PCサポート  

パソブル



Windows 10 時刻の同期ができないときの確認と対処方法

Last update

日付と時刻の自動設定を「オン」にしても時刻の同期ができない!

最初に時刻の自動設定を再度確認し、設定は問題ないけど同期ができない場合は、NTP(時刻配信)サーバーの設定に問題があるか、レジストリやサービスに設定が反映されていない可能性があります。
この場合、NTP サーバー 同期関連のレジストリやサービスなどを確認し、手動で編集設定することで改善できる場合があります。

このページでは、時刻の同期ができないときの確認と対処法を紹介しています。
時刻の同期を無効にできない場合の解決方法は、下記のページをご覧ください。
Windows10 時刻の同期が停止できないときの対処法


スポンサーリンク



時刻の同期の基本的な設定を確認


時刻の同期は、 Windows の設定の「時刻と言語」から操作します。

スタートメニューをクリックし、メニューの「設定」をクリックします。
スタートメニューから設定を開く

「Windows の設定」画面の「時刻と言語」をクリックします。
Windows の設定から時刻と言語を開く

「時刻を自動的に設定する」のスイッチボタンが「オン」になっているか確認します。
  • すでに「オン」になっていれば、スイッチボタンをクリックし「オフ」にして、再度「オン」に戻し同期できているか確認します。
  • 「オフ」の状態なら、「オン」にして同期できているか確認します。
時刻の同期の有効
まだ、時刻の同期ができない場合は事項の NTP サーバーの確認へ進んでください。


NTP(時刻配信)サーバーの確認


NTP(時刻配信)サーバーの設定は、コントロールパネルから操作します。

「Windows」マークをクリックし「メニュー」をスクロールさせ「W」にある「Windows システム ツール」をクリックして展開し「コントロールパネル」をクリックします。
Windows10 スタートメニュー コントロールパネル

コントロールパネルの「時計と地域」をクリックします。
コントロールパネルの時計と地域を開く

「時計と地域」が表示されたら「日付と時刻の設定」をクリックします。
コントロールパネルの日付と時刻を開く

「時計と地域」が表示されたら「インターネット時刻」のタブをクリックし、画面にある表示の状態を確認します。
コントロールパネルのインターネット時刻を開く

「自動的に同期するように設定されています」と表示
「インターネット時刻」の画面に、時刻の同期状態の情報が表示されている場合は、正常に同期しています。
同期しているけど時間のずれがある場合は、「時計と地域」にある「タイムゾーン(国や地域)」の設定を見直してください。
コントロールパネルのインターネット時刻を確認

「自動的に同期するように設定されていません」と表示
「インターネット時刻サーバーと自動的に同期するように設定されていません。」と表示されている。
「設定の変更」をクリックします。
コントロールパネルのインターネット時刻で同期しいない
  • 「インターネット時刻サーバーと同期する」のボックスをクリックして、チェックマークを入れます。
  • サーバーのボックスに Windows10 標準の「time.windows.com」になっていることを確認し、「今すぐ更新」をクリックします。
  • 「時計は正常に ○○○○〇 に同期しました。」と表示されることを確認。
  • 「OK」をクリックすれば、時刻の同期が適用され画面が閉じます。
コントロールパネルのインターネット時刻で同期させる
日付と時刻の画面に「自動的に同期するように設定されています。」と表示されていれば、時刻の同期設定は完了です。
コントロールパネルのインターネット時刻で同期完了

「同期中にエラーが発生しました。」と表示
NTP サーバーの設定に問題があります。サーバーを変更して正常に同期できるようにします。
「設定の変更」をクリックします。
コントロールパネルの時刻の同期が失敗

  • サーバーのボックスに Windows10 標準の「time.windows.com」と入力して、「今すぐ更新」をクリックします。
  • 「時計は正常に ○○○○〇 に同期しました。」と表示されることを確認。
  • 「OK」をクリックすれば、時刻の同期が適用され画面が閉じます。
コントロールパネルの時刻の同期サーバーの変更
日付と時刻の画面に「自動的に同期するように設定されています。」と表示されていれば、時刻の同期設定は完了です。
コントロールパネルのインターネット時刻で同期完了

NTP サーバーの設定は正常だけど同期ができない場合は、事項へ進んでください。


時刻の同期のレジストリを確認


レジストリエディターを開く
  • 「Windows」マークを右クリックするとメニュが表示されるので「ファイル名を指定して実行」をクリックすると、「ファイル名を指定して実行」が開きます。
  • テキストボックスに「regedit」と入力し「OK」をクリックします。
  • ユーザーアカウント制御の警告が表示されたら「はい」をクリックしてください。
  • ユーザーアカウント制御の設定を「通知しない」に設定されている場合は、表示されません。(参考:UAC無効にする)
Windows10 レジストリエディタを開く


キー名の「〉」アイコンをクリックして展開していきます。
  • 〉HKEY_LOCAL_MACHINE
  • 〉SYSTEM
  • 〉CurrentControlSet
  • 〉Services
  • 〉W32Time
と、順に展開して「Parameters」をクリックします。
レジストリのParametersを開く

値のデータを確認
「Type」を右クリックしたメニューの「修正」をクリックします。
レジストリで時刻の同期の値のデーターを開く

「値のデータ」が「NTP」になっているか確認します。
値のデータが「NTP」ならレジストリの確認は終了です。「NTP」でないなら変更します。(次へ)
レジストリで時刻の同期の値のデーターを確認

値のデータの変更
値のデータに NTP と入力し「OK」をクリックします。
レジストリで時刻の同期を有効
レジストリの編集を誤ると Windows が正常に動作しないことががあります。
編集前にバックアップを作成してから、レジストリの操作を行ってださい。
windows10 レジストリ キーのバックアップと復元

次に、事項のサービスの状態の確認を行います。


時刻の同期のサービスを確認


タスクバー内で、アイコンなど何も無い場所で右クリックしますと、メニューが現れますので「タスクマネージャー」をクリックします。
タスクマネージャー 表示

「タスク マネジャー」が開きますので、タブの「サービス」をクリックします。
次に、サービスの画面にある「サービス管理ツールを開く」をクリックします。
タスクマネージャー サービス

「Windwos Time」を右クリックし、表示されたメニューの「プロパティ」をクリックします。
時刻の同期のサービスを右クリック

サービスの確認
「スタートアップの種類」の選択ボックスが「自動」になっている。「サービスの状態」が「実行」になっていることを確認します。
「自動」以外に設定されているなら、スタートアップの種類を変更します。(次へ)
時刻の同期のサービスの確認

スタートアップの種類の変更
「スタートアップの種類」のボックスをクリックして「自動」選択し、「OK」をクリックします。
時刻の同期のスタートアップの種類を自動
これで、時刻の同期ができないときの確認と対処方法は終わりです。
レジストリまたはサービスを編集設定した場合、パソコンを再起動して時刻の同期ができているか確認します。


スポンサーリンク

このページのURLをコピーする

その他 Windows 10 の問題や設定はこちらのページをご覧ください。
Windows 10 のサポートコンテンツ