パソブル PCサポート  
ページトップへ移動

Windows10 アップデートが提供されない時の確認と対処法

Windows10 の更新プログラムが提供されずアップデートできないときは、更新とセキュリティを確認して「Windows 11 のアップグレードの準備ができました」と表示されていれば、停止操作をします。他の原因なら、トラブルシューティングツールを利用します。   このぺーじでは、更新プログラムが提供されないときの対処法を紹介しています。
バージョンアップデートを、手動でする方法は下記のページをご覧ください。
Windows10 21H1 May 2021 update のダウンロードと手動アップデート

スポンサーリンク

更新プログラムが提供されずアップデートできない時の対処法

設定の更新とセキュリティを開き、Windows 11 のアップグレードの停止操作をしてアップデートができるようになります。アップグレードが表示されていない場合は、トラブルシューティングツールでアップデートの問題をチェックして対処します。

更新とセキュリティで「Windows11 のアップグレード」の表示の確認と停止

1. 更新とセキュリティを開く

「Windows」マークをクリックし、左のアイコンが表示されている場所にマウスポインターを合わせると、メニューが開くので「設定」をクリックします。
スタートメニューから設定を開く  Windows の設定画面の「更新とセキュリティ」をクリックします。
Windowsの設定 更新とセキュリティ 

2. Windows11 のアップグレードを停止する

「Windows 11 のアップグレードの準備ができました」と表示されている場合は、「今は Windows 10 の使用を継続します」とクリックしてください。
Windows10 の Windows11 のアップグレードの準備を停止 

3. 更新プログラムの提供を開始

アップグレードの表示が消えた後に、自動で更新プログラムのチェックが始まり、利用可能なアップデートの提供が開始されます。
Windows11 のアップグレードの準備を停止すれば更新のチェックが始まる  自動で更新プログラムのチェックが始まらない場合は、「更新プログラムのチェック」をクリックしてください。
Windows11 のアップグレードの準備を停止して更新が始まらない場合は手動でチェック

アップデートが提供されない問題をトラブルシューティングツールでチェック

更新プログラムを管理するデータの破損などで、アップデートの提供が正常にできなこともあります。  この場合は、Windows10 標準搭載のトラブルシューティングツールを利用して、アップデートの問題をチェックし、問題が検出されれば自動修復で対処することができます。  トラブルシューティングツールでアップデートの問題をチェック
アップデートによる問題のトラブルシューティングツールの使い方は、下記のページで詳しく紹介しているのでそちらをご覧ください。
Windows10 トラブルシューティングツールで問題を解決
スポンサーリンク

このページのURLをコピーする
Twitteでシェア facebookでシェア はてな ブックマーク LINEでシェア
この記事を書いた人
筆者 監修 Yukiko Mishima
Yukio  PCエンジニアリング
PCサポート歴27年、Windows95 時代にBTOパソコンの受注を開始それに伴いPCサポートを提供、主に現場の経験でコンピューター関連のスキルアップをしてきました。
詳しいプロフィールや運営に関してはこちら
スポンサーリンク
問題や設定など Windows10 の記事一覧は、下記のページでご覧になれます。
Windows10 サポートコンテンツのリスト