パソブル PCサポート  
ページトップへ移動

Windows10 Internet Explorerを開くとEdgeに切替わるのを止める

公開日

Windows10 は IE11 のサポートを2022年6月15日に終了する予定にしています。それに伴い Internet Explorer を開くと、自動で Edge に切替わるようになりましが、Internet Explorer を自動で Edge に変更しないようにするには設定で可能です。  このページでは、IE11 を自動で Edge に切替えない方法を、紹介しています。
Internet Explorer 自体が使用できない場合は、下記の別ページをご覧ください。
Windows10 Internet Explorer が使えなくなった時の確認と修復

Internet Explorer が Edge に切替わるのを無効にする

自動で Edge に切替わるのを無効化する操作は、Edge の「設定」で行います。  1.Microsoft Edge を開き、右上の「…」アイコンをクリックして、メニューが表示されたら「設定」をクリックします。
Microsoft Edge の設定を開く  2.設定のメニューボタンをクリックして、メニューが表示されたら「既定のブラウザ」をクリックします。
詳細設定の既定のブラウザ設定を開く  3.「Internet Explorer で Microsoft Edge のサイトを開かせる」の選択ボックスをクリックして、「なし」を選択すれば、自動で Edge 切替わるのを無効にできます。
自動で切替わるEdgeを無効にする

IE11 を Edge に切替えるオプションの詳細

  • なし
    Internet Explorer を開くと、Edge に切替わることが無効化されます。
    ie11 に対応していないウェブサイトは、正常に表示されません。その場合、Edge から手動で IE11 と交換性のないウェブサイトを、開く必要があります。 
  • 互換性のないサイトのみ (推奨)
    IE11 と互換性がない、ウェブサイト側が Edge に切替わるようにしているなど、そのウェブサイトは Microsoft Edge で自動的に開かれるようになります。
    互換性がない判断は、Edge の判断によるものもあり、IE11 で利用できるウェブサイトでも、Edge で開くようにすることもあります。 
  • 常に表示
    IE11 を開くと、常に Microsoft Edge に自動的に切替わります。実質 Internet Explorer 11 が使用不可の状態になります。
これで、自動で Edge に切替わるのを止める設定は完了ですが、「IE モード」の許可設定をやっておけば更に安心です。  「Internet Explorer モードでサイトの再読み込みを許可」の選択ボックスクリックして、「許可」を選択します。
Internet Explorer モードを許可
NOTE:
会社などでは Internet Explorer を既定にした、ウェブシステムが多く配布されています。ウェブシステムにアクセスすると、突然 Edge に切り替わり、使用できなくなることがあります。そのような場合は、ここで紹介した設定で取り合えず回避できます。  但し、通常のエディション「Pro/Home」の Windows10 は ie11 のサポートが2022年6月15日で終了するので、早めにシステム制作会社に相談するようにしてください。
Internet Explorer 11 デスクトップ アプリケーションのサポート終了-発表に関連する FAQ「公式サイト」
スポンサーリンク

このページのURLをコピーする
Twitteでシェア facebookでシェア はてな ブックマーク LINEでシェア
この記事を書いた人
筆者 監修 Yukiko Mishima
Yukio  PCエンジニアリング
PCサポート歴26年、Windows95 時代に自作PCの納入を始め、それに伴いパソコンのサポートを提供、主に現場の経験でコンピューター関連のスキルアップをしてきました。
詳しいプロフィールや運営に関してはこちら
問題や設定など Windows10 の記事一覧は、下記のページでご覧になれます。
Windows10 サポートコンテンツのリスト