PCサポート  

パソブル



Windows 10 のクリーンインストールで、保存したデータ、インストールしたアプリやドライバー、アカウントやパソコンの環境などは削除したくない!
そのような場合は「上書きインストール」で、Windows の基本システム部分だけ再インストールします。

パソコンが不調で修復もできないなど、簡単でよい方法なのですが、上書きインストールは Windows が正常に起動した状態でないと実行できません。
※ セーフモードで起動しても、インストールディスクの起動でもできません。

通常のクリーンインストールは、下記のページご覧ください。
Windows 10 クリーンインストールする「2つの方法」


スポンサーリンク


インストールディスクの作成


Windows 10 のインストールディスクの作成は、マイクロソフトが提供するツールで、USB メモリまたはDVDディスクを使用して、簡単に作成する事ができます。

作成には、起動できるパソコンが必要です。なければ知り合いや会社の Windwos 10 パソコンで、インストールディスクの作成をしてください。

違うPCで作成したインストールディスクでも、他のどのパソコンでも利用できます。
また、クリーンインストールが現在使用している Windwos 10 と同じエディション(Home,Pro 32,64Bit)であれば、再認証の必要もありません。

インストールディスクの詳しい作成方法は、別ページで説明しています。
Windows 10 インストールディスクの作製方法


上書きインストールの手順


上書きインストールの前に!
パソコンに接続されているキーボードとマウス以外で、上書きインストールに必要としない周辺機器は、外しておきましょう!

インストールメディアのファイルの中身を開き、「Setup」をダブルクリックします。
インストールメディアにある Setup をダブルクリック
「ユーザーアカウント制御」警告が表示されたら「はい」をクリックします。 ユーザーアカウント制御警告が表示されたら、はいをクリック

準備中の表示の後に、
「重要な更新プログラムをインストールします」画面が開きます。
「今は実行しない」をクリックし選択します。
選択が済めば「次へ」をクリックします。
更新プログラムをインストールするか、今は実行しないを選択し次へをクリック

準備をしていますの表示の後に、
「ライセンス条項」が表示されますので「同意する」をクリックします。
ライセンス条項、同意するをクリック

上書きインストールの確認をするため、この時点では、まだ「インストール」をクリックしないでください。
「引き継ぐものを変更」をクリックします。
引き継ぐものを変更をクリック

個人用ファイルとアプリを引き継ぐ」をクリックし選択して「次へ」をクリックします。
必要な作業の確認画面が表示されますので、そのまま待ちます。
個人用ファイルとアプリを引き継ぐをクリックし選択して、次へをクリック

「個人用ファイルとアプリを引き継ぐ」と表示されていることを確認して、
「インストール」をクリックします。
個人用ファイルとアプリを引き継ぐと表示されていることを確認、インストールをクリック

上書きインストールが開始されます。
パソコンの環境によって、かなり時間がかかる場合もあります。
インストールの進行状況や、メッセージが表示され、
数回自動で再起動します、
再起動で画面で止まっているように感じても「強制終了」などしないでください。
上書きインストールの開始

上書きインストールが問題なく進めば、ロック画面が表示されますので、通常とおりサインインします。
上書きインストール、サインインします

更新プログラムがある場合は、この時点でインストール作業が実行されます。
暫くそのまま待ちます。環境により自動で再起動する場合もあります。
なかなか進まないからと言って、強制終了するようなことはやめてください。
更新プログラムがなければ、この画面は表示されません。
上書きインストール、更新プログラムのインストール

上書きインストールの完了
デスクトップ画面が表示されれば、上書きインストールインストールの完了です。
自動で「Edge」が開くことがありますが、問題ありません。
念のため、復元のや電源、その他の設定を確認して、問題があれば再設定します。
お疲れ様でした。
上書きインストールの完了

上書きインストールをすると「Windows.old」という名前のフォルダーが作成されます。
上書きインストールで作成された、Windows.old フォルダー
このフォルダーは、上書きインストール前の、パソコンのデータを保存(バックアップ)しています。
この「Windows.old」フォルダーは、容量も大きいので削除しましょう。

ただし、Windows.oldフォルダーは、通常の操作では削除できません。
アクセスの許可設定が必要です。詳しくは下記のページをご覧ください。
アクセスが拒否されたデータを削除する方法



スポンサーリンク