パソブル PCサポート

パソブル PCサポート



Windows10 Ver.2004 のダウンロードと手動アップデート

Last update

Windows10 Ver.2004 の一般公開の予定は4月の予定ですが、米国など一部地域で外出禁止令が実施されマイクロソフトのメッセージセンター(英文)では、セキュリティに関する更新を除くオプション更新プログラムの提供を、5月から一時的に停止すると発表しています。この影響で2004の提供が遅れることも考えられるます。

一般提供前に2004にアップデートする方法の問い合わせがいくつかあったので、公開前の2004のダウンロードと手動アップデートを紹介します。一般公開されたら、このページの内容は更新します。
2020年4月10日 12時現在 Ver.2004 は、まだ一般公開されていません。

未公開の最新バージョンは Insider Preview(Microsoft 製品の公開前の開発バージョンを使用できるサービス)を利用することで、Ver.2004 のダウンロードと手動アップデートができます。また、Insider Preview でバージョンアップデートした Windows10 だからと言って特別扱にはならず、引き続き普通に利用することができます。

Insider Preview を利用するには、Windows10 で利用してマイクロソフトアカウントや、マイクロソフト社が提供しているメールなどのサービスを利用しているアカウントがあれば、誰でも簡単に利用することができます。
一般公開されている最新バージョンのアップデートは、下記のページをご覧ください。
Windows10 Ver.1909 のダウンロードと手動アップデート



Windows10 2004 アップデートの概要

Ver.2004 の主な機能や変更点
  • クラウド経由で初期化
    このPCを初期状態に戻す「初期化」は、使用中のWindowsのファイルを使用していたので、初期化が失敗することもありました。

    2004からは「クラウド」機能が追加され、初期化の実行時にクラウド選択すると、新しい問題のない状態のWindows10 のイメージをダウンロードして初期化することができ、失敗の確率も少なくなると思われます。

  • セーフモードのサインインに「PIN」が利用可能
    Ver.2004 からは、セーフモードで起動した場合でも、マイクロソフトアカウントで「PIN」を設定している場合、以前はパスワードの入力が必須でしたが「PIN」が利用可能になる。セーフモードの起動時にネットワークに接続できてなくても、マイクロソフトアカウントでサインインできることになります。

  • 仮想デスクトップの名前変更
    仮想デスクトップの名前は「デスクトップ 1」「デスクトップ 2」と名前が決められていましたが、2004から名前の変更が可能になります。

  • カレンダー アプリの改良
    月単位で予定の一覧が表示がされるようになり、その日の予定が分かりやすくなりました。またテーマ―が30種類以上から選択することができるようになるなど、他にも使いやすさの改良がされています。

  • テキスト カーソルを見やすく
    テキスト中にあるマウスカーソルが見すけづらいようなら、2004ではカーソルのサイズと色の変更ができるよになります。

  • 新しい DirectX 12 機能
    新しい DirectX 12 機能をプレビューすることができ、Windows 10 のゲーム エクスペリエンスが向上する。

  • 開発者向けのWSL 2の強化
    WSL 2(仮想マシン)のメモリは、利用用途により増加され、メモリが不要になったときに解放されることがありませんでした。2004のWSL 2では「Linux 仮想マシン」でメモリの使用状況が改善される。
    また、ファイルエクスプローラーから Linux のルートディレクトリーに、直接アクセスできるようになる。
Ver.2004 は、上記以外にも多くの新機能や変更が加えられています。
Ver.2004 は一般公開前なのでマイクロソフトアカウントが必要
Insider Program に登録することで、一般公開されていない開発中の最新バージョンを受け取り利用することができます。また、Insider Program の参加登録は簡単に解除することもできます。
このサービスを利用するには、Windows10 のマイクロソフトアカウントや、マイクロソフト社が提供しているメールなどのサービスを利用しているアカウントが必要になります。
アップデートの前には周辺機器を外す
周辺機器の接続によりアップデートのができないこともあります。 バージョンアップデートをする前に、念のため操作に必要のないUSB接続などの周辺機器を外してから、アップデートを実行することを推奨します。

Windows10 2004 の手動アップデート

ここでは、簡単な説明しかしていませんが、Insider Program で公開前の最新バージョンに手動アップデートする方法は、下記の別ページで詳しく紹介しています。
Windows10 Insider Program で最新バージョンにアップデートする方法

