パソブル PCサポート

パソブル PCサポート



Windows10 パソコンの画面が見づらいときの設定方法

Last update

現在パソコンのディスプレイの高解像度化が当たり前になっています。高解像度により表示領域は大きくなりますが、その分マウスポインターや文字などが小さくなり、人によっては画面が見づらいこともあります。とくに老眼ではかなり使いにくい状態でしょう。  ディスプレイの解像度の変更の拡大では、画面の表示が崩れたりぼやけたりします。Windows10 では、画面が見ずらい場合に画面全体を拡大する、文字やマウスポインターを大きくしたり色の変更、カーソルの太さを変更して見やすくすることができます。  このページでは、パソコンの画面が見づらいときの設定を簡単に説明して、詳しい設定方法については別ページで紹介するようにしています。

スポンサーリンク

-広告リンク-

画面全体を拡大表示して見やすくする


解像度を下げて画面を拡大すると、画面がぼやける表示がくずれるといった状態になりますが、Windows10 では画面の解像度を変更せずに「拡大縮小とレイアウト」機能を利用すれば、倍率指定により画面全体を拡大して見やすくすることができます。老眼で見づらい場合はこの方法が推薦です。  拡大表示の倍率は、推薦する表示倍率で簡単に設定することができます。また、自分で表示倍率を設定することもできます。  推薦する表示倍率で設定
画面の拡大を、推薦された倍率で変更  自分で表示倍率を設定
拡大倍率を入力して、適用をクリック
拡大縮小とレイアウトの設定方法は、下記の別ページで詳しく紹介しています。

文字やアイコンを大きくして見やすくする


Windows10 の画面の文字やアイコンが小さくて見づらい場合は、解像度の変更や画面の表示倍率上げずに、文字やアイコンだけを大きくして見やすくすることができます。  文字やアイコンの大きさの設定は再起動しても有効なので、パソコンを起動した時点で常に設定した見やすい状態で、利用できるようになります。  文字の大きさ変更する
文字の大きさを確認  150%に文字の大きさを変更して比べたイメージ
文字の大きさエクスプローラーの比較
文字の大きさアイコン、スタートメニューの比較
文字とアイコンの大きさの変更方法は、下記の別ページで詳しく紹介しています。

マウスポインターやカーソルの色や大きさ変更して見やすくする


Windows10 Ver.1903以降で、マウスポインターの色や大きさとカーソルのサイズを変更する機能が追加され、Ver.2004以降ではポインターとカーソルの設定が分離し、カーソルの色やサイズが変更ができるようなります。  マウスポインターのカスタマイズ マウスポインターの大きさを変更する
マウスポインターのサイズを変更する場所  マウスポインターの色を変更する
マウスポインターの色を変更する  テキストカーソルのカスタマイズ テキストカーソルの色とサイズを変更するVer.2004以降
テキストカーソルの色の変更  テキストカーソルの太さを変更するVer.1903以降
カーソルを見やすくする
マウスポインターの色や大きさ、カーソルの太さの変更方法は、下記の別ページで詳しく紹介しています。
スポンサーリンク
問題や設定など Windows10 の記事一覧は、下記のページでご覧になれます。
Windows10 サポートコンテンツのリスト

このページのURLをコピーする