パソブル PCサポート  
ページトップへ移動

Windows10 GPT に変換できないときの対処法-UEFI セキュアブート

公開日
最新更新日

Windows10 のコマンドの実行で MBR パーティションを GPT に変換できない場合、回復機能のコマンドプロンプトから「mbr2gpt」コマンドの実行で、GPT パーティションに変換できることがあります。
最新OS Windows11 のアップグレードで、UEFI セキュアブートが必須なり、ディスクが MBR パーティションなら GPT に変換しなければ利用できないので、多くの方が確認や変換をされています。 このページでは、MBR パーティションを GPT に変換できない時の、対処方法を紹介しています。

スポンサーリンク

GPT 形式に変換できないときは回復機能から実行


MBR形式 を GPT形式に変換できない状況は、GPT に変換しようとしているディスクが、使用中のためです。この場合、Windows10 を起動せずに回復機能のコマンドプロンプトで、GPT に変換することができます。 

UEFI セキュアブートの設定

注意!
GPT に変換する前に、必ず BIOS で UEFI セキュアブートの設定ができるように、取説で確認するか、問い合わせするなどして、問題なく設定ができるようにしておいてください。
GPT に対応していない「レガシー(MBR)」ブートを設定したり、間違った設定では、GPTに変換後に Windows が起動できなくなります。
回復機能で PC を起動します。
「Windows」マークをクリックし、左のアイコンが表示されている場所にマウスポインターを合わせると、メニューが開くので「設定」をクリックします。
スタートメニューから設定を開く  Windows の設定画面の「更新とセキュリティ」をクリックします。
Windowsの設定 更新とセキュリティ  項目の「回復」をクリックし、回復画面の「PC の起動をカスタイマイズする」にある「今すぐ再起動」をクリックすると、「お待ちください」と表示された後に、オプション画面が表示されます。
設定の回復からオプションを起動  「トラブルシューティング」をクリックして、次に「詳細オプション」をクリックします。
修復機能 回復オプション  詳細オプションの「コマンドプロンプト」をクリックすると、再起動するので暫く待ちます。
回復オプションのコマンドプロンプトを開く 
環境によりコマンドプロンプトの起動前に、アカウントの選択とパスワードの入力が必要な場合があります。
  • 「アカウント」を選択。ユーザーが複数ある場合は、管理者権限を選択します。
  • 「パスワード」を入力して「続行」をクリックすれば、コマンドプロンプトが立ち上がります。
回復オプションのコマンドプロンプトのログイン

最初にディスクナンバーを確認

コマンドプロンプトが表示されたら、最初に Windows10 がインストールされているディスクを確認します。  diskpart と入力し、キーボードの「Enter」を押すと、画面に「DISKPART>」と表示されます。
diskpart コマンドを開始  list disk と入力し、キーボードの「Enter」を押します。
ここでは、搭載されているディスクが1つの状態の画面ですが、複数搭載されているのなら、Windows10 のインストールディスクの番号を確認します。ディスクが1つ、または通常なら「0」です。
diskpart でディスクのリストを表示  確認が完了したら忘れずにexitと入力し、キーボードの「Enter」を押して DISKPART を終了します。  diskpart の終了 

MBR を GPT パーティション形式に変換


変換に問題がないか、先に検証しておきます。
mbr2gpt /validate /disk:0 /allowFULLOS と入力し、キーボードの「Enter」を押します。
MBR を GPT パーティション形式に変換の検証
successfully と表示されれば問題がなく変換できます。
successfully 以外の表示なら、既に GPT形式、ディスク本体に問題がある可能性がある、DISKPART を終了していないなどが考えられます。

GPT 形式に変換の実行


mbr2gpt /convert /disk:0 /allowFULLOS と入力し、キーボードの「Enter」を押します。
MBR を GPT パーティション形式に変換を実行する
successfully と表示されれば GPT への変換は終了です。  コマンドプロンプトの終了は、「exit」と入力して「Enter」を押す、または「×(閉じる)」ボタンをクリックします。 
Failed to update ReAgent.xml とエラーの表示
Failed to update ReAgent.xml とメッセージが表示される  WinRE(回復環境)で起動しているので無いとは思いますが、
もし、successfully だけど、Failed to update … とメッセージが表示されたなら、Windows10 の起動後にコマンドプロンプトで、2つのコマンドを実行し WinRE のアップデートを手動で行います。この表示はWinREの更新ができなかったことで、GPTに変換できなかったものではありません。  ■WinREの更新
Windows10 の起動後5分以上経ってから、コマンドプロンプトを起動し、下記の2つのコマンドを入力して実行します。
  • reagentc /disable
  • reagentc /enable
コマンドプロンプトを開く
  • 「Windows」マークをクリックし、表示された「メニュー」をスクロールさせ「W」にある「Windows システム ツール」をクリックして展開し「コマンドプロンプト」を右クリックします。
  • メニューにある「その他」にマウスポインターを合わせ、サブメニューの「管理者として実行」をクリックします。

※ユーザーアカウント制御の画面が表示されたら「はい」をクリックしてください。
コマンドプロンプトを「管理者」で開く  Failed to update ReAgent.xml とメッセージが表示される
コマンドを実行でエラーメッセージが表示されるようなら、しばらく経ってからもう一度実行してみてください。
GPT への変換の確認は、次項の「GPT / MBR」パーティション形式の確認をご覧ください。
BIOS(UEFI)の設定を忘れずに
GPT に変換後、再起動で Windows10 が起動しなくなったら BIOS の設定が原因!  パソコンの BIOS の設定にて、UEFI セキュアブートの設定を確認してください。
もし「レガシー」のみの設定なら、Windows は起動できません。「レガシー」は MBR のみ対応しています。  BIOS の設定はメーカーや機種により異なるので、紹介できませんが、BIOS の設定に「CSM」があれば無効(Disable)にするなどの方法があります。

「GPT / MBR」パーティション形式の確認


パーティション形式が GPT か MBR かは「ディスクの管理」のプロパティで、確認することができます。  スタートボタンを右クリックした、メニューの「ディスクの管理」をクリックします。
ディスクの管理を開く  ディスクの管理画面が表示されたら、通常は「(C:)ディスク 0」ですが、念のため(C:)の内容ボックスに「ブート、…」が表示されているか確認します。
Windows10 のディスクの確認  パーティション が、MBR か GPT かの確認
確認する「SSD/HDD」ディスクを右クリックしたメニューの、「プロパティ」をクリックします。
Windows10 のディスクプロパティを開く  プロパティが表示されたら、「ボリューム」タブをクリックします。
GPTMBR かの確認は、「パーテンションのスタイル」の内容の語尾に、表示されています。
GPT または MBR のパーティション形式の確認
スポンサーリンク

このページのURLをコピーする
Twitteでシェア facebookでシェア はてな ブックマーク LINEでシェア
この記事を書いた人
筆者 監修 Yukiko Mishima
Yukio  PCエンジニアリング
PCサポート歴27年、Windows95 時代にBTOパソコンの受注を開始それに伴いPCサポートを提供、主に現場の経験でコンピューター関連のスキルアップをしてきました。
詳しいプロフィールや運営に関してはこちら
スポンサーリンク
問題や設定など Windows10 の記事一覧は、下記のページでご覧になれます。
Windows10 サポートコンテンツのリスト