PCサポート  

パソブル



Windows 10 「このPCを初期状態に戻す」で初期化が失敗する場合

Last update

初期化失敗画面
Windows 10 の「このPCを初期状態に戻す」搭載機能で初期化を実行しても完了しない場合があります。
失敗する原因は様々ですが、よく経験するのがセキュリティソフトや空き容量の不足の問題などがあります。
また、初期化は「このPCを初期状態に戻す」以外にもできますので、別の方法で初期化するのも良いでしょう。
初期化が失敗して起動しない場合は、下記のページを参考にしてください。
Windows10 が起動しないときの復旧方法
このページでは、初期化が失敗するよくある原因と、対処方法を説明しています。


スポンサーリンク



周辺機器が原因で初期化が失敗する


初期化の操作に必要のない周辺機器の接続があれば、それらを取り外すことで初期化が成功する場合があります。
プリンターなどの周辺機器の接続していると、初期化の実行段階でデバイスドライバーに関連する問題がおこり、初期化が失敗することがあります。
初期化の操作はマウスとキーボードの接続があればできますので、それ以外の周辺機器の接続を取り外して、「PCを初期状態に戻す」を実行する。


セキュリティソフトが原因で初期化が失敗する


初期化の前に、セキュリティソフトをアンインストールすることで初期化が成功する場合があります。
セキュリティソフトは、Windows の起動時に操作を開始しますので、初期化の作業に影響しやすくなります。
場合よってはセキュリティソフトが原因で初期化に失敗して、再起動を繰り返し最悪 Windows が起動しなくなることもあります。
何れにしろ「PCを初期状態に戻す」が完了すれば、セキュリティソフトも削除されますので、予めアンインストールした方が良いでしょう。
Windows10 ソフトをアンインストールする方法
Windows10 が起動しないのでアンインストールできない場合、インストールメディアがない回復ドライブの作成もしていないときは、自動修復機能からセーフモードで起動させてアンインストールすることができます。
Windows10 を起動しない状態からセーフモードで立ち上げる方法

空き容量が不足して初期化が失敗する


空き容量を増やして、再度「PCを初期状態に戻す」を実行すると、初期化が成功する場合があります。
「PCを初期状態に戻す」は問題なく実行できるけど、初期化中に失敗して完了しないときは、ドライブの空き容量が不足していることも考えられます。
保存した不要なファイルやアプリなどを削除し、空き容量を確保して初期化を実行する。
Windows10 には不要なファイルを削除する機能が搭載されているので、自分で作成したファイ以外の不要なファイルを自動で削除して、空き容量を増やすこともできます。
Windows10 の不要なファイルを削除する方法


データーが破損していて初期化が失敗する


初期化データーが破損していて失敗する場合、回復ドライブで初期化すると成功することがあります。
パソコンのドライブディスクにある初期化の実行データーが破損していると、初期化は失敗します。
パソコンにある実行データーを使わずに、別ドライブに作成した「回復ドライブ」を使用することで初期化が完了する場合があります。
回復ドライブで初期化する方法は、パソコンを「回復ドライブ」で起動させ「トラブルシューティング」から「このPCを初期状態に戻す」でクリックして実行します。詳しくは、下記のページをご覧ください。
Windows10 の回復ドライブの作成方法と使い方


別の方法で初期化する


初期状態に戻す機能で初期化ができない、回復ドライブも作成していない場合は、別の方法で初期化することができます。
別の方法で初期化するには、Windows10 の搭載機能の「新たに開始」、インストールメディアを使用した「上書きインストール」または「クリーンインストール」があります。
回復ドライブは使用しているパソコンで作成しなければなりませんが、インストールメディアは別のパソコンで作成しても利用できます。
Windows10 PCが1台しかなくても、Windows10 のダウンロードページから Windows7や8、Mac からでもインストールメディアを作成することができます。
「このPCを初期状態に戻す」以外で Windows10 を初期化する方法は、下記のページで詳しく説明しています。
Windows10 を初期化する4つの方法


スポンサーリンク

このページのURLをコピーする

その他 Windows 10 の問題や設定はこちらのページをご覧ください。
Windows 10 のサポートコンテンツ