パソブル PCサポート  

パソブル

ページトップへ移動

Windows10 画面キャプチャツール「Snipping Tool」の使い方

Last update

Windows10 では画面キャプチャアプリ「Snipping Tool」がで標準で搭載されています。Snipping Tool でキャプチャを取れば、直ぐにキャプチャ画像が表示され、ペンツールで画像にスケッチを書いたり、消しゴムで部分削除などの編集ができます。  このページでは、画面キャプチャアプリ「Snipping Tool」の使い方を紹介しています。
キーボード操作による画面キャプチャや、画面を動画で録画する方法は、下記のページをご覧ください。
Windows10 の標準機能で画面録画の動画とキャプチャを撮る方法

スポンサーリンク
-広告リンク-

Snipping Tool の開き方



  • 「Windows アイコン」をクリックしてスタートメニューを開きます。

  • 「Windows アクセサリ」クリックしてメニューを展開します。

  • 「Snipping Tool」をクリックすれば開きます。
スタートメニューからSnipping Toolの開き方  検索ボックスから開く
タスクバーの検索ボックス、または「〇」アイコンをクリックして「SnippingTool」と入力します。
検索からSnipping Toolを開く  ファイル名を指定して実行から開く
  • 「Windows アイコン」を右クリックします。
  • 「ファイル名を指定して実行」をクリックすると実行画面が開きます。
  • SnippingTool」と入力します。
  • 「OK」をクリックします。
ファイル名を指定して実行からSnipping Toolを開く

Snipping Tool の使い方


Snipping Tool でキャプチャを実行する方法は3つあります。
  • 新規作成
  • モード
  • 切り取り&スケッチを使ってみる
ファイル名を指定して実行からSnipping Toolを開く
「新規作成」と「モード」は Snipping Tool からキャプチャや編集の操作をしますが、「切り取り&スケッチを使ってみる」は、専用画面が表示されキャプチャや編集を操作する、別の画面キャプチャ アプリのようなものです。  「Snipping Tool」の廃止も噂されているので、機能がより充実している「切り取り領域とスケッチ」が画面キャプチャの後続アプリなると思われます。

Snipping Tool「新規作成」/「モード」の使い方

「新規作成」と「モード」の違いは、「モード」の場合、予めキャプチャする範囲をどの形状(モード)で指定するか選択して実行します。
「新規作成」で実行しても同様に、後から「モード」を変更することが可能なので、結果的にはどちらで実行しても同じです。

キャプチャの待機画面を開く


「新規作成」または「モード」をクリックします。
「新規作成」または「モード」キャプチャの待機画面を開く
クリックすればすぐに待機状態になりますが、遅らせることもできます。「遅延」をクリックして、1~5秒の間で設定ができまです。
「新規作成」または「モード」キャプチャの遅延  キャプチャの待機画面は白い透明なスクリーンで覆われいています。
キャプチャの待機状態を解除するには「キャンセル」をクリックします。
キャプチャの待機画面

キャプチャの実行


選択範囲の形状を「モード」をクリックして選択します。 キャプチャの切り取りモード  マウスを左クリックしたままカーソルを移動して、キャプチャする範囲を選択します。
クリックを放すと画像の編集ができる画面に、キャプチャした画像が表示されます。
キャプチャの実行
クリップボード履歴を有効にしている場合は、Snipping Tool のキャプチャにも対応しているいので履歴に保存されます。
クリップボード履歴でキャプチャやコピーしたものを保存

キャプチャ画像の編集画面


キャプチャ画像の編集画面  キャプチャ画像にスケッチを描く
ペンまたは蛍光ペンで、画像にスケッチを描くことができます。  「ペン」アイコンをクリックして色を選択して描きます。
キャプチャ画像にペンで描く
ペンの太さや種類、他の色で描くときは「カスタイマイズ」で設定して「カスタム」を選択します。
キャプチャ画像のスケッチペンをカスタイマイズ  蛍光ペンの色は黄色のみです。 キャプチャ画像に蛍光ペンで描く  描いたものを消す
描いたものを消す場合は「消しゴム」アイコンをクリックして、消しゴムカーソルで消したいものをクリックします。
消しゴムのクリックで消える範囲は、一筆書き単位です。
キャプチャ画像の描いたものを消す  キャプチャした画像はクリップボードにコピーされていますが、画像にスケッチで描いたものはコピーも保存もされていません。
保存したい場合は「ディスク」アイコンクリックして保存してください。
キャプチャ画像の描いたものを保存
Snipping Toolでは、描いたものを元に戻したり、やり直すことや定規でまっすぐな線を描くことはできません。
必要であれば、次項の「切り取り&スケッチを使ってみる」をご覧ください。

「切り取り&スケッチを使ってみる」の使い方

  • 「切り取りス&スケッチを使ってみる」は、画像編集のスケッチ機能がより充実しています。また、現在も進化中で今後「Snipping Tool」の後続アプリになると言われています。
  • 「Snipping Tool」と比べると、戻す/やり直し機能、定規、トリミング(切り取り)、ペンツールのカラーも増えています。
  • 「切り取り&スケッチを使ってみる」で実行されるアプリ名は、現在「切り取り領域とスケッチ」と名付けされています。 
「切り取り領域とスケッチ」の詳しい使い方は、下記の別ページで紹介しています。
Windows10 「切り取り&スケッチ」キャプチャ編集アプリの使い方  切り取り領域とスケッチの起動画面
Tips
大幅に強化された Windows10 のスクリーンショット機能で何ができるのか、下記のページでまとめています。
Windows10 搭載のスクリーンショット機能のまとめ
スポンサーリンク
問題や設定など Windows10 の記事一覧は、下記のページでご覧になれます。
Windows10 サポートコンテンツのリスト


このページのURLをコピーする
Twitteでシェア facebookでシェア はてな ブックマーク LINEでシェア