パソブル PCサポート  
ページトップへ移動

Windows10 自動更新されたドライバをアップデート前に戻す

最新更新日

Windows10 のバージョンアップデートや定例アップデートで、更新できるデバイスのドライバがあれば、ドライバも自動でアップデートされます。アップデート後にネットに接続できない、ディスプレイ表示の異常など、ドライバに問題が発生した場合は、アップデート前のドライバに戻すことができます。  このページでは、アップデートで更新されたドライバを、元に戻す方法を紹介しています。
デバイスドライバの自動更新を止める方法は、下記のページをご覧ください。
Windows10 デバイスドライバの自動更新を無効にする



更新されたドライバをアップデート前に戻す

デバイスドライバをアップデート前に戻すには、更新とセキュリティより操作します。また、この機能はセーフモードでは利用できません。  セーフモードでドライバを操作する場合は、デバイスマネージャーより行います。詳しくは、下記のページを参考にしてださい。
Windows10 デバイスドライバを再インストールする方法 

以前のドライバに戻す方法

「Windows」マークをクリックし、左のアイコンが表示されている場所にマウスポインターを合わせると、メニューが開くので「設定」をクリックします。
スタートメニューから設定を開く  Windows の設定画面の「更新とセキュリティ」をクリックします。
Windowsの設定 更新とセキュリティ  更新とセキュリティが表示されたら、「オプションの更新プログラムを表示」をクリックします。
オプションの更新プログラムを表示をクリック
「オプションの更新プログラムを表示」が表示されていない場合は、以前のドライバに戻す操作ができません。この場合は、デバイスマネージャーより行う必要があります。詳しくは、上述のリンク「デバイスドライバを再インストール」をご覧ください。
オプションの更新プログラムが表示されたら、「ドライバ更新プログラム」をクリックすると、更新された元のドライバの一覧が表示されます。
ドライバ更新プログラムで更新されたドライバ一覧の表示  更新された元のドライバの一覧で、元に戻すドライバをクリックして、チェックマークを入れ選択状態にします。「選択は複数可」
元に戻すドライバをクリックして選択  選択が完了して、「ダウンロードしてインストール」をクリックすると、直ぐにドライバのインストールが始まります
以前のドライバのインストールを実行  「更新プログラムを確認しています…」の表示が「最新の状態です」と変われば、以前のドライバのインストールは完了です。
※ ドライバによっては「今すぐ再起動する」と表示され場合もあるので、クリックして再起動した後に操作は完了します。
アップデート前のドライバに戻す操作の完了
以前のドライバに戻ったかは、「オプションの更新プログラムを表示」の、「ドライバ更新プログラム」の一覧表から、元に戻したドライバの表示が消えているので確認できます。
スポンサーリンク

このページのURLをコピーする
Twitteでシェア facebookでシェア はてな ブックマーク LINEでシェア
この記事を書いた人
筆者 監修 Yukiko Mishima
Yukio  PCエンジニアリング
PCサポート歴26年、Windows95 時代に自作PCの納入を始め、それに伴いパソコンのサポートを提供、主に現場の経験でコンピューター関連のスキルアップをしてきました。
詳しいプロフィールや運営に関してはこちら
問題や設定など Windows10 の記事一覧は、下記のページでご覧になれます。
Windows10 サポートコンテンツのリスト