PCサポート  

パソブル



Windows 10 の文字やアイコンを大きくして見やすくする

Last update

Windows 10 の画面の文字やアイコンが小さくて見ずらい場合は、文字だけを大きくするなど別々に設定する方法と、画面全体の表示倍率上げて見やすくする方法があります。
これらの設定は再起動しても有効なので、パソコンを起動した時点で常に見やすい状態で利用できるようになります。
このページでは、画面の文字などを大きくして見やすくする方法を紹介しています。
部分的に拡大表示する「拡大鏡」の使い方は、下記のページをご覧ください。
ズーム機能を超簡単に起動「拡大鏡の使い方」


スポンサーリンク


最初に
文字を大きくしたり画面の拡大は「簡単操作」で設定するので、開き方を先に紹介しておきます。
簡単操作を開く
スタートメニューをクリックし、メニューの「設定」をクリックします。
スタートメニューからWindowsの設定を開く
Windows の設定画面の「簡単操作」をクリックして開きます。
Windowsの設定の簡単操作を開く

文字を大きくする


簡単操作から文字を大きくすると、スタートメニューや設定、エクスプローラーやアイコンなどの Windows の操作画面の文字が大きくできます。
※ブラウザでみるウエブサイトや、一部のアプリなどの文字は大きくなりません。
「文字を大きくする」のスライドバーのノブにマウスカーソルを合わせ、左クリックしたまま左右に移動します。
スライドバー上をクリックしてもノブの移動できます。
文字を大きくする操作
マウス移動させるとボックス内の「サンプルテキスト」の文字の大きさが、リアルタイムで変更されるので確認します。
文字の大きさを確認
文字の大きさが決まれば「適用」をクリックして「お待ちください」と表示された後に、文字の大きさが変更されます。
文字の大きさを適用
150%に文字の大きさを変更して比べたイメージ
文字の大きさエクスプローラーの比較
文字の大きさアイコン、スタートメニューの比較
文字大きさを戻すには、スライドバーのノブを左端「100%」に移動して「適用」をクリックしてください。


デスクトップのアイコンを大きくする


アイコンのサイズの変更は、予め決められた「大-中-小」の大きさ、または自由に変更することもできます。
アイコンの大きさを変更する
  • デスクトップのアイコンなど何もないところを右クリックします。
  • メニューの「表示」にマウスカーソルを合わせると、サブメニューが表示されます。
  • アイコンの「大-中-小」をクリックするとサイズが変更できます。
アイコンのサイズをメニューで変更
アイコンのサイズ「大-中-小」の比較イメージ。
アイコンサイズの大中小の比較
アイコンの大きさを自由に変更する
  • デスクトップの何もないところを左クリックします。
  • キーボードの「Ctrl」を押しまま、マウスホイールを上へ回せばアイコンは「大きく」なり、下へ回せば「小さく」なります。
アイコンのサイズをマウスホイールで自由に変更


画面を拡大して文字やアイコン全てを見やすくする


簡単操作の設定画面にある「全て大きくする」の項目で画面を拡大することができます。
「メインディスプレイのアプリとテキストのサイズを変更する」にあるボックスをクリックすると、倍率が表示されます。
※倍率の内容は使用しているディスプレイにより異なります。
簡単操作で画面の拡大
表示倍率を選択すると直ぐに反映されます。
拡大が反映されれば「ぼやけた表示アプリを修正しますか?」表示さます。
ぼやけた修正アプリを修正通知
「適用」をクリックすると、「ディスプレイ設定」が表示されます。
ディスプレイ設定で画面の拡大を行えば、自由に倍率を変更することもできます。
「ぼやけた表示アプリの修正」や「拡大率の変更」などディスプレイ設定の操作は、下記のページで詳しく紹介しています。
Windows10 拡大縮小とレイアウトの設定方法

画面が見づらいときに文字を大きくしたり画面全体を拡大表示するなど、見やすくする方法のまとめを下記のページで紹介しています。

スポンサーリンク

このページのURLをコピーする

その他 Windows 10 の問題や設定はこちらのページをご覧ください。
Windows 10 のサポートコンテンツ