PCサポート  

パソブル

Windows10 のその他の設定はコチラからご覧になれます


Windows 10 を使っていて、開いている画面の切り替りが遅い、ウインドの立ち上がりが遅い、動作が遅い、クリックの反応が遅いなど、なんか動作が重いなと感じたら、Windows の設定を変更して、改善できる場合があります。
ここで紹介する方法は、簡単な設定の変更です。設定を元に戻すことも容易にできますので、少しでも Windows を軽くしたい場合は、試してみる価値はあると思います。



スポンサーリンク

パフォーマンス優先「視覚効果の設定」


1.「コントロールパネル」を開きます。
「Windows」マークをクリックし「メニュー」をスクロールさせ「W」にある「Windows システム ツール」をクリックして展開し「コントロールパネル」をクリックします。
Windows10 スタートメニュー コントロールパネル


2.コントロールパネルが開きますので「システムとセキュリティ」をクリックします。 Windows10 コントロールパネル システムとセキュリティ

3.システムとセキュリティが開きますので「システム」をクリックします。
Windows10 コントロールパネル

4.「システム」ウインドが開きますので「システムの詳細設定」をクリックします。
システム ウインド

5.「システムのプロパティ」ウインドが開きますのでパフォーマンス枠の「設定」をクリックします。
システム ウインド パフォーマンスの設定

6.「視覚効果」の画面で「パフォーマンスを優先にする」を選択して「OK」をクリックします。
パフォーマンスの設定 視覚効果パフォーマンスを優先にする

アニメーション再生を無効にする


1. 設定画面を開きます
スタートメニューをクリックし、メニューの「設定」をクリックします。
スタートメニューから設定を開く

2.「簡単操作」をクリックします。
設定 簡単操作を開く

3.左メニューの「その他のオプション」をクリックます。 視覚オプションの「windows でアニメーションを再生する」をクリックして「オフ」にして、無効にします。
その他のオプション、windows でアニメーションを再生するをオフ

透明化を無効にする


1.「設定」を開き「個人用設定」をクリックします。
設定 個人用設定を開く

2.左メニューの「色」をクリックます。
スクロールし、その他のオプションにある「透明効果」をクリックして「オフ」にして、無効にします。
設定 個人用設定 透明効果をオフ

Windows サーチを無効にする


1.「ファイル名を指定して実行」を開き「msconfig」と入力して「OK」をクリックします。
ファイル名を指定して実行、開き方
msconfig 開く

2.サーチ機能を無効にする
「サービス」タブをクリックします。
「Windows Search」の横にあるチェックボックスを、クリックしてチェックマークを外します。
「OK」をクリックすると「再起動」の要求が表示されますので、今すぐ再起動するかは、都合の良いほうをクリックしてください。
次回再起動から「サーチ機能」は自動起動は無効化されます。
Services Windows Search ストップ

電源プランを設定する


1.「設定」を開き「システム」をクリックします。
設定 システムを開く

2.左メニューの「電源とスリープ」をクリックし「電源の追加設定」をクリックします。
設定 電源の追加設定を開く

3.電源プランを「高パフォーマンス」にする
「追加プランの表示」をクリックすると、追加のプランが表示されるので「高パフォーマンス」にマークを付けます。
電源プランで高パフォーマンスを選択

不要なファイルを削除する


「ディスクのクリーンアップ」で削除するファイルの項目に、チェックマークを入れ「OK」をクリックします。
ローカルディスク プロパティウインド
詳しい操作説明は、「Windows 10 不要なファイルを削除」をご覧ください

予測入力を使用しない


IMEの詳細設定の予測入力画面より「予測入力を使用する」をクリックして、チェックマークを外します。
Microsoft IME 予測入力を無効にする設定
詳しい操作説明は、「Windows 10 予測機能を無効にする」をご覧ください

不要な自動起動を無効にする


タスクマネージャーの「スタートアップ」にある、自動起動が不要なソフトを「無効」にします。
Microsoft IMEの設定 プロパティを開く

詳しい操作説明は、「Windows 10 スタートアップの自動起動を無効にする」をご覧ください

不要なサービスを無効にする


サービス管理ツールを開きます 詳しい操作説明は、「Windows 10 サービスの自動起動を停止(無効)する方法」をご覧ください
目的のサービスを選択すると、説明が表示されるので、無効にするか確認します。
目的のサービスを右クリックし、メニューの「プロパティ」をクリックします。
サービス管理ツール サービスを選択する

プロパティウインドが開きますので「スタートアップの種類」をクリックして、セレクトボックスを表示させ、用途に合った好きな種類をクリックします。
全く不要なものであれば「無効」、自動起動を止めるだけなら「手動」がよいでしょう。
サービス管理ツール サービスのプロパティ
  • サービスのスタートアップの種類
  • 自動:自動起動する。
  • 自動(遅延開始):通常の自動起動より遅れて起動する。
  • 手動:アプリなどが必要となったときに、自動で起動する。
  • 無効:完全に自動起動を止める。(後で任意に起動するこはできる)
「スタートアップの種類」の選択が終了しまたら「OK」または「適用」をクリックして完了です。
次回起動時には、ここで設定したスタートアップの状態で起動します。
(*1) 起動しているサービスを、直に止める方法は「停止」をクリックします。

不要なソフトを削除する


1. 設定画面から「アプリ」をクリックします。
アプリ設定開く

2. アプリと機能の設定画面
目的のプログラムをクリックすると、メニューが表示されますので「アンインストール」をクリックします。
Creators Update 以降  のアンインストール
ここからは、削除するプログラムによって変わりますので、文章で説明します。
  • アンインストールの確認画面が開きますので「はい」をクリックします。
  • プログラムのによって「はい」「アンインストール」「削除」など、確認画面が異なりますが「実行ボタン」をクリックします
  • アンインストール作業が始まりますのでそのまま待ちます。途中で何か聞かれたら内容を確認して、アンインストールを実行します。
上記以外の方法でも、ソフトの削除ができます。詳しい操作説明は、「 Windows 10 プログラムの削除」をご覧ください

スポンサーリンク

その他 Windows 10 の問題や設定はこちらのページをご覧ください。

Windows 10 のサポートコンテンツ

広告と関連