時点での画像がその都度保存されていきます。
クリップボード履歴の有効にしてコピーしたものを保存
クリップボード履歴にコピー


ペンツールでスケッチする


  • ペンツールは「ボールペン」「鉛筆」「蛍光ペン」が利用できます。
  • ペンのアイコンをクリックすると使用できる状態になります。
  • 再度クリックすると、カラーや太さを設定する画面が開くことができます。右クリックでもOKです。
ペンツールの使用方法
ペンを選択して、左クリックしたまま移動して線を描きます。
ペンツールで描く


定規を使ってスケッチする


  • 「定規」アイコンを右クリックすると、メニューで「定規」「分度器」の選択ができます。
  • 定規または分度器を非表示にする場合は、再度メニューで選択されているものをクリックします。
  • 定規や分度器の移動は、定規の上で左クリックしたまま動かすと移動することができます。
定規の使用方法

定規で線を描く
定規で直線を描く
線を描きたい場所に定規を移動します。
ペンカーソルを定規の上または下に合わせ、左クリックしたまま移動すると直線が描けます。
定規で直線を描く

定規で斜線を描く
定規にある角度表示にマウスカーソルを合わせて、スクロールボタンを回転させると定規の角度が変更できます。
角度表示が見当たらない場合は、定規を向って左に水平移動すれば現れます。
定規の角度を変更

斜線を描くときも直線と同様に、ペンカーソルを定規の上または下に合わせ描きます。
定規で斜線を描く

分度器で円を描く
分度器の上にマウスカーソルを合わせて、スクロールボタンを回転させると大きさが変更できます。
分度器のサイズを変更

ペンカーソルを分度器の端に合わせ、左クリックしたまま移動すると円が描けます。
分度器で円を描く


トリミング(選択範囲を切り抜く)


トリミングは、四角形で選択した範囲を切り抜いて、カットした部分で編集することができます。
「トリミング」アイコンをクリックします。
トリミングの準備

コーナーを左クリックしたままマウスカーソルを移動してサイズを変更または移動して、切り抜き範囲を選択します。
トリミングをキャンセルする場合は、「キャンセル」アイコンをクリックします。
トリミングの範囲の選択

範囲が選択が確定したら、キーボードの「Enter」を押すか「適用」をクリックすると、トリミングは完了です。
トリミングの完了

これで、切り取り領域とスケッチの使い方の紹介は終わりです。
デスクトップにショートカットアイコンを作成する場合は、次へ進んでください。


切り取り領域とスケッチのショートカットアイコンの作成方法


「切り取り領域とスケッチ」を検索ボックスから開きます。
「スタートにピン留めする」をクリックします。
切り取り領域とスケッチをスタートにピン留めする

スタートメニューを開き、ピン留めされた「切り取り領域とスケッチ」を確認します。
切り取り領域とスケッチのスタートメニューのピン留め確認

スタートメニューの「切り取り領域とスケッチ」を左クリックしたまま、デスクトップまで移動すればショートカットアイコンが作成できます。
切り取り領域とスケッチのショートカットアイコンの作成


スポンサーリンク

このページのURLをコピーする

その他 Windows 10 の問題や設定はこちらのページをご覧ください。
Windows 10 のサポートコンテンツ