パソブル PCサポート  
ページトップへ移動

Windows10 21H1 May 2021 update ダウンロードと手動アップデート

Last update

Windows10 の次期大型アップデートのバージョン「21H1」の名前が、Windows Blogs (英文)より 日本時間2021年4月29日に May 2021 Update と発表され、最終的になる可能性があるビルドがリリースされたと報告しています。また、アップデート名にもあるよう2021年5月に一般提供される予定です。
2021年5月8日 12時現在 Ver.21H1 は、まだ一般公開されていません。  このページでは、一般提供に先駆けて公開前の「21H1」のダウンロードと、手動アップデートの方法を紹介します。一般公開が開始されたら、公開用の内容に更新します。
現在、一般公開している最新バージョンアップデートは、下記のページをご覧ください。
Windows10 20H2 May 2021 Update 手動アップデートとダウンロード

スポンサーリンク

Windows10 May 2021 Update 21H1 アップデートの概要


バージョンアップデートは前期(春)、後期(秋)と年に2回提供され、通常なら前期は大幅に変更されたメジャーアップデートになるのですが、未だリモートワークが多く継続される自粛ムードの中、大規模な更新で生産性を阻害しないよう配慮がされ、前期のバージョンアップデートは機能の改善や、安定性のなどをメインとした、簡単な機能更新アップデートになっています。  このようなことから、Ver.20H2 からアップデートする場合は、小さな機能更新プログラムのインストールになるので、問題が無ければ短時間で完了します。  Ver.21H1 の新機能
Ver.21H1 の新機能として目立つのは、オーディオ関連の Bluetooth の安定や操作性、機能が強化され ACCコーデックの追加により、AirPodsヘッドセットが Windows10 で利用できるようになる。他にも、タスクマネージャーから操作する「エコモード(実験段階)」や「タッチキーボード」の改善などの予定があります。  公開前の最新バージョンの利用について
一般提供前の最新バージョンは Insider Preview(Microsoft 製品の公開前の開発バージョンを使用できるサービス)を利用することで、Ver.21H1 のダウンロードと手動アップデートができます。また、Insider Preview でバージョンアップデートした Windows10 だからと言って特別扱にはならず、引き続き普通に利用することができます。  Insider Preview を利用するには、Windows10 で利用しているマイクロソフトアカウントや、マイクロソフト社が提供しているメールなどのサービスを使用しているアカウントがあれば、誰でも簡単に参加することができます。また、Windows10 にマイクロソフトアカウントのユーザーがなくても、ローカルアカウントから Insider Preview を利用することができます。
アップデートの前には周辺機器を外す
周辺機器の接続によりアップデートのができないこともあります。 バージョンアップデートをする前に、念のため操作に必要のないUSB接続などの周辺機器を外してから、アップデートを実行することを推奨します。
21H1にアップデートしたら不具合が発生
バージョンアップデート後に不具合が発生するようなら、元のバージョンに戻すことも可能です。
Ver.20H2 から 、更新とセキュリティでアップデートした場合は、更新プログラムの削除で戻します。「バージョンを戻す」機能は利用できません。
下記のページを参考にして「feature update to windows 10 version 21H1…… 」という名前の更新プログラムをアンインストールすれば、バージョンを戻すことができます。
Ver.2004以前、またはVer.20H2 をアップデートツール、またはISOファイルからアップデートした場合は、バージョンを戻す機能が利用できます。

Windows10 21H1 の手動アップデート

ここでは、簡単な説明しかしていませんが、Insider Program で公開前の最新バージョンに手動アップデートする方法は、下記の別ページで詳しく紹介しています。
Windows10 Insider Program で最新バージョンにアップデートする方法

Windows10 がインストールされているパソコンから、Ver.21H1 に手動でアップデートする方法は、更新とセキュリティの「Windows Insider Program」から行います。
ローカルアカウントで使用していて、Microsoft のアカウントが無くても、「開始する」をクリックした後に、アカウントを作成することもできます。
Insider Program を開始する  Insider Program の参加登録が完了したら、「更新とセキュリティ」より「更新プログラムのチェック」をクリックし他のアップデートが必要なければ、Ver.21H1 にアップデートすることができます。
21H1のアップデートのダウンロードとインストール

Windows10 May 2021 Update のISOファイルをダウンロード


公開前の Windows10 May 2021 Update のISOファイルのダウンロードは、Insider Program の公式ページからダウンロードすることができます。  ダウンロードした21H1のISOファイルから21H1にアップデートすることもでき、Windows10 21H1 のインストールメディアを作成することも可能です。 Insider Program の公式ダウンロードページは英語版で、日本語版は用意されていません。
下記URLの「Windows Insider Preview Downloads」公式ダウンロードページにアクセスします。
https://www.microsoft.com/en-us/software-download/windowsinsiderpreviewadvanced  マイクロソフト関連のWebサービスにサインインしていない場合、ユーザーアイコンをクリックしてサインインします。  21H1 ダウンロードページ
  • サインインが完了すると、ページの内容が更新されるので、ページをスクロールして「Select edition」の項目に移動します。
  • 「Select edition」ボックスをクリックし、最上部にある「Windows10 Insider Preview(Beta Channel)-Build …」をクリックします。
ダウンロードの設定セレクトエディション
  • Dev」は、は開発者向けで、新機能や強化された機能を先行して使用できます。
  • Beta(ベータ)」は、ほぼ確定されたアップデートの機能の提供で、一般向けで安定性を重視しています。
  • Release Preview」は、まだ提供するかどうか確定していない、現在進行中のアップデートの機能も利用できます。

エディションの選択が終了したら「Confirm」をクリックします。
ダウンロードの設定セレクトエディションの完了  エディションの「Confirm」をクリックするとメッセージが表示されるのでそのまま待つと「Select the product language」の項目が表示されます。
言語の選択ボックス「Choose one」をクリックして言語を選択します。日本語は「Japanese」を選択します。
ダウンロードの設定、言語の選択  言語の選択が終われば、言語ボックス下の「Confirm」をクリックします。メッセージが表示され暫く待つとダウンロード画面が表示されます。
ダウンロードの設定、言語の選択の完了  「64-bit Download」と「32-bit Download」のボタンが表示されるので、クリックすると Windows10 21H1 をダウンロードすることがきます。
「Pro版」「Home版」の種別はありません。ISOファイルには両方のエディションが入っています。クリーンインストールではエディションを選択することができます。
Windows10 21H1 のダウンロードのダウンロード

Windows10 May 2021 Update のインストールメディアの作成


ダウンロードした Ver.21H1のISOファイルから、DVDまたはUSBのインストールメディアを作成することができます。  USBメモリでインストールメディアを作成するのは、多く利用されている有名な「ルーファス(Rufus)」というアプリで可能です。操作も簡単で直感的にインストールメディアを作成することができます。
Windows10 21H1 のUSBインストールメディアの作成  DVD RWプレイヤーが搭載されている、または外付けDVDプレイヤーがあるなら、Windows10 の標準機能で ISOファイルでインストールディスクを作成することができます。
Windows10 21H1 のDVDインストールディスクの作成
Windows10 のISOファイルからインストールメディアを作成する詳細な方法は、下記の別ページで紹介しています。
Windows10 のISOファイルからインストールメディアを作成する方法

Windows10 21H1 のISOファイルからアップデート


ISOファイル、またはインストールメディアからアップデートするには、Windows10 が起動した状態でインストールします。 
  • ツールの利用でアップデートができる場合は、通常の方法で手動アップデートすることをお勧めします。
  • ISOファイルからアップデートする場合、ISOファイルを開き「Setup」を実行します。
  • インストールメディアからアップデートする場合、インストールメディアの実行、または中身を開いて「Setup」を実行します。
  • インストールメディア、またはISOファイルから大型アップデートをインストールする方法は、下記のページで紹介しています。
    Windwos10 大型アップデートを「ISOファイル」から実行する方法
大型アップデートのISOファイル
スポンサーリンク

このページのURLをコピーする
Twitteでシェア facebookでシェア はてな ブックマーク LINEでシェア
問題や設定など Windows10 の記事一覧は、下記のページでご覧になれます。
Windows10 サポートコンテンツのリスト