PCサポート  

パソブル



Windows 10 の画面の文字やアイコンが小さくて見ずらい場合は、画面全体の表示倍率上げることで大きさの変更ができます。
これらの設定は再起動しても有効なので、パソコンを起動した時点で常に設定した見やすい状態で、利用できるようになります。

部分的に拡大表示する「拡大鏡」の使い方は、下記のページをご覧ください。
ズーム機能を超簡単に起動,拡大鏡の使い方


スポンサーリンク


ディスプレイの設定を開く


画面の表示倍率は、「Windows の設定」のディスプレイで操作します。

スタートメニューをクリックし、メニューの「設定」をクリックします。
スタートメニューから設定を開く

「Windows の設定」画面の「システム」をクリックします。
Windows の設定から。システムをクリック

「ディスプレイ」と表示されていることを確認します。
表示されていなければ、メニューの「ディスプレイ」をクリックしてください。
Windows の設定のディスプレイ


推薦する表示倍率で変更する


Windows 側が推薦する倍率を選択して変更します。

「テキスト、アプリその他の項目のサイズを変更する」のボックスをクリックすると、倍率が表示されます。この表示は環境により異なります。

表示倍率を選択すると、即座に反映されます。
画面の拡大を、推薦された倍率で変更
推薦の倍率に設定したけど、全体的にぼやけている場合は、
次項の「自分で表示倍率で変更する」ですきな倍率を入力して試してみてください。

文字のサイズはそのままで、デスクトプにあるアイコンは小さくしたい
デスクトップ上で、キーボードの「Ctrl」を押しまま、マウスホイールを回せばアイコンを「拡大 / 縮小」することができます。


自分で表示倍率で変更する


選択ボックスからでは設定できない倍率を、自分で倍率を入力して変更することができますが、一度サインアウトして、再度サインインしなければ有効になりません。

「表示スケールの詳細設定」をクリックします。
表示スケールの詳細設定をクリック

表示スケールの詳細設定の画面の「カスタム スケーリング」にあるボックスに倍率を入力します。
入力するのは数字のみ「100~500」の間で「%」は入力しません。
入力が終了すれば「適用」をクリックします。
拡大倍率を入力して、適用をクリック

「カスタムの拡大/縮小率はサインアウトするまで適用されません。」と表示されます。
すぐに拡大の状態が見たい場合は、「今すぐサインアウトする」をクリックします。
今すぐサインアウトをクリックして拡大の状態を確認する
上記の方法で、自分が気に入るまで繰り返し倍率を変更していきます。

自分で設定した倍率をキャンセルする場合
ディスプレイの設定画面の「カスタムの拡大/縮小の設定を無効にして、サインアウトする」をクリックします。
再度サインインするとキャンセルは完了です。
カスタムの拡大/縮小の設定を無効にして、サインアウトするをクリックして無効にする


一部のアプリの表示がぼやけたときの修正を試す


画面全体を修正するのではなく、ぼやけている一部のアプリの表示の修正を試す。
制度が高いとは思いませんが「オン」にしておきましょう。

「表示スケールの詳細設定」をクリックします。
表示スケールの詳細設定をクリック

「アプリが鮮明に表示されるように Windows により修正を試す」のスイッチボタンをクリックして「オン」にします。
今すぐサインアウトをクリックして拡大の状態を確認する

現在では、高解像度のディスプレイがあたりまえになり、ますます表示が小さくなっています。
拡大表示は鮮明さが落ちますが、見にくい画面をしかめっ面して見るより、疲れないで良いでしょ。


スポンサーリンク
 




その他 Windows 10 の問題や設定はこちらのページをご覧ください。

Windows 10 のサポートコンテンツ