PCサポート  

パソブル



Windows 10 のサインイン画面を『ぼやけない』ようにする方法

Last update

レジストリPoliciesのMicrosoft
Windows10 のバージョン1903で、サインイン画面がぼやける仕様になりました。以前のようにぼやけないようにするには、レジストリの編集または透明効果を無効にすることで対処することができます。

このページでは、サインイン画面をぼやけないようにする方法を紹介しています。
サインイン画面の画像や色を変更する方法は、下記のページをご覧ください。


スポンサーリンク



サインイン画面のぼやけを解消する方法


サインイン画面のぼやけを解消する方法は、レジストリの編集または透明効果を無効にするふたつの方法があります。
透明効果を無効にした場合、サインイン画面のぼやけは解消できますが、デスクトップの全般において透明効果が無効化されます。
レジストリの編集では、サインイン画面だけぼやけないようにすることができます。

レジストリの編集でぼやけを解消

レジストリの編集を誤ると Windows が正常に動作しないことががあります。
編集前にバックアップを作成してから、レジストリの操作を行ってださい。
windows10 レジストリ キーのバックアップと復元

レジストリエディターを開く
  • 「Windows」マークを右クリックするとメニュが表示されるので「ファイル名を指定して実行」をクリックすると、「ファイル名を指定して実行」が開きます。
  • テキストボックスに「regedit」と入力し「OK」をクリックします。
  • ユーザーアカウント制御の警告が表示されたら「はい」をクリックしてください。
  • ユーザーアカウント制御の設定を「通知しない」に設定されている場合は、表示されません。(参考:UAC無効にする)
Windows10 レジストリエディタを開く


キー名の「〉」アイコンをクリックして展開していきます。
  • 〉HKEY_LOCAL_MACHINE
  • 〉SOFTWARE
  • 〉Policies
  • 〉Microsoft
  • 〉Windows
と、順に展開していき System をクリックします。
レジストリPoliciesのMicrosoft
「DisableAcrylicBackgroundOnLogon」の値を作成する。
「System」のレジストリキーを右クリックして、メニューの「新規」にマウスカーソルを合わせます。 サブメニューの「DWORD(32ビット)値(D)」をクリックします。
System キーにDWORD32を新規に作成
新規に作成された値が「新しい値 #1」という名前で作成されます。 system に新しい値 #1が作成される
値の名前を「DisableAcrylicBackgroundOnLogon」に変更します。
新規に作成した値の名前を DisableAcrylicBackgroundOnLogonに変更
作成した「DisableAcrylicBackgroundOnLogon」の値を修正する。
「NoLockScreen」を右クリックして、メニューの「修正」をクリックします。
DisableAcrylicBackgroundOnLogon の値を修正
「DisableAcrylicBackgroundOnLogon」の値の編集画面が表示されるので「値のデーター」を「1」に変更します。
※値のデーターを「0」にすると、サインイン画面がぼやけるようになる。
サインイン画面のぼやけの値を変更
レジストリの編集が終了したら、サインインアウトまたは再起動してサインイン画面がぼやけていなければ完了です。
サインインアウトと再起動の方法
サインアウトでぼやけが解消されていなければ、再起動して確認してください。


透明化を無効にする

透明効果を無効にして、サインイン画面のぼやけを解消する方法は、デスクトップにおいても透明効果が無効化されます。
「設定」を開き「個人用設定」をクリックします。
設定 個人用設定を開く
左メニューの「色」をクリックして、色の設定を開きます。
スクロールし、その他のオプションにある「透明効果」をクリックして「オフ」にし無効にします。
設定 個人用設定 透明効果をオフ
サインインアウト、または再起動してサインイン画面がぼやけていなければ完了です。
サインインアウトと再起動の方法
※ぼやけが解消されていなければ、「透明効果」を「オン」に戻して、再び「オフ」にして再起動してください。


スポンサーリンク

このページのURLをコピーする

その他 Windows 10 の問題や設定はこちらのページをご覧ください。
Windows 10 のサポートコンテンツ