Windows10 がインストールされているパソコンから、Ver.2004 に手動でアップデートする方法は、更新とセキュリティの「Windows Insider Program」から行います。
Microsoft のアカウントが無くても、「開始する」をクリックした後に作成することもできます。
Insider Program を開始する

Insider Program の参加登録が完了したら、「更新とセキュリティ」より「更新プログラムのチェック」をクリックし他のアップデートが必要なければ、Windows10 Insider Program … と表示され、Ver.2004 にアップデートすることができます。
大型アップデートのダウンロード

Windows10 2004 のISOファイルをダウンロード


公開前の Windows10 2004 のISOファイルのダウンロードは、Insider Program の公式ページからダウンロードすることができます。

ダウンロードした2004のISOファイルから2004にアップデートすることもでき、Windows10 2004 のインストールメディアを作成することも可能です。 Insider Program の公式ダウンロードページは英語版で、日本語版は用意されていません。

下記URLの「Windows Insider Preview Downloads」公式ダウンロードページにアクセスします。
https://www.microsoft.com/en-us/software-download/windowsinsiderpreviewadvanced

マイクロソフト関連のWebサービスにサインインしていない場合、ユーザーアイコンをクリックしてサインインします。

2004 ダウンロードページ
  • サインインが完了すると、ページの内容が更新されるので、ページをスクロールして「Select edition」の項目に移動します。
  • 「Select edition」ボックスをクリックし、最上部にある「Windows10 Insider Preview(SLOW)-Build …」をクリックします。
「SLOW」の他にも「FAST」がありますが、違いを簡単に言うと「FAST」は開発者向けで、新機能や強化された機能を先行して使用でき、「SLOW」は一般向けで安定性を重視しているので(SLOW)が推奨です。好みに合わせて選択してください。
ダウンロードの設定セレクトエディション

エディションの選択が終了したら「Confirm」をクリックします。
ダウンロードの設定セレクトエディションの完了

エディションの「Confirm」をクリックするとメッセージが表示されるのでそのまま待つと「Select the product language」の項目が表示されます。
言語の選択ボックス「Choose one」をクリックして言語を選択します。日本語は「Japanese」を選択します。
ダウンロードの設定、言語の選択

言語の選択が終われば、言語ボックス下の「Confirm」をクリックします。メッセージが表示され暫く待つとダウンロード画面が表示されます。
ダウンロードの設定、言語の選択の完了

「64-bit Download」と「32-bit Download」のボタンが表示されるので、クリックすると Windows10 2004 をダウンロードすることがきます。
「Pro版」「Home版」の種別はありません。ISOファイルには両方のエディションが入っています。クリーンインストールではエディションを選択することができます。
Windows10 2004 のダウンロードのダウンロード

Windows10 2004 のインストールメディアの作成


ダウンロードした Ver.2004のISOファイルから、DVDまたはUSBのインストールメディアを作成することができます。

USBメモリでインストールメディアを作成するのは、多く利用されている有名な「ルーファス(Rufus)」というアプリで可能です。操作も簡単で直感的にインストールメディアを作成することができます。
Windows10 2004 のUSBインストールメディアの作成

DVD RWプレイヤーが搭載されている、または外付けDVDプレイヤーがあるなら、Windows10 の標準機能で ISOファイルでインストールディスクを作成することができます。
Windows10 2004 のDVDインストールディスクの作成
Windows10 のISOファイルからインストールメディアを作成する詳細な方法は、下記の別ページで紹介しています。
Windows10 のISOファイルからインストールメディアを作成する方法

Windows10 2004 のISOファイルからアップデート


ISOファイル、またはインストールメディアからアップデートするには、Windows10 が起動した状態でインストールします。

  • ツールの利用でアップデートができる場合は、通常の方法で手動アップデートすることをお勧めします。
  • ISOファイルからアップデートする場合、ISOファイルを開き「Setup」を実行します。
  • インストールメディアからアップデートする場合、インストールメディアの実行、または中身を開いて「Setup」を実行します。
  • インストールメディア、またはISOファイルから大型アップデートをインストールする方法は、下記のページで紹介しています。
    Windwos10 大型アップデートを「ISOファイル」から実行する方法
大型アップデートのISOファイル
スポンサーリンク
問題や設定など Windows10 の記事一覧は、下記のページでご覧になれます。
Windows10 サポートコンテンツのリスト

このページのURLをコピーする