PCサポート  

パソブル



Windows 10 のディスプレイに関する設定

Last update

Windows10 のディスプレイの設定では、解像度や拡大縮小、ブルーライトを軽減する夜間モード、ディスプレイを複数接続するマルチディスプレイの設定などができます。
ディスプレイを設定する場所は「Windows の設定」にあり、デスクトップからでも簡単に開くことができます。
このページでは、ディスプレイに関するいろいろな設定方法を紹介しています。


スポンサーリンク


ディスプレイ設定の開きかた


デスクトップから開く デスクトップ画面のショートカットアイコンなどがない場所で、右クリックしたメニューの「ディスプレイ設定」をクリックします。
デスクトップからディスプレイ設定を開く
設定から開く スタートメニューをクリックし、メニューの「設定」をクリックします。
スタートメニューからWindowsの設定を開く
Windows の設定画面の「システム」をクリックします。
Windows の設定から。システムをクリック
システムが開いたら、ディスプレイ設定の画面が表示されます。
ディスプレイ設定が表示されない場合は「ディスプレイ」をクリックしてください。
ディスプレイ設定の画面
ディスプレイ設定の画面
明るさと色」の項目は、パソコンやディスプレイなどに、照度センサーが搭載されている場合に表示されます。
照度センサーの「自動輝度調整」機能の設定方法は、下記のページで紹介しています。
Windows10 ディスプレイの明るさの自動調整「自動輝度調整 オン|オフ」


夜間モード(ブルーライトを減らす)


ディスプレイ設定の夜間モード
ディスプレイから強い光(ブルーライト)が多く出ているため、睡眠に支障をきたすことがあります。夜間モードを使用することで、ブルーライトの放出を抑えた状態にすることができます。
夜間モードではブルーライトの強さの調整や、時間により自動でブルーライトカットのオン/オフのスケジュールが設定できます。
ブルーライト対策の設定方法と使い方は、下記のページで紹介しています。
Windows10 のブルーライトをカットする夜間モードの設定


Windows HD Color 設定


Windows HD Color 設定は、ハイダイナミックレンジ (HDR) コンテンツを表示できるデバイス向けに設けられた設定です。
HDR は明るさ暗さ両方においてより鮮明に表示できる技術で、パソコンとディスプレイが対応していれば、ビデオのストリーミングや色設定などができます。
パソコンとディスプレイが HDR に対応しているなら「HDR と WCG」を「オン」にして HDR を有効にします。
HDR に対応していない場合は、これらの設定は表示されません。
Windows HD Color を有効にする
「Windows HD Color 設定」をクリックすると、HD Color の設定が表示されます。
Windows HD Color の設定を開く
HDRに対応していて「Windows HD Color」を有効にするには、「HDR と WCG」のスイッチボタンを「オン」にします。
Windows HD Color の有効


拡大縮小とレイアウト


ディスプレイ設定の拡大縮小とレイアウト
「拡大縮小とレイアウト」は、ディスプレイの解像度を変更せずに拡大をする機能です。
解像度を下げて画面を拡大すると、全体的にぼやけたようになりますが、Windows10 搭載の「拡大縮小とレイアウト」を利用すれば、アプリの表示がぼやけたときの修正機能や倍率指定で、比較的ぼやけず拡大することができます。
拡大による表示のぼやけを修正したり、拡大率を自由に変更する方法は、下記のページで紹介しています。
Windows10 拡大縮小とレイアウトの設定方法「画面の拡大率変更」


画面の解像度


画面の解像度は、通常ディスプレイの推薦解像度で自動的に設定されいます。 解像度を変更したい場合は「解像度ボックス」から選択して、設定することができます。
「解像度」の選択ボックスをクリックすると、変更可能な解像度が表示されるのでクリックすると、直ぐに変更された状態の表示になり、変更の確認が表示されます。
※表示される解像度は設定可能なサイズのみで、ディスプレイにより異なります。
画面の解像度の設定
  • 「ディスプレイの設定を維持しますか?」と確認が表示されます。
  • 「変更の維持」をクリックすれば変更された解像度で設定されます。
  • 「元に戻す」をクリックすれば解像度を変更せずに終了します。
  • 何もクリックしなければ元に戻ります。
画面の解像度の変更の確認

表示される解像度がおかしい
解像度のボックスに表示される内容に問題があるなら、グラフィックボードのドライバに不具合が発生している可能性があります。
ドライバの不具合で解像度がおかしくなった場合は調整が効かず、画面が拡大された状態になります。
物理的な故障でない場合、グラフィックボードのドライバを再インストールすることで改善する場合があります。
Windows10 デバイスドライバを再インストールする方法


画面の向き


ディスプレイやグラフィックボードが対応している場合、画面の向きを変更することができます。
「向き」のボックスをクリックすると、変更できる内容が表示されます。
設定する画面の向きをクリックすると、直ぐに変更された状態の表示になり、変更の確認が表示されます。
画面の向きを変更
  • 「ディスプレイの設定を維持しますか?」と確認が表示されます。
  • 「変更の維持」をクリックすれば変更された解像度で設定されます。
  • 「元に戻す」をクリックすれば解像度を変更せずに終了します。
  • 何もクリックしなければ元に戻ります。
画面の向き変更の確認

画面の向き「参考画像」
画面の向き


複数のディスプレイ


複数のディスプレイ
複数ディスプレイを接続して画面を拡張して作業領域を増やしたり、同じ画面を増設したディスプレイに表示したりすることができます。
設定できる複数ディスプレイの数は、パソコンやグラフィックボードに搭載されている、接続端子の数だけ使用できます。
デュアルディスプレイ
複数ディスプレイの接続、設定方法は下記のページで詳しく紹介しています。
Windows10 の複数ディスプレイの設定方法と使い方


その他ディスプレイに関する設定


ディスプレイの詳細設定

「ディスプレイの詳細設定」をクリックすると、ディスプレイの設定内容が表示されます。
ディスプレイの詳細設定

グラフィックの設定

グラフィックの設定では、特定のアプリを選択してグラフィックのパフォーマンスを設定をします。
  • クラシックアプリとは、追加でインストールしたアプリ。
  • ユニバーサルアプリとは、Windows10 に最初から入っている規定値のアプリ。

クラシックアプリを設定
クラシックアプリを設定するには「参照」をクリックしてアプリを選択します。
クラシックアプリのグラフィックの設定
選択が完了するとアプリの内容が表示されるので「オプション」をクリックします。
グラフィックのオプション設定
オプションの内容を選択して「保存」をクリックします。
グラフィックのオプション設定の保存
ユニバーサルアプリを設定
ユニバーサルアプリを設定するには「アプリを選ぶ」をクリックしてアプリを選択して、「追加」をクリックします。
上述のクラシックアプリ同様に「オプション」の設定をします。
ユニバーサルアプリのグラフィックの設定
上記の方法で、クラシックまたはユニバーサルアプリとも設定をするアプリを追加していくことができます。
「削除」クリックすると、グラフィックの設定から削除することができます。
アプリによる設定
ディスプレイの設定は他にも、搭載しているグラフィックボードが設定アプリを提供している場合、色や明るさなど、より詳細に設定をすることもできます。
下記の画面図は、インテル HD グラフィックボードの設定アプリです。
グラフィックボードの専用設定アプリ

アプリの場所が見つからない
  • 上述の「ディスプレイの詳細設定」で「…アダプターのプロパティを表示します」をクリックします。
  • 設定アプリがインストールされていれば、プロパティ画面のグラフィックボードの名前のタブがあるのでクリックして開きます。
グラフィックボードの専用設定アプリの場所


スポンサーリンク

このページのURLをコピーする

その他 Windows 10 の問題や設定はこちらのページをご覧ください。
Windows 10 のサポートコンテンツ