パソブル PCサポート  
ページトップへ移動

Windows10 の動作が重いときはパフォーマンスオプションを設定

Last update

ファイルやフォルダを開いたり作業が重いと感じるときなど「パフォーマンスオプション」の設定で多少改善される場合があります。ここのページでは、Windows10の設定で、動作を軽く(パフォーマンス優先)する方法を紹介します。  改善されないときは、下記のページも参考にしてみてください。
Windows10 を軽くする 簡単にできる10の方法
Windows10 ディスクのクリーンアップ「不要なファイルを削除」
Windows10 自動起動の停止/実行は 5つの場所で管理している

Windows10 パフォーマンスの設定


1.「システムのプロパティ」を開きます。
バージョン 20H2 より、「システムのプロパティ」の開き方が変更になったので、2004以前と20H2以降の、二通りの開き方を紹介しています。  Ver.20H2以降
「Windows」マークをクリックし、左のアイコンが表示されている場所にマウスポインターを合わせると、メニューが開くので「設定」をクリックします。
スタートメニューからWindowsの設定を開く  Windows の設定画面の「システム」をクリックします。
Windows の設定のシステムをクリック
「詳細情報」をクリックして、詳細情報画面の「システムの詳細設定」をクリックすれば、「システムのプロパティ」が開きます。
システム設定からシステムの詳細設定を開く  Ver.2004以前
「コントロールパネル」を開きます。
「Windows」マークをクリックし、表示された「メニュー」をスクロールさせ「W」にある「Windows システム ツール」をクリックして展開し「コントロールパネル」をクリックします。
Windows10 スタートメニュー コントロールパネル  コントロールパネルが開いたら、「システムとセキュリティ」をクリックします。
Windows10 コントロールパネル システムとセキュリティ  システムとセキュリティが開くので「システム」をクリックします。
Windows10 コントロールパネル  「システム」ウインドが開いたら「システムの詳細設定」をクリックすれば、「システムのプロパティ」が開きます。
システム ウインド  ここから各バージョンとも共通操作です。
「システムのプロパティ」ウインドが開きますのでパフォーマンス枠の「設定」をクリックします。
システム ウインド パフォーマンスの設定  4.「視覚効果」にて設定をします。
「パフォーマンスを優先にする」を選択して「OK」をクリックして設定を終了します。

「パフォーマンスを優先にする」を選択すると全ての視覚効果を無効になります。
個々の視覚効果を、有効/無効にする場合は「カスタム」選択します。
パフォーマンスの設定 視覚効果パフォーマンスを優先にする   パフォーマンスは、「カスタム」を選択することで、個別に視覚効果の有効/無効が設定できます。
  • パフォーマンス「カスタム」の設定内容
  • Windows内のアニメーションコントロールと要素
  • アイコンの代わりに縮小版を表示する
  • ウィンドウの下に影を表示する
  • ウィンドウを最大化や最小化するときにアニメーションで表示する
  • コンボボックスをスライドして開く
  • スクリーンフォントの縁を滑らかにする
  • タスクバーでアニメーションを表示する
  • タスクバーの縮小版のプレビューを保存する
  • デスクトップのアイコン名に影を付ける
  • ドラッグ中にウィンドウの内容を表示する
  • ヒントをフェードまたはスライドで表示する
  • プレビューを有効にする
  • マウスポインターの下に影を表示する
  • メニューをフェードまたはスライドして表示する
  • メニュー項目をクリック後にフェードアウトする
  • リストボックスを滑らかにスクロールする
  • 半透明の[選択]ツールを表示する
スポンサーリンク

このページのURLをコピーする
Twitteでシェア facebookでシェア はてな ブックマーク LINEでシェア
問題や設定など Windows10 の記事一覧は、下記のページでご覧になれます。
Windows10 サポートコンテンツのリスト