自動起動するソフトを止めたい(スタートアップ設定編)の説明を印刷する


Windows10の起動が遅い、動作が重いなど、自動起動(スタートアップ)のソフトを止める事で改善される場合もあります。
ここでは「スタートアップ」に登録されているソフトの自動起動ソフトの有効/無効にする方法を紹介します。
自動起動を止めたいソフトが、スタートアップに登録されていない時は、レジストリの設定で止めることができる場合もあります。
参考:自動起動するソフトを止めたい (レジストリ設定編)

1.タスクバーのアイコンが無い場所で右クリックしますと、メニューが現れますので「タスクマネージャー」をクリックします。
タスクマネージャー 表示

2.「タスク マネジャー」ウインドが開きますので、タブメニューの「スタートアップ」をクリックします。
目的のソフトをクリックして選択し「無効にする」をクリックします。
無効から「有効」に戻す場合は、無効になっている目的のソフトをクリックして「有効にする」をクリックします。
タスクマネージャー スタートアップ

参考:
動作が重い時は別途「パフォーマンスオプション」の視覚効果の設定でも改善される場合もあります